So-net無料ブログ作成
作家の肖像 ブログトップ

四代の女 Four Generations of Women [作家の肖像]

1882年に撮られた写真。左がマーク・トウェイン (1835-1910) の母親のジェイン・ランプトン・クレメンズ Jane Lampton Clemens (1803-90)。右がその娘(でマーク・トウェインの姉)のパメラ・アン・クレメンズ・モフェット Pamela Ann Clemens Moffett (1827-1904)。中央後ろに立っているのがその娘のアニー・モフェット・ウェブスター Annie E. Moffett Webster (1852-1950)。中央で人形を抱いている(というか人形と一緒に写ろうとしている)のがその娘の作家ジーン・ウェブスターJean Webster (1876-1916)。

FourGenerationsofWomen (1882).jpg 
(クリックですこし拡大)

Jane Lampton Clemens  b. June 18, 1803
                  d. October 27, 1890

Pamela Clemens Moffett  b. September 13, 1827
                   d. August 31, 1904

Annie E. Moffett Webster  b. July 1, 1852
                                    d. March 24, 1950

Alice Jane [Jean] Webster   b. July 24, 1876
                     
d. June 11, 1916

ジーン・ウェブスターだけ晩婚で、1915年9月7日、39歳で結婚。翌1916年6月10日夜、女児を出産し、翌11日朝亡くなります。子供を抱くことはかなわなかったのかと思うと泣けてきます。


nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ジーン・ウェブスターの著作 Jean Webster's Works [作家の肖像]

JeanWebstermodifiedB.jpg
Jean Webster [Alice Jane (Chandler) Webster] (1876-1916: born July 24, 1876, Fredonia, N.Y., died June 11, 1916, New York, N.Y.)
 
original image: George Grantham Bain Collection (Library of Congress)

When Patty Went to College (1903)
     ・New York: Century, 1903―Project Gutenberg E-text  <http://www.gutenberg.org/etext/21639>
     ・New York: Grosett & Dunlap, 1903; rpt., 1915―MSN E-text  <http://www.archive.org/details/whenpattywenttoc00websiala>

The Wheat Princess (1905)
     ・New York: Century, 1905―Google E-text  <http://www.archive.org/details/dearenemy01websgoog>
<http://www.archive.org/details/wheatprincess00presgoog>
     ・London: Hodder and Stoughton, 1916[?]―MSN E-text  <http://www.archive.org/details/wheatprincess00websiala>

Jerry Junior (1907)
     ・New York: Century, 1907―Project Gutenberg E-text   <http://www.gutenberg.org/etext/20358>
     ・as Jerry.  London and New York: Hodder and Stoughton, n. d.―Gutenberg E-text  <http://www.gutenberg.org/etext/21264

The Four-Pools Mystery (1908)
     ・New York: Century, 1908―Project Gutenberg E-text  <http://www.gutenberg.org/etext/21264>
     ・New York: Century, 1098―MSN E-text  <http://www.archive.org/details/fourpoolsmystery00websiala>

     ・LibriVox recording of The Four-Pools Mystery <http://www.archive.org/details/four_pools_mystery_lb_librivox>

Much Ado about Peter (1909)
     ・New York: Doubleday, Page, 1909―Google E-text  <http://www.archive.org/details/muchadoaboutpet00compgoog>
     ・New York: Grosset & Dunlap, n. d.―Google E-text  <http://www.archive.org/details/muchadoaboutpet00compgoog>
     ・New York: Grosset & Dunlap, n. d.―MSN E-text  <http://www.archive.org/details/muchadoaboutpete00websiala>

Just Patty (1911)
     ・New York: Century, 1911; rpt―Project Gutenberg E-text  <http://www.gutenberg.org/etext/21048>
     ・New York: Grosset & Dunlap, n. d.―MSN E-text  <http://www.archive.org/details/justpatty00websrich>
     ・New York: Grosset & Dunlap, n. d.  <http://www.archive.org/details/dearenemy01websgoog>

Daddy-Long-Legs (October 1912)
     ・New York: Century, 1912―MSN E-text  <http://www.archive.org/details/daddylonglegs00websrich>
     ・New York: Century, 1912―Google E-text  <http://www.archive.org/details/daddylonglegs02websgoog>
     ・New York: Century, 1913―Google E-text  <http://www.archive.org/details/daddylonglegs00websgoog>
     ・London, 1913[?]―Project Gutenberg E-text  <http://www.gutenberg.org/etext/157>
     ・New York: Grosset & Dunlap, n.d [c1936]―Google E-text 
<http://www.archive.org/details/daddylonglegs01websgoog>
     ・New York: Grosset and Dunlap, Thrushwood Book, 1940[?])―Boston Public Library
<http://www.archive.org/details/daddylonglegs00webs> 〔with Introduction, 11-19〕
     ・Project Gutenberg Audio Book of Daddy-Long-Legs <http://www.archive.org/details/daddylonglegs19782gut>

     ・LibriVox recording of Daddy-Long-Legs <http://www.archive.org/details/daddy-long-legs_librivox>

Dear Enemy (1915)
     ・New York: Grosset & Dunlap, n.d.―Google E-text  <http://www.archive.org/details/dearenemy00websgoog>
     ・Project Gutenberg E-text  <http://www.gutenberg.org/etext/238>

