So-net無料ブログ作成
モノ things ブログトップ

有蓋橋(屋根付き橋) (増改版) Covered Bridges (Revised) [モノ things]

屋根の付いた橋というと、『マディソン郡の橋』のマディソン郡郡庁所在地ウィンターセットの橋々が有名かもしれませんけど、マディソン郡のあるアイオワ州は1846年にアメリカ合衆国に加わりました。エドガー・アラン・ポーが『グレアムズ・マガジン』誌の1841年9月号に発表した短篇小説「悪魔に首を賭けるな」には有蓋橋が出てきて、どうやら有蓋橋はアメリカじゅうにある(あった)ものらしいけれど、北東部、ニューイングランドに多かったようです。

  ポーの定本を1970年代に編んだマボットの全集版は、参照すべき本として、えらく古い本を挙げています。――

Clara E. Wagemann, Covered Bridges of New England (1931).

  残念ながらこの本はInternet Archive 等で探ってもE-text 化されていないようです。

  アマゾンは新しい本をいくつか並べています。――

Benjamin D. Evans and June R. Evans, New England's Covered Bridges: A Complete Guide (UPNE [University Press of New England], 2004).  368pp.

1695810ae7a03a485296c110_L.jpg

書評など――

Editorial Reviews

Review

"The Evanses provide a clear description of the various styles of covered-bridge design and construction, as well as details of each bridge."--Boston Globe

"In this new book we have one of the best covered bridge guidebooks we have ever seen. There is at least one color photograph (excellent) of every authentic covered bridge still standing In New England. The authors have taken great pains to give the known facts on each bridge such as building date and truss type, plus very clear directions to there bridges. You have to have this book if you are planning a bridging trip to New England. It is a great addition to any 'bridger's' library even if you are an armchair traveler."--Bridges and Byways newsletter of Ohio Historic Bridge Association

"New England's Covered Bridges: A Complete Guide . . . is complete. For a bridge enthusiast, it is as all-inclusive, information-speaking, as you can get."--Hippo Press (Manchester, NH)

"[A] comprehensive book."--Burlington Free Press

Review

"Benjamin and June Evans' New England's Covered Bridges is the first summation in a quarter century of the region's rich legacy of wooden bridges. Meticulously researched, carefully written, and beautifully illustrated, the book takes its place as the standard guide for a region that cherishes some of the oldest, newest, longest, and strongest of America's covered bridges." (James L. Garvin, New Hampshire State Architectural Historian)
  マボットは、歳月と自動車交通によって大半は消失した、と書いていますけれど、どっこい残っているのですね。
  ヴァーモント州の有蓋橋の本もあり――
Ed Barna, Covered Bridges of Vermont (Countryman P, 2000).  216pp.
51bPfgrnE8L__SL500_AA300_.jpg
  あー、アメリカに広がった本もあり――
Jill Caravan, American Covered Bridges: A Pictorial History (New Line Books, 2006).  80pp.  [94 full-color photographs]
51W9DZQ19KL__SL500_AA300_.jpg
  『マディソン郡の橋』によって "bridger" (なんか、鉄ちゃんみたいに橋ファンがいるみたい)が増えたのかどうか知りませんけれど、有蓋橋を記したサイトがけっこうあります。――
☆"Vermont Covered Bridges" @Vermont LIVING MAGAZINE <http://www.vtliving.com/coveredbridges/index.shtml> VermontCoveredBridge.jpg
image via vtliving.com―ヴァーモント州Stowe の Emily's Bridge は幽霊が出ると噂されている。 
☆"New England Covered Bridges (Hi Res)" @webshots: American Greetings <http://travel.webshots.com/album/554888552kQDIAC?start=0> 〔お金払わないとシェアできないみたいですけど豊富〕
☆"New Hampshire Covered Bridges" @VisitNewEngland.com <http://www.visit-newhampshire.com/current_category.704/companies_list.html> 〔歴史的説明がウィキペディアより豊富かも〕
  最後のサイトによると、もともと中世のヨーロッパにあったのが、アメリカで19世紀に独特な発展をしたのだそうです。アメリカ最初の有蓋橋はフィラデルフィアに1805年に建造され、1870年代までには1万を越す有蓋橋が全土にこさえられた。・・・・・・でも現在は750くらいしか残っておらず、主に、ペンシルヴァニア、ヴァーモント、インディアナ、ニュー・ハンプシャー、オレゴン州に集中しているようです。――

Covered bridges were built by Europeans in the Middle Ages, but the 19th century brought a new and distinctly American twist to this engineering form. The first covered bridge in the United States was built in Philadelphia in 1805; by the 1870s, more than 10,000 covered bridges were built in almost every state in America.

Today only about 750 covered bridges remain, concentrated mostly in Pennsylvania, Ohio, Vermont, Indiana, New Hampshire, and Oregon. The National Society for the Preservation of Covered Bridges, founded in1950, has chapters in many states, and works to preserve and study and enjoy the bridges. <http://www.visit-newhampshire.com/nh_covered_bridges.html>

  このあと、上記の本の共著者のエヴァンズさんが語っています(省略)。
  ポーの短篇に出てくる橋の記述の断片――
One fine day, having strolled out together, arm in arm, our route led us in the direction of a river.  There was a bridge, and we resolved to cross it.  It was roofed over, by way of protection from the weather, and the arch-way, having but few windows, was thus very uncomfortably dark.  As we entered the passage, the contrast between the external glare, and the interior gloom, struck heavily upon my spirits.  (Edgar Allan Poe, "Never Bet the Devil Your Head," Mabbott 2: 626) 〔ある晴れた日、腕を組んで一緒にそぞろ歩いた僕たちだが、道は川の方向にむかっていた。橋があったので、渡ることに決めた。橋には、風雨を防ぐために屋根がすっぽりかかっていて、窓もほとんどない通路は気分が悪いくらい暗かった。入ったとたんに、外の明るさに比べて中の陰鬱が僕の気を重たく滅入らせた。〕
  語り手(僕)は橋の先で turnstile (回転木戸みたいなもの――このモノについては稿をあらためます)を通るけれど、連れのトビー・ダミットは一緒に通れず、跳んでいくと言う。で、そこに不意に現れたおっさん(実は悪魔)と首を賭けて跳躍をすることになります。しかし、空中で首をぶつけて落ちてしまう。
  その後――
In the meantime a thought struck me, and I threw open an adjacent window of the bridge; when the sad truth flushed upon me at once.  About five feet just above the top of the turnstile, and crossing the arch of the foot-path so as to constitute a brace, there extended a flat iron bar, lying with its breadth horizontally, and forming one of a series that served to strengthen the structure throughtout its extent.  With the edge of this brace it appeared evident that the neck of my unfortunate friend had come precisely in contact.  (M 2: 631)  (そのうち、考えがひらめて、僕は、そばの橋の窓をさっと引きあけた。すると悲しい真実が明らかになった。回転木戸の上5フィートくらいのところに、通路を横切って、鉄の棒が1本、梁(ハリ)として、アーチの端から端まで渡してあった。同様の支柱が橋の端から端までのあいだに何本も張られて、アーチを補強する仕組みになっている、その1本だった。僕の友人の首がこの梁のエッジに、精確に接触してしまったのだ。)  
 
