So-net無料ブログ作成

ポーが書評した本 (5) 『馬を探す紳士の冒険』 (1835; 1836) Books Reviewed by Poe (5): _Adventures of a Gentleman in Search of a Horse_ by Caveat Emptor, Gent. [ポーの書評 Poe's Book Reviews]

ポーは文学書だけじゃなくていろんな本の書評を書きました。

 ADVENTURES IN SEARCH OF A HORSE.
The Adventures of a Gentleman in Search of a Horse.  By Caveat Emptor, Gent. One, Etc.  Philadelphia: Republished by Cary, Lea and Blanchard[, 1836].

キャヴィート・エンプター著 『馬を探す紳士の冒険』  フィラデルフィア:ケアリー・リー・アンド・ブランシャード再刊, 1836. 288pp.

adventuresagent04stepgoog_0011.jpg

E-text @Internet Archive: The Library of Congress; Google <http://www.archive.org/stream/adventuresagent04stepgoog#page/n9/mode/2up>

  ポーは、この本は実用的なところはもちろんだけれど、文学的に特異  (remarkable as being an anomaly in the literary way) と書き、はじめの180ページはタイトルが示すように一頭の馬を探す紳士の冒険を語り、残りの100ページは英国における馬の取引きの法律を語る、と説明しています。

SLM(August,1836).JPGSLM(August,1836)593r.JPG

  調べてみると原著は、ロンドンで前年の1835年に出版されています。――

TheAdventuresofaGentlemaninSearchofaHorse(London1835).JPG

London: Longman, Rees, Orme, Brown, Green, & Longman, and Samuel Bagster, 1835.  xi, 336pp.

E-text @Internet Archive: Oxford University; Google <http://www.archive.org/stream/adventuresagent00stegoog#page/n6/mode/2up>

  これでわかるのは、第一に、初版のイギリス版をポーは参照しないで、ページ数をあくまでアメリカ版で了解していること、第二に、翻訳じゃないし、かつ海賊版が横行していた時代だったから、容易だったとはいえ、1年後にはアメリカ版が出版され、その書評が書かれていること、です。

  ポーが目利きだったという話ではなくて、イギリスで出た本がよく読まれる/読まれそうだと、アメリカでも出版された、という話です。

  この本はイギリスでは1837年には4版まで重ねています。――

adventuresofgent1837step_0007.jpg

London: Saunders and Otley, 1837.  xxxv, 392pp.

E-text @Internet Archive: Oxford University; Google <http://www.archive.org/stream/adventuresofgent1837step#page/n5/mode/2up>

  初版の出版社とは異なります。版権(著作権)はどうなっていたのやら。

    冒頭に、文学書以外にも、と書きましたけれど、ポーのまなざしは、第一部の物語(と呼べないのならニュージャーナリズム的ルポルタージュかしら)と、それを含めての作品構成にあるようです。

  ポー百科事典は、「『サザン・リテラリー・メッセンジャー』の1836年8月号掲載の、馬売買についての本の書評。「すべての素人愛好者はキャヴィート・エンプターの本をすべからくよく見るべし、そく見るべし」と薦めている。」と記すのみ。Sova というひとの同種の本 (Critical Companion to Edgar Allan Poe: A Literary Reference to His Life and Work) は、ポー百科を冒頭でなぞってから、"Caveat Emptor" の名前がラテン語で、英語に直すと "let the buyer beware" (買い主に注意させよ)の意味であり、本書が馬購入における法律的側面の案内書であることを説明しています。あとは上に書いたような構成と、ポーが「すべてのアマチュア all amateurs」に本書を推薦していることが述べられています。

  ポーが何をおもしろがっているのか、おもしろがって薦めているのか、ちょっとストレートじゃないのかもしれない。まー、作品をひまなときに読んでみないとわかりませんけど。

AdventuresofaGentlemaninSearchofaHorse,The(1836).JPG

AdventuresofaGentlemaninSearchofaHorse,The(1836)b.JPG

ポーが、とても笑える木版画と記しているたくさんの挿絵のなかから――"illustrated by very laughable wood-cuts"――どこがおかしいんだろう、と思いながらも、ポーと笑いを共有していると思うとそれ自体おかしいw

AdventuresofaGentlemaninSearchofaHorse,The(1836)c.JPG

ADVENTURES IN SEARCH OF A HORSE.
The Adventures of a Gentleman in Search of a Horse.  By Caveat Emptor, Gent. One, Etc.  Philadelphia: Republished by Cary, Lea and Blanchard.

          This book, to say nothing of its peculiar excellence and general usefulness, is remarkable as being an anomaly in the literary way.  The first 180 pages are occupied with what the title implies, the adventures of a gentleman in search of a horse―the remaining 100 embrace, in all its details, difficulties, and intricacies, a profound treatise on the English laws of horse-dealing warranty!―and this too, strange as it may seem, appears to be the first and only treatise upon a subject so interesting to a great portion of the English gentry.  Think of law, serviceable law too, intended as a matter of reference, compiled by a well known attorney, and dedicated to Sir John Gurney, one of the Barons of his Majesty's Court of Exchequer―think of all this done up in a green muslin cover, and illustrated by very laughable wood-cuts.  Only imagine the stare of old Coke, and of the other big wigged tribe in white calf and red-letter binding, as our friend in the green habit shall take his station by their side upon the book shelf! 

          The adventurous portion of the book is all to which we have attended, and so far we have found much fine humor, good advice, and useful information in all matters touching the nature, the management, and especially the purchase of a horse.  We would advise all amateurs to look well, and look quickly into the pages of Caveat Emptor.  [The Southern Literary Messenger (August, 1836), p. 593]


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。