  橋というのはあの世とこの世をつなぐ "passage" なので、超越的なことが起こる場としてふさわしいのでした。(わけわかめにつづく)
/////////////////////////////
ノース・キャロライナ在住のオオタキさんの Otakky World <http://ootaki.org/index.htm> には、オハイオ州を中心に covered bridge の解説と訪問記が載せられておりました―― "Covered Bridge" <http://ootaki.org/Coverd%20Bridge/CoveredBridge.htm>。
〔2011年2月25日追記〕昨晩、つづきの記事を載せました――「ターンスタイル(回り木戸) Turnstile

 

 


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

イニシアル(イニシャル) (1) Initials [モノ things]

BGM はやまがたすみこどす

  『若草物語』の各章の冒頭は、発話のことが多い。ノートン版を見ていたら、引用符が付いていないことにカチンときた。で、コンピューターの印刷の問題なのではないか、とか適当なことをひとに言ったのだけれど、初版を見たら、始まりの “ (ダブル・クオーテーション・マーク)がもとから抜けていた。――

littlewomenormeg00alcoiala_0017.jpg
"Christmas won't be Christmas without any presents," grumbled Jo, lying on the rug. 

littlewomenormeg00alcoiala_0049.jpg
"Jo! Jo! where are you?" cried Meg, at the foot of the garret stairs. 

  しかし・・・・・・この章の冒頭のデカイ文字はイニシアルというやつで、印刷屋、あるいはデザイナーによっては引用符を付せられない、あるいは付さないということであって、それを普通の活字(活字じゃなくてコンピューター写植でしょうけど)に組み直したときに引用符を補わないのはバカでしょう。

  20世紀初めのリプリント版は、当然引用符を補っています。――

littlewomen(OrchardHouseEdition).jpg
Orchard House Edition (Boston: Little Brown, 1915) <http://www.archive.org/details/littlewomenormeg00alcouoft>――この挿絵は Jessie Wilcox Smith です。

Meg,Jo,BethandAmy(JessieWilcoxSmith,frontispiece)1024.jpg
Jessie Wilcox Smith, illus., frontispiece to Little Women

  19世紀末近くに Frank T. Merrill による200枚超の挿絵を付して出された合冊の regular edition (Boston: Roberts Brothers, 1880)も当然引用符を補っています。――

littlewomenormeg00alco2_0023.jpg
<http://www.archive.org/details/littlewomenorme00alcogoog>

  グーテンベルグのE-text だって、当然引用符を補っています。――

GutenbergE-textofLittleWomen,Ch.1.JPG

GutenbergE-textofLittleWomen,Ch.3.JPG

  ノートン版の1章、3章、4章、5章、7章、8章、9章、11章、15章はみんな冒頭の引用符を落としています。編者たちは1868年の初版を忠実に示そうとしたのでしょうか。しかし、異同と考えていないらしいのは、381から385ページの "A Note on the Text" そして、386ページから408ページまでにおよぶ詳しい "Textual Variants" (『若草物語』第二部も含む)という、1868-69年の初版と1880-1881 年の regular edition の異同リストに、この引用符の脱落を示していないことからうかがえます。

  イニシアルを飾り文字にするとか(初版のようにシンプルに)大きな字にするとかしていたなら許容されるかもしれないけれど、普通の字体にしておいて引用符を置かないのは無知か不注意との誤解を受けかなねないと思うのですけれど。

WilliamMeinhold,SidoniatheSOrceress(Kemscott,1893).jpg
William Morris の Kelmscott Press 私家印刷本

///////////////////////////////////

"Initial" - Wikipedia <http://en.wikipedia.org/wiki/Initial> 〔もっぱら本におけるデザインを扱っており――"In a written or published work, an initial is a letter at the beginning of a work, a chapter, or a paragraph that is larger than the rest of the text. The word is derived from the Latin initialis, which means standing at the beginning. An initial often is several lines in height and in older books or manuscripts, sometimes ornately decorated. (書物の中でイニシアルというのは著作、章、あるいはパラグラフの始まりに置かれる文字で、他のテクストの部分よりも大きなものをいう。この語はラテン語の「始まりに立つ」を意味する initialis に由来する。イニシアルはしばしば数行分の高さがあり、古い本や手稿ではときに美術的に装飾されている。)〕

「イニシャル」 - Wikipedia <http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB> 〔なぜかもっぱら名前のイニシャルを扱っており〕


nice!(4)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

蔵書票 (1) Ex-Libris or Bookplates [モノ things]

新年おめでとうございます。

  暮れに事情があって、Internet Archive でフーケの『ウンディーネ』の19世紀の英訳本を眺めていたら、ハーヴァード大学所蔵本の、Read OnLine でトンでいくハーフタイトルのページ <http://www.archive.org/stream/undineandothert00mottgoog#page/n6/mode/2up> のから5ページ手前に、図書票か蔵書票が貼ってあるのが目に留まりました。――

undineandothert00mottgoog_0003.jpg
<http://www.archive.org/stream/undineandothert00mottgoog#page/n2/mode/2up>

  斜めになっていて頭が切れているのでよくわからないのですけれど、これは個人の Ex Libris 蔵書票ではなくて図書館の寄贈図書の書票でしょうか(まあ、どっちも英語だと "bookplate" でしょうけど、ラテン語の "ex libris" の「誰の蔵書(書斎・図書館)から」に戻って考えると、どの library なのか、ちょっと気にならなくはないです(つーかハーヴァード大学図書館とかどこにも書いてないから、個人のじゃないのに個人の蔵書票ですかねー。自分で「なんたらコレクション」(Art Story Collection)みたいな蔵書票つくるのかしら)。

  裸にした男女を顕微鏡でさらに探求するみたいな――プレパラートに挟まりません――アイデアなのか、ようわかりませんが、なにげにエロい。エロい蔵書票というのはそれはそれで歴史があるのでしょうけど。

  Winward Prescott (1886-1932) は、あー、そうか、ハーヴァード大学を1909年に卒業した、蔵書票コレクター、デザイナー、研究者です。ハーヴァードのホートン・ライブラリー Houghton Library にプレスコットのコレクションがあるようです――<http://blogs.law.harvard.edu/houghton/2009/11/20/winward-prescott-bookplate-collection/>。そうすると、ハーヴァードに個人蔵書も寄贈した可能性は高いですね。

  詳しくは知りませんでしたが、調べてみると著作として以下のようなものが見つかります(World Cat やAdd All など総動員)――

The Book-Plate Work of the Marquis von Bayros.  Boston: Privately Printed for W. R. A. Hays and W. Prescott, 1913.  [With William R. A. Hays] 

"Some Random Thoughts on Bookplate Literature."  A Bibliography of Book-Plate Literature.  Princeton: The American Bookplate Society [Princeton University Press], 1914.  Rpt. Cedar Rapids: Spokane Public Library [Torch Press], 1926.

Notes on Franz von Bayros and His Ex-libris.  London: Privately Printed for William R. A. Hayes and Winward Prescott, 1914.

Book-plate Literature.  Kansas City: H. Wilfred Fowler, 1914.  25pp. 

Some American College Bookplates: A Presentation of Plates, Old and New, Used by Educational Institutions, Individuals, Fraternities and Clubs, to Which Are Added Those of a Few Learned Societies.  Columbus: Champlin Press, 1915.

Masonic Bookplates.  Boston: Four Seas, 1918.  35pp. 

A List of Canadian Bookplates, with a Review of the History of the Ex Libris in the Dominion.  Boston & Toronto: Society of Bookplate Bibliophiles, 1919.  156pp.  [With Morley J. Ayearst and Stanley Harrod]

Bookplate Booklet Brochures.  Kansas City: Alfred Fowler, c.1921.  [With Stanley Harrod, James Guthrie, and Gardner Callahan Teall]

Bookplate Extra-Illustrating.  Sewanee, 1926.

The Modern Trend in Some Continental Ex Libris.  Sewanee, 1927.

Masonic Bookplates, Supplemented by a Decorative Check List of 586 Ex Libris of Masonic Interest.  Cedar Rapids: Masonic Bibliophiles, 1928.  [With J. Hugo Tatsch] 

The Decorative Quality in Heraldic Bookplates.  1930?  

How to Write Reports, Business, Engineering, and Architectural.  Cambridge, 1934.  [With William Anderson Crosby and Howard Russell Bartlett] 

  あー、疲れた。中で、1918年の Masonic Bookplates は例の Kessinger からファクシミリのリプリント版が出版されています。E-text もあるのだけれど、図版がみんな落ちていて、かつテクストもとんでいたりして、泣きたいくらいひどい―― <http://www.archive.org/stream/masonicbookplat00presgoog#page/n25/mode/2up>。

  Masonic はフリーメーソンの「石工」のメーソンです。 

  つづきます。

///////////////////////

"Winward Prescott Bookplate Collection," Houghton Library Blog <http://blogs.law.harvard.edu/houghton/2009/11/20/winward-prescott-bookplate-collection/> 〔ハーヴァード大学の Houghton Library のブログ 2009.11.20〕

Book-plate Literature.  Kansas City: H. Wilfred Fowler, 1914.  <http://openlibrary.org/books/OL13996967M/Book-plate_literature> 〔MSN @Internet Archive/Open Library〕 

Some American College Bookplates: A Presentation of Plates, Old and New, Used by Educational Institutions, Individuals, Fraternities and Clubs, to Which Are Added Those of a Few Learned Societies.  Columbus: Champlin Press, 1915.  <http://www.archive.org/details/someamericancol00presgoog> 〔Google @Internet Archive/Open Library〕

A List of Canadian bookplates with a review of the history of ex libris in the Dominion, ed.  Winward Prescott ; together with biographical and historical notes compiled by Stanley Harrod and Morley J. Ayearst ; illustrated with prints from the original coppers and blocks.  Published 1919 by Printed for the Society of Bookplate Bibliophiles in Boston.  <http://openlibrary.org/books/OL24388481M/A_list_of_Canadian_bookplates>  〔Internet Archive/Open Library〕


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

蔵書票 (2) Ex-Libris or Bookplates [モノ things]

承前

  ウィンウォード・プレスコット Winward Prescottt の『メーソンの蔵書票 Masonic Bookplates』 (1918) は、冒頭の記述を読むと、フリーメーソンの蔵書票というレアな蒐集領域についての過去の記事を参照しつつ、そこに自らのコレクションを加えてリストをまとめた、という主旨のようです。

Masonic Book-Plates are of course primarily interesting to members of the Craft who can understand the various signs and symbols appearing upon them.  Yet these plates are interesting to Book-Plate collectors in being among the rarest of Ex Libris specialties.  Two collectors have written on the subject―Robert Day in his "Masonic Book-Plates", (London, 1904), and A. W. Pope with "Remarks on some Masonic Book-Plates in America and their Owners", (Boston, Part I, 1908; Part II, 1911).  Yet combining the lists of plates in these two brochures and adding to them the plates in my own collection I can here list but a few over one hundred and seventy Masonic Ex Libris.  [Winward Prescott, Masonic Book-Plates (Boston: Four Seas Press, 1918), p. 9] <http://www.archive.org/stream/masonicbookplat00presgoog#page/n17/mode/2up> (訳検討中~)

  このあと、フリーメーソンの象徴(これについてはとりあえずウィキペディアの「フリーメイソン」を参照)についての解説が、図版に言及しつつつづきます。図版がたくさんある本かと思ったら、100を超える蔵書票のリストはリスト、図版は13葉です――

MasonicBookplates-TableofPlates.JPG

  2番目の "Supreme Council 33°" というのは 33rd degree、つまり最高位階の第33位階の最高会議(「最高法院」)ということです(徒弟 "(entered) APPRENTICE"―職人 "(fellow) CRAFTSMAN" ―親方 "MASTER (mason)" という三つの位階だけではなくて親方がさらにドンドコ上昇していくのはスコットランド系のフリーメーソンなどが典型ですけど、でも4から33というのは結局同じなのだから、3が基本なのだとか読んだ記憶があります――シュタイナーだったかしら)。この W. P. Barrett による蔵書票は、アメリカ人のAlbert Pike のフリーメーソン研究書に載っているので、どんなものかわかります。――

SupremeCouncil-bookplate.JPG

  Winward Prescott の他の著作でも秘密結社 (secret societies) への関心がうかがわれます。たとえばアメリカの大学の蔵書票の本の副題にフラタニティーが含まれているように―― Some American College Bookplates: A Presentation of Plates, Old and New, Used by Educational Institutions, Individuals, Fraternities and Clubs, to Which Are Added Those of a Few Learned Societies.  Columbus: Champlin Press, 1915.  <http://www.archive.org/details/someamericancol00presgoog>

   蔵書票収集家がしばしばそうであるように、プレスコットは蒐集だけでなくて自らオリジナルの蔵書票をこしらえています。そのなかで彼自身がフリーメーソンであることを示しているものがあります。――

bookplate-WinwardPrescott.jpg
image via Houghton Library Blog <http://blogs.law.harvard.edu/houghton/>

  右下の定規(カネ尺)にコンパス、Gマーク(グッドデザインのG ではなくてGod と Geometry のG ということです)はウィキペディアにも掲げられているように典型的なフリーメーソンのシンボルです。

  左上に ANAGKH と書かれているのはギリシア語で「アナンケー」、必然性、宿命、necessity みたいな意味(の女神の名)です。その下にあり、画像の中央にもある髑髏は、一般的には「死を忘れるな Memento mori」という、「時間」内存在たる人間の有限性を示すのでしょうけれど、以前「どくろ図――髑髏と交差骨 Jolly Roger: Skull and Crossbones [Daddy-Long-Legs] 」でたまたま書いたように、大学のフラタニティーがらみではイェール大学の Skull and Bones という組織の記章として有名です(名前どおりだしw)。

  プレスコットのいたハーヴァードはどうだったのかしら。ファイ・ベータ・カッパをはじめとする全国組織が複数共存するかたちだったのかなあ。

///////////////////////////

American Society of Book Plate Collectors & Designers <http://www.bookplate.org/> 〔blog は Ex Libris Chronicle: The International Collector <http://exlibrischronicle.blogspot.com/>〕

日本書票協会 (The Nippon Exlibris Association)  <http://pws.prserv.net/jpinet.Exlibris/jpinet.exlibys/association.htm> 〔ポー研究者としても知られる内田市五郎さんを会長とする日本の団体〕

The Bookplate Society <http://www.bookplatesociety.org/> 〔国際組織〕

International Federation of Ex-libris Societies (FISAE) <http://www.fisae.org/> 〔国際組織〕

「フリーメイソン」 ウィキペディア <http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%A1%E3%82%A4%E3%82%BD%E3%83%B3>

"A Freemason's 33rd Degree Initiation" (Excerpt from Jim Shaw's Book: The Deadly Deception, pp. 99 - 109).  Illuminati: Conspiracy Archive <http://www.conspiracyarchive.com/NWO/33rd_Initiation.htm

      


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

イニシアル(イニシャル) (2) グーテンベルグ聖書 Initials (2) The Gutenberg Bible [モノ things]

新年おめでとうございます。

  師走の「イニシアル(イニシャル) (1) Initials」のつづきです。

  英語の initial はフランス語から入ったのでしょうけれど、もともとはラテン語の initiālis であり、さらには initium = beginning というラテン語が語幹となっているといえると思います。さらに分解すると、やっぱり "in" なのだから、「内へ」「中へ」、そして"ire" 「行く」ということで、「内へ行く」「中に入る」=「はじめる」ということかもしらんけど。直前の記事で秘密結社のことを書きましたけど、新参者=秘儀参入者は initiate ですね。素人の状態は uninitiated。

  ということで、年のはじめのためしにしめたとばかりにイニシアルからはじめようと思っておったのですけれど、19世紀の本の実例を探っている余裕がなくて、いっぽうグーテンベルグ関係のページを10ぐらい開いたままに年越しをしてしまいました。それで、IE が重い感じもするので、とりあえず活版印刷の最初といわれるグーテンベルグの本からつづきをはじめようと思い。

  英語のウィキペディアと日本語のウィキペディアの "Initial" と「イニシアル」がアサッテの方向を向いているのはヘンだと思います。人名の頭文字を initials と呼ぶのは事実ですし、いっぽう、英語のウィキペディアがもっぱら書いているように、古い写本で、そして近代の印刷本でも、パラグラフや文章の最初の文字 (initial letter = initial) を大きくして、しばしば装飾的なものとしたのでした。

  グーテンベルグの活版印刷による最初の記念碑的テクストは聖書でした。――

Gutenberg_bible_Old_Testament_Epistle_of_St_Jerome.jpg
image via Wikipedia "Gutenberg Bible" <http://en.wikipedia.org/wiki/Gutenberg_Bible> : "First page of the first volume: The Epistle of St. Jerome from the University of Texas copy. The page has 40 lines."

  日本語のウィキペディア「グーテンベルク聖書」には「グーテンベルク聖書は一見カラーに見えるが、本文そのものは黒色で単色印刷され、あとから飾り文字と飾り罫が手で書き加えられている」と書かれています。英語のウィキペディア "Gutenberg Bible" のほうが内容がちょっと濃いようですけど、"The first sheets were rubricated by being passed twice through the printing press, using black and then red ink. This was soon abandoned, with spaces being left for rubrication to be added by hand." (最初のほうのシートは、印刷機を2回通し、はじめに黒、つぎに赤のインクを用いることで、"rubricate" された。このやり方はすぐに放棄され、手書きで "rubrication" を加えるべく余白を残すことにした。) と書かれています。"rubrication" というのはヘッダーを色づけして強調することですけれど、もともと "rubrica" はラテン語の「赤」、"rubrico" はラテン語の「赤くする」ですから、朱字が本来です(錬金術の「赤の過程」のrubedo も同じ語源)。

  グーテンベルグ聖書についてのウンチクは、慶應の先生の本もありますけれど、久永光造という愛知県のお医者さんのページが細かくてリンクも豊富で楽しいです――『グーテンベルグ聖書』 <http://www4.ocn.ne.jp/~hisanaga/gutenberg.htm>。・・・・・・あ、なんか似た雰囲気を感じたと思ったら、「半分と四分の三 Half and Three-Quarter Bindings」で装丁について書いたときに触れたお医者さんでしたw。クリニックの周りには、110のプランターに美しい花が咲きほこっています。

  とりあえずウィキペディアの画像は40行で、それは最初期の印刷であって、のちには全ページ42行のものも出るわけですけれど、「イニシアル」が手書きによるもので、本によって異なるのは、同じ40行の大英図書館所蔵のものと比べてみると一目瞭然です。――

紙装とヴェラム装 <http://molcat1.bl.uk/treasures/gutenberg/search.asp> 〔右下の "Vellum copy" の枠の [Compare with paper with paper copy] の右をGO! それぞれ+で拡大可〕

  紙装のは最初のイニシアルの金ぴかの装飾 ("illumination" という)のみならずテクストを囲ってページの余白の枠全体に植物模様が書き込まれています。すばらすぃー。ヘッダーの赤字部分、紙のほうは手書きみたいですね。ヴェラムのほうは・・・・・・テクサス大学本のと微妙に字が違っていますけれど、直したようなあとが残っていて、なんなんでしょう。どれも手書きなのかしら。

  グーテンベルグ聖書はラテン語訳のウルガータを印刷したものですけれど、ウルガータをまとめた聖ヒエロニムス (St. Jerome, 345-420 羅 Eusebius Sophronius Hieronymus) が訳とともに遺した前文を写本は保存して10世紀以上にわたって伝えてきました。最初に載っているのがノラの司教パウリヌス (St. Paul [Paulinus] of Nola, 353-431) に宛てて書いた手紙で、グーテンベルグ聖書の最初に8章にわけられて載っているのでした。で、内容はおいといて、最初のところは Frater Ambrosius と書かれているようです。frater はフラタニティーのfrater で、= brother。アンブロシウスというのはヒエロニムス自身の兄弟というのではなくて、聖アンブロシウス (St. Ambrose, c.340-397) という、ヒエロニムスと並ぶラテン四大教父のひとりですか。父なる神に対して義兄弟ですか。

  ということで F ですな。F の長さがえらく違います。そしてつぎの文字の R も大文字になっていますね。

  で、とうぜんながら、印刷以前の手書きの写本から文字装飾やイニシアルや illumination や rubication の伝統はあったわけで、普通に考えれば、近代の本の印刷の歴史というのは高価な装飾・彩色本から黒インク一色で装飾を落とした大衆に開かれた安価本へと進んでいったわけでしょう。けれど、ウィリアム・モリスみたいな人は15、16世紀の印刷にならうことで手工業的な印刷術=芸術を復興させたのでした。たぶん。

////////////////////////////

1月4日夜追記

テクスト Textus の頭の赤字のRublica の部分はたぶんこう書かれています(とりあえず上に載せた図版の文)。――

Incipit epistula sancti ieronimi ad
paulinum presbyterum de omnibus
diuinae histori[a]e libris - capitulum primi.

  ここに聖イエロニムスよりパウリヌス長老への手紙が始まる。聖なる歴史のすべてについて―第1章

ううむ。よくわかりまてん。


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

イニシアル(イニシャル) (3) 『ハックルベリー・フィンの冒険』 Initials (3) Adventures of Huckleberry Finn [モノ things]

以前テクスト & 装丁問題でとりあげた〔「ジーン・ウェブスターの父親による『ハックルベリー・フィンの冒険』の出版 The Publication of _Adventures of Huckleberry Finn_ by Charles L. Webster」、「チャールズ・L・ウェブスター社の『ハックルベリー・フィンの冒険』のちらしから本の装丁とかのはなしなど Flyers for Adventures of Huckleberry Finn」、あと久永内科の久永光造先生への言及がある「半分と四分の三 Half and Three-Quarter Bindings」〕、マーク・トウェインの『ハックルベリー・フィンの冒険』初版を、あらためてイニシアルの扱いという観点から眺めてみる。

  初版の挿絵を描いた E. W. Kemble は、モーリちゃんの父がせこせこ数えたところたぶん174葉のイラストを挿入していますけれど、全43章のすべての最初のページで、イニシアルを含めて挿絵を描くという凝ったことをやっています〔1月6日記 これまちがっていました。各章の最初のページで第何章という文字と一緒に挿絵を描いているのは事実ですが、すべてのページでイニシアルを手書きしているわけではない。訂正記事書きま~す⇒〕。精確な事情は知りませんけれど、たぶんケンブルのイラストの配置を決めてから印刷のテクストを組んだのだと思われます。

  前に載せた第1章の最初のページ――

AdventuresofHuckleberryFinn(American1st)17.jpg
Mark Twain, Adventures of Huckleberry Finn (New York: Charles L. Webster, 1885), p. 17  <http://www.archive.org/stream/adventureshuckle00twaiiala#page/16/mode/2up>

  そしてオックスフォード大学所蔵のイギリス版初版の某Google によるE-text――

[The]AdventuresofHuckleberryFinn(Chatto,1884)xvi,1.jpg
Mark Twain, The Adventures of Huckleberry Finn (London: Chatto and Windus, 1884), pp. xvi, 1 <http://www.archive.org/stream/adventureshuckl00unkngoog#page/n21/mode/2up>

  "YOU" が落ちてます。

  ちゃんとしたwイギリス初版の本文第1ページ――

TheAdventuresofHuckleberryfinn(B1).JPG

  イギリス版とアメリカ版では、テクストの組み版が異なることがわかります。1行目は "without you" まであるアメリカ版に対して、イギリス版は "with-" で終わっています。実際イギリス版は438ページあるのにアメリカ版は366ページでした。

  で、問題の、発話に始まる章のイニシアルの扱いです。

  ふたつしかないみたいなのですけれど、まず第7章――

AdventuresofHuckleberryFinn,Ch.7.jpg

   Git up! what you ’bout!”

  そして第11章――

AdventuresofHuckleberryFinn,Ch.11.jpg    

  “Come in,” says the woman, and I did.

  はい、こちらはちゃんとケンブルさんは引用符を書いているのでした。あと COME の OME のところがいわゆる small capital として大文字になっています。

  こんな感じ――

  COME in,” says the woman, and I did.

  文章の最初の1語ないし数語を大文字にするというのも古い習慣で、現在でも最初のパラグラフをインデント(字下げ)しない習慣と並んで、イギリスのほうに残っているといわれています。 

  とりあえず引用符に関して、このばらつきが、第7章のほうは章のあたまのイニシアルだから省略しちゃってもいいんじゃないみたいな意識から脱落が生じたものか、単に不注意なのか、そして11章では考えが変わってスモール・キャピタルの使用も含めてカチッとやってみたのか、単に気まぐれなのか、なんともわかりません。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問

イニシアル(イニシャル) (4) 『ハック・フィン』の各章のはじまり Initials (4) [モノ things]

イニシアルは「モノ」なのか、悩ましいのですけれど、それはさておき、一昨日に貼った引用符入りの出だしを見ていて、なんかこれ手書きじゃないんじゃないか、と疑念が沸きました。ふつふつ。

拡大版をつくりました。――
Huckleberry,Ch.11L.JPG

  セリフのある字体です。セリフというのは台詞じゃなくて科白じゃなくて、文字のストロークの端に付けられたヒゲというか飾りというか楔(くさび)というか出っ張ったりくっついたりしている部分です(これがないのがサンセリフ)。――

Sans-serif_and_Serif-fonts.JPG
image: "Serif," Wikipedia <http://en.wikipedia.org/wiki/Serif>

  手書きでセリフを書くというのはありえないことではないです。けど、他の箇所の手書きの字と違いすぎるかも。というか、いろいろヴァラエティーをもたせているのかな、と最初は思っていたのですけど。ちょっと並べてみます。――

AdventuresofHuckleberryFinn,Ch.17.jpg

  In はサンセリフ。IN みたいに。あー、しかし Chapter という単語の文字は基本的にセリフなんですね。

AdventuresofHuckleberryFinn,Ch.18.jpg

  Co のCはセリフっぽいです。

AdventuresofHuckleberryFinn,ch.20.jpg

  THEYのTはセリフ。T みたいに(ちがうけど)。でも活字っぽくはなくていかにも手書きです。

AdventuresofHuckleberryFinn,Ch.25.jpg

AdventuresofHuckleberryFinn,Ch.28.jpg

AdventuresofHuckleberryFinn,Ch.41.jpg

AdventuresofHuckleberryFinn,Ch.7.jpg

  これは前に貼ったやつですけれど、CHAPTER XX という箇所のそれぞれの書き方も含めて、多様なデザインを試みているのですね。字体は必ずしも絵によって束縛されているとはいえないでしょう。

  そして、先の記事で、「初版の挿絵を描いた E. W. Kemble は、モーリちゃんの父がせこせこ数えたところたぶん174葉のイラストを挿入していますけれど、全43章のすべての最初のページで、イニシアルを含めて挿絵を描くという凝ったことをやっています」と書きましたけれど、すべての章で最初の文字のレタリングをやっているわけではなかったです。

  明確なのは第10章。――

Huckleberry,Ch.10L.JPG

  AFTER はセリフですけど、どうみても活字です。イニシアルが大きな字になっていないけれど、1語が大文字になっています。9章もやっぱり活字です。――

Huckleberry,Ch.9L.JPG

  I はセリフで、大きなイニシアルですけれど、手書きじゃないですね。で、順番が前後しますけれど、これが9章で、ひとつ上が10章、そしてつづく11章が "Come in," で始まる章だったのでした。

  ちなみにその次の12章はイニシアルは確かに手書きです。――

AdventuresofHuckleberryFinn,Ch.12.jpg

  イニシアルが活字と思われるのは、9、10、11章以外は33章。――

AdventuresofHuckleberryFinn,Ch.33.jpg

  ということで、発話で始まるふたつの章のうち、いっぽうは手書き(手描き)、もういっぽうは活字印刷というのが結論です(自信90パーセント)。もう一つの章の拡大図を載せます。――

Huckleberry,Ch.7L.JPG

  G の左上の二重のスジは引用符なのでしょうか。

Huckleberry,Ch.7LP.JPG

  ちがいますよね。ともあれ、木片を組み合わせてこしらえた趣きで、絵に不自然に溶け込んでいるのでした。この7章の凝った工夫と 11章のCはえらい落差があります。

  で、だとすると、引用符は出版社(ジーン・ウェブスターの父親のチャールズ・L・ウェブスター)の編集か印刷屋の判断ということになるのかと思います。それでも、9、11、33章は、活字のイニシアルを2行分の高さにするのが同じだとしても、いわゆる x-height (小文字のxの縦幅というか高さで、baseline と mean line のあいだの長さ。pとかq はbaseline の下に棒がはみでる (descender height) し、大文字とかf とかh とかは median を越えて x-height を上側にはみでることになります)の上に延びるか下に延びるかでヴァリエーションをこしらえていて、デザイン的な工夫があるように見えます(印刷屋の判断だけでは無理でしょう)。

  ところで11章のCはセンチュリーに似ているな、と思いましたけれど、センチュリーという字体(フォント)は1894年に雑誌の『センチュリー・マガジン』のからみでこしらえられたものだそうで、であるならば『ハック・フィン』の初版の出た1884-85年にはセンチュリー自体はなかったのでした。

C ←これがcentury

 

  


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

アーモンドの花とツバメの壁紙 Almond Blossom and Swallow Wallpaper (Walter Crane) [モノ things]

記事「春を告げるもの A Herald of Spring (Walter Crane)」と「あめんどう Almond――「春を告げるもの A Herald of Spring (Walter Crane)」のつづき」の派生物。

  ラファエロ前派のひとらしく、というか社会主義者としてもウィリアム・モリス William Morris, 1834-86 に共鳴したひとらしく、というか、日本でいうと柳宗悦民藝運動みたいに、あるいは本家モリスのアーツ・アンド・クラフツ運動みたいに、民衆的工芸あるいは日常的芸術みたいなものを唱えたウォルター・クレインは、やっぱりさまざまな装飾芸術に手を染めました。

  で、壁紙。 A Herald of Spring の絵に出てくるアーモンドの花とツバメが組み合わさった壁紙デザインです。――

AlmondBlossomandSwallow-wallpaper,WalterCrane-55V&A_~1.jpg
Almond Blossom and Swallow wallpaper frieze designed by Walter Crane for Jeffrey & Co, 1878.  Image via hicuppings, "Beautiful Garden Florals from the V&A" () <http://hiccupings.blogspot.com/2010/06/beautiful-garden-florals-from-v.html>

WalterCrane,AHeraldofSpring-mod.jpg
Walter Crane, A Herald of Spring (1872)
アーモンドは右手に持っている枝です。手篭の花は水仙。滑空している鳥はハト(たぶん)。
WalterCrane,AHeraldofSpring-detail.jpg   ツバメじゃないの?

nice!(10)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ターンスタイル(回り木戸) Turnstile [モノ things]

時間が(11月から)空きすぎて自分でもなんだか主旨がわからなくなった書きかけの記事を〆ておきます。 

(承)〔ポーの「悪魔に首を賭けるな」がらみのはなし〕

 ある晴れた日に足の向くまま散歩していた語り手とトビー・ダミットは有蓋橋を渡ることに決めます(resolved というのは、タダでは渡れないからなのかしら)。

One fine day, having strolled out together, arm in arm, our route led us in the direction of a river.  There was a bridge, and we resolved to cross it.  It was roofed over, by way of protection from the weather, and the arch-way, having but few windows, was thus very uncomfortably dark.  As we entered the passage, the contrast between the external glare, and the interior gloom, struck heavily upon my spirits.  (Edgar Allan Poe, "Never Bet the Devil Your Head," Mabbott 2: 626) 〔ある晴れた日、腕を組んで一緒にそぞろ歩いた僕たちだが、道は川の方向にむかっていた。橋があったので、渡ることに決めた。橋には、風雨を防ぐために屋根がすっぽりかかっていて、窓もほとんどない通路は気分が悪いくらい暗かった。入ったとたんに、外の明るさに比べて中の陰鬱が僕の気を重たく滅入らせた。〕
  けれどもトビーのほうは「超絶病〔超絶的なるもの〕 transcendentals」にやられてしまったようで(はっきり症状を「僕」は知らないので断定できないのだけれど)、身をくねらせて、あたるものすべての上や下を跳ねまわらないではいられない〔橋に何があるのか不明でナンセンスw〕し、あやしいわけのわからぬことをしゃべりまくります。
At length, having passed nearly across the bridge, we approached the termination of the foot-way, when our progress was impeded by a turnstile of some height.  Through this I made my way quietly, pushing it around as usual.  But this turn would not serve the turn of Mr. Dummit.  He insisted upon leaping the stile, and said he could cut a pigeon-wing over it in the air.  (とうとう橋を渡り終えかけたところで、歩道が尽きて、僕たちはちょっと高い回転木戸があったので進行をさまたげられた。僕はいつものように木戸を押して回して、静かに通り抜けた。けれどもこういう回転ではダミット氏の順番〔回転〕はすまなかった。木戸の上を跳ぶと言い張り、空中で両脚を合わせる芸当をやってみせると言った。)
  野崎孝は「橋の中程まで来たかしらと思う時分である」と訳しているけれど、"having passed nearly across the bridge" というのはほぼ橋をわたりかけた位置まで来ているのだと思います。
  そこにある turnstile ですが、今日は、遊園地とか交通機関などの改札に設置された、鉄製の、それも水平方向ではなくて垂直方向(というか回転軸は斜め45度ですかね)に回転する棒に進化していますけれど、もともとは牧場などで、家畜が通れない(けれど人は通れる)ように設置したものでした。
  stile というのはそもそもは "step" とどうやら語源的にはつながっていて、障害物とか障壁みたいな古い意味があるいっぽうで、牧場の柵や塀とかに、人は乗り越えられるけれど家畜は通さないために設けた「階段」の意味があります。
WinslowHomer-22-stile.jpg
Winslow Homer, On the Stile  (c. 1878) watercolor, gouache, and graphite on paper, Collection of Mr. and Mrs. Paul Mellon
image: National Gallery of Art (Washington DC)  <
http://www.nga.gov/feature/homer/homer13.htm>
  これが、まずは、上下方向ではなくて水平方向の回転運動に移されたのが turnstile なわけです。
800px-Girl_at_turnstile,_by_Jenney,_J__A__(James_A_).jpg
J[ames] A. Jenney, Girl at Turnstile (Mackinac Island, Michigan 19世紀後半)
image via Wikimedia Commons <
http://commons.wikimedia.org/wiki/File:Girl_at_turnstile,_by_Jenney,_J._A._(James_A.).png>; originally NPYL Digital Gallery <http://digitalgallery.nypl.org/nypldigital/dgkeysearchdetail.cfm?strucID=622344&imageID=G90F409_012ZF>
 
 それが斜めに移されたのがいまの改札のターンスタイル――
MCS_TS_01.gif
Tripod turnstile, column-type [Finishing: arms - stainless steel,
  support - enamel varnish/stainless steel; control board;  
  Power supply: 12VDC / 2A; Space for accumulator battery: 12V / 7Ah;
  Dimensions: 1030 x 800 x 460mm
image: BulgarianIndustry <
http://www.bulgarianindustry.bg/en/products?product=505632699977336006>
1787674_high-traffic-tripod-turnstile-65949.jpg
image: Katalog Produk: turnstile (akses pintu masuk) - SEPAKAT RAYA - Indonesia <http://medan.indonetwork.co.id/sepakat_raya/1787674/turnstile-akses-pintu-masuk.htm>
 
  で、これはこれ。
  ポーの時代の有蓋橋のなかのターンスタイルがどんなものだったのか、わかりませんけど、下もくぐれないような、full-height のものだったのかもしれません。たとえばこういうような。いまふうにはこういう(高すぎw)。あるいはほんとの木戸みたいなもんだったかもしれません。
  橋の通過料を取るというのはあったことだと思います。それでもさすがにコインなりトークンなりを入れて通過するというような機械が19世紀中ごろにあったとは思われないので、人がいて取っていたのではないでしょうか(わからん)。
  
  物語的には悪魔以外の第三者が出てきたり、トビーをさえぎったりみたいなことがあったらよくないのだろうし、第一義的には turnstile は文章の style (文体)の地口 pun として機能しているし、機能すべく導入されたのでしょうけど。あ、悪魔が木戸番ということですか。
He insisted upon leaping the stile, and said he could cut a pigeon-wing over it in the air. Now this, conscientiously speaking, I did not think he could do. The best pigeon-winger over all kinds of style was my friend Mr. Carlyle, and as I knew he could not do it, I would not believe that it could be done by Toby Dammit. I therefore told him, in so many words, that he was a braggadocio, and could not do what he said. For this I had reason to be sorry afterward;―for he straightway offered to bet the Devil his head that he could.
I was about to reply, notwithstanding my previous resolutions, with some remonstrance against his impiety, when I heard, close at my elbow, a slight cough, which sounded very much like the ejaculation "ahem!" I started, and looked about me in surprise. My glance at length fell into a nook of the frame-work of the bridge, and upon the figure of a little lame old gentleman of venerable aspect. Nothing could be more reverend than his whole appearance; for he not only had on a full suit of black, but his shirt was perfectly clean and the collar turned very neatly down over a white cravat, while his hair was parted in front like a girl's. His hands were clasped pensively together over his stomach, and his two eyes were carefully rolled up into the top of his head.

Upon observing him more closely, I perceived that he wore a black silk apron over his small-clothes; and this was a thing which I thought very odd. Before I had time to make any remark, however, upon so singular a circumstance, he interrupted me with a second "ahem!"

To this observation I was not immediately prepared to reply. The fact is, remarks of this laconic nature are nearly unanswerable. I have known a Quarterly Review non-plussed by the word "Fudge!" I am not ashamed to say, therefore, that I turned to Mr. Dammit for assistance.

"Dammit," said I, "what are you about? don't you hear?―the gentleman says 'ahem!'" I looked sternly at my friend while I thus addressed him; for, to say the truth, I felt particularly puzzled, and when a man is particularly puzzled he must knit his brows and look savage, or else he is pretty sure to look like a fool.

"Dammit," observed I-although this sounded very much like an oath, than which nothing was further from my thoughts-"Dammit," I suggested―"the gentleman says 'ahem!'"

I do not attempt to defend my remark on the score of profundity; I did not think it profound myself; but I have noticed that the effect of our speeches is not always proportionate with their importance in our own eyes; and if I had shot Mr. D. through and through with a Paixhan bomb, or knocked him in the head with the "Poets and Poetry of America," he could hardly have been more discomfited than when I addressed him with those simple words: "Dammit, what are you about?― don't you hear?―the gentleman says 'ahem!'"

"You don't say so?" gasped he at length, after turning more colors than a pirate runs up, one after the other, when chased by a man-of-war. "Are you quite sure he said that? Well, at all events I am in for it now, and may as well put a bold face upon the matter. Here goes, then-ahem!"

At this the little old gentleman seemed pleased-God only knows why. He left his station at the nook of the bridge, limped forward with a gracious air, took Dammit by the hand and shook it cordially, looking all the while straight up in his face with an air of the most unadulterated benignity which it is possible for the mind of man to imagine.

"I am quite sure you will win it, Dammit," said he, with the frankest of all smiles, "but we are obliged to have a trial, you know, for the sake of mere form."

"Ahem!" replied my friend, taking off his coat, with a deep sigh, tying a pocket-handkerchief around his waist, and producing an unaccountable alteration in his countenance by twisting up his eyes and bringing down the corners of his mouth―"ahem!" And "ahem!" said he again, after a pause; and not another word more than "ahem!" did I ever know him to say after that. "Aha!" thought I, without expressing myself aloud―"this is quite a remarkable silence on the part of Toby Dammit, and is no doubt a consequence of his verbosity upon a previous occasion. One extreme induces another. I wonder if he has forgotten the many unanswerable questions which he propounded to me so fluently on the day when I gave him my last lecture? At all events, he is cured of the transcendentals."

"Ahem!" here replied Toby, just as if he had been reading my thoughts, and looking like a very old sheep in a revery.

The old gentleman now took him by the arm, and led him more into the shade of the bridge―a few paces back from the turnstile. "My good fellow," said he, "I make it a point of conscience to allow you this much run. Wait here, till I take my place by the stile, so that I may see whether you go over it handsomely, and transcendentally, and don't omit any flourishes of the pigeon-wing. A mere form, you know. I will say 'one, two, three, and away.' Mind you, start at the word 'away.'" Here he took his position by the stile, paused a moment as if in profound reflection, then looked up and, I thought, smiled very slightly, then tightened the strings of his apron, then took a long look at Dammit, and finally gave the word as agreed upon―

One-two-three-and-away!


  

 

///////////////////////////////


 

  

 


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ターンスタイル――ポー全集 (1902) の挿絵 The Turnstile in Poe's "Never Bet the Devil Your Head" [モノ things]

先の記事「有蓋橋(屋根付き橋) Covered Bridges (Revised)」と「ターンスタイル(回り木戸) Turnstile」であれこれ想像を膨らませようとしたものの、ターンスタイルがどんなスタイルだったのか結論が出ず、フェリーニの、舞台を20世紀にして翻案した『世にも怪奇な物語』の映画でどうだったのか見直そうかと思いつつ、ビデオが見つからず、忘れていましたところ、今日、ふと足元に転がっていたポー全集の一冊を開いたら、ちょうど「悪魔に首を賭けるな」の挿絵が目に飛び込んできたのでした。――

NeverBetTheDevilYourHead1600mod.jpg
Illustration by F. S. Coburn (クリックで拡大) Vol. 4 of Complete Works of Edgar Allan Poe, 10 vols., ed., John Harrison (New York: Fred de Fau, 1902), opposite to p. 296 [between pp. 296 and 297]

  手前左の息子ブッシュに似た黒衣の人物が悪魔的なキャラで、彼に誘われるようにしてターンスタイルを飛び越そうとして首を切り落としたトービー・ダミットが描かれています。向こう側から橋をこちら側に渡ってきた、という方向の絵です。語り手の「私」はどこにいるのかわかりませんが、語り手の視点から描いた絵ということかもしれません(いちおう語り手は先にターンスタイルを手で回して通過していたので)。

  ちょっとジョジョふうな趣きの絵ですな。

  この挿画はサインが読めませんし、本にイラストレーターの記載がないのですけれど、他の挿画は "F. S. COBURN 1901" あるいは "F. S. COBURN 1902" と記されているのが何枚か読めるので、おそらくコバーンのものです。

  ま、挿絵があるからって、その絵が歴史的に正しいものかどうかはわからんのですけれど、とりあえず妙にリアルな感じに納得したりしました。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

スッパッピー Suppappy [モノ things]

きょうモーリちゃんたちがドンキホーテで買ってきた沖縄の食べ物――

スッパッピー1.jpg

おしゃぶり梅 乾燥梅肉

スッパッピー

製造者は有限会社 全喜堂 (沖縄県八重瀬町字志多伯)

Suppappy.jpg

Suppappy2.jpg

おしゃぶり梅 乾燥梅肉

スッパッピー

種バイバイ

スッパ美味しい!

お口がさびしい時に一粒・・・
ゆっくりなめてから食べてね!!

〔裏面〕

おしゃぶり梅 乾燥梅肉

スッパッピー

種バイバイ

スッパ美味しい!

食べやすい様に種をとってあります。

※梅の表面が白くなることがありますが甘味料等の呈味成分です。品質には問題ありませんので、そのままお召しあがり下さい。

■製品には万全を期しておりますが万一種が入ったり変質等がございましたら、お買い上げの店名、月日をお書きの上、現品をお送り下さい。送料は当社負担でお取替えさせていただきます。

 

個人的にはつっこみどころ満載なのだけれど、忙しくて気力が尽きました。

オッパッピー。


nice!(13)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

九州での城の話(1)――お城納豆ゲット May Be Fool [モノ things]

(以下、非学問的な馬鹿話が続きます。) 

誰も知ったことではないし、自分でもどうでもよいようなことですけれど、4月馬鹿の日に「四月馬鹿なっと」というタイトルの記事を書いて、九州の納豆が、このかんの食品不足で関東方面に流入していることを記しました。その後、あちこちの、見たことも聞いたこともない納豆を食べ、写真も撮ったのですけれど、忙しさにまぎれてブログに載せることかなわなかったのでした。

  さて、いま、九州に来ています。先週の木曜日から、明日の月曜まで小倉に滞在。それで、外でひとと飲み続けると体が持たないので、金曜日に買って、ようやく今夜三つ目のパックを消費している納豆。

  えー、えー、熊本の丸美屋のお城納豆です。

  でも、東京に出てきたもの(実は二種お城なっとくった)とはまた違うものでした。そして、豆粒が逆に思ったより小さい。どゆこと~。

CAYB5XWD.jpg

CA0HF351.jpg

(1)  えーと、4月に京都出身のおかたと話したところ、大粒のほうがマメの味がしてよいのだと。ふ~ん。

(2) むこう(東京・東村山市[あ、この志村けんで有名な土地に住んでいるわけではないです])で買ったのは確かカラシが付いていたけれど、このパックにはタレ「カツオ風味タレ」しか付いてなかった。

(3) 「マミ」と書いてあって、マミの意味は不明。マミちゃんか?

(4) 納豆だけでは食いきれないので(だって、ネギもアオノリもカラシもないんだぜ)、小倉の南口のほうの百円ショップで買ってきたインスタント味噌汁に入れて消費している(土曜日から)。

 しかし、アオノリにせよカラシにせよネギにせよ、自由に手に入る生活から旅の空の下の意外と不自由な生活下に置かれると、ありがたみが感じられてありがたいです。ネギは特にそう感じるかも。アメリカではグリーン・オニオンを代用していたけれど、どうやら九州、ネギが冷奴とかに使われる場合もいわゆる万能ネギみたいな細く青いやつみたいだし。

  まあ、それよりもコンビニでサラダとか買うと、「ドレッシングがついていませんが、よろしかったでしょうか」みたいなことで、醤油やカラシやアオノリやゴマやといった、ありあまったモノの価値が深く感じられるのが旅の空かなあ。


タグ:納豆
nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

五年前の納豆 Not Five Years Old [モノ things]

ひさしぶりに外付けハードディスクをつないで、昔の写真を見ていた暑い一日でした。

Natto2006Summer.jpg

期間限定 ハバネロ納豆 超小粒 旭松 2006

期間限定 カレー納豆 超小粒 旭松 2006 

しかし、なんで辛い=熱い=暑い=ホットなのかしら。

  「超小粒」(「極小粒」ではなくて)だったことに5年を経て気が付き。

 


タグ:納豆
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
モノ things ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。