     ・LibriVox recording of Dear Enemy <http://www.archive.org/details/dear_enemy_0710_librivox>


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ヴァッサー女子大1897年度新入生名簿 1897-98 Freshman Class of Vassar Female College [作家の肖像]

    日曜日は休日なのに朝から夕方まで仕事なので、眠る前に急いで書きとめて、間があかないようにしようと思い立ちました(って画像の処理に意外と手間取り・・・・・・)。今日は出席を取るだけで勘弁してください。1897-98年の「カタログ」の90ページの途中から95ページまでの "Freshman Class" の名簿(Class というのは「組」じゃなくて「学年」の意味ですね・・・・・・『あしながおじさん』で2年生の9月にサリー・マクブライドが "class president" に立候補して選ばれるのも「級長」ではなくて「学年」の長でした)。1年生の前は2年生で、名簿はSenior → Junior → Sophomore → Freshman の順、で、それぞれアルファベット順なのでした。ジーン・ウェブスターは、"Webster, Alice Jean Chandler" という本名で載っています。ウェブスターと同室となった、ジュディーのモデルになっているといわれる詩人の Adelaide Crapsey の名も、当然とはいえ、並んでいます。

Vassar1897FreshmanClass1.jpg

Vassar1897FreshmanClass2.jpg

Vassar1897FreshmanClass3.jpg

Vassar1897FreshmanClass4.jpg

 

 Vassar1897FreshmanClass5.jpg

Vassar1897FreshmanClass6.jpg

Thirty-Third Annual Catalogue of the Officers and Students of Vassar College, Poughkeepsie, N. Y.: 1897-98 <http://www.archive.org/details/annualcatalogue00collgoog>

///////////////////////////////////////////


Adelaide Crapsey (1878-1914)

"Adelaide Crapsey," Vassar Encyclopedia <http://vcencyclopedia.vassar.edu/alumni/adelaide-crapsey.html>

"Adelaide Crapsey," Wikipedia <http://en.wikipedia.org/wiki/Adelaide_Crapsey>

 


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

名前の訂正――ジェーンとジーン Change of Name: Jane and Jean [作家の肖像]

記事「ヴァッサー女子大1897年度新入生名簿 1897-98 Freshman Class of Vassar Female College」で、ジーン・ウェブスターは "Webster, Alice Jean Chandler" と本名で記載されていると書きましたが、それはAlice というファーストネームとチャンドラーというミドルネームも載っているのでついそう勘違いしたことに気づきました。本名はAlice Jane Chandelr Webster です。

Vassar1897FreshmanClass6detail.jpg
Thirty-Third Annual Catalogue of the Officers and Students of Vassar College, Poughkeepsie, N. Y.: 1897-98 (Poughkeepsie: A. V. Haight, November 1897), p. 95 <http://www.archive.org/stream/annualcatalogue00collgoog#page/n647/mode/2up>

  ジェーンをジーンに変えた事情については、日本語の『あしながおじさん』の訳書の解説等がこぞって書いている有名な話があり、それは自分も「ジェインとジーン Lady Jane and Jean Webster」で、さらなる勝手な推測とともに書きました。――

ウェブスターがこの前の記事「レイディー・ジェイン・グレイ・スクール Lady Jane Grey School」で書いたレイディー・ジェイン・グレイ・スクールというフィニッシング・スクールに、ヴァッサー女子大の前に入学したときに、同室にアリスという女子学生がいて、ウェブスターは大学当局(だか寮長だかわかりませんが)からミドル・ネームを用いるように求められます。しかし(ウェブスターには)Jane は "old-fashioned" に思われたために、それをJean に変えて、その後もそれで(つまり Jean Websterで)通すようになったといわれています。

  自分が典拠としたのは、少なくとも初期の邦訳者たちが参照したらしい、カヴァーの絵からして1930年代以降の、Grosset 社のリプリント版に付された無署名の "Introduction" です――Jean Webster, Daddy-Long-Legs (New York: Grosset and Dunlap, Thrushwood Book, 1940[?]) <http://www.archive.org/details/daddylonglegs00webs>。(ちなみに、この序文は、「『あしながおじさん』 Asa の謎 Asa Mystery」で書いたように、やはり初期の邦訳者たちがウェブスターの著作リストに入れている謎の "Asa" という作品を記載した記事でもありました。)

Jean Webster's real name was Alice Jane Chandler Webster, the Jane being after Mark Twain's mother.  When she went to college, her room-mate's name was also Alice, so Miss Webster was asked to take her second name.  But since to her Jane seemed a little old-fashioned, she changed it to Jean and ever after went by that name.  (12)

    読んだときには、ちょうど『あしながおじさん』で Jerusha ジェルーシャが Judy ジュ(ー)ディーに名を変えたように、呼び名として「ジーン」となったのかと思っていました(catalogue 以外の場所ではJudy です、とジュディーは書いていました)。しかし、どうやら、(それとともに)Alice Jane Chandler Webster が Alice Jean Chandler Webster になったのですね(つまり、アリスやチャンドラーは残ったまま)。

  どうも話にちょっとひねりというかねじれがあるような気がまたしてきました。

  もっともジェイン・グレイ・スクールではあくまで呼び名としてだけだったのかもしれませんが。

  ともかく、ヴァッサーに入ったときには、氏名を正式に Alice Jean Chander Webster としていたらしいことがうかがえます。思えば、Jane と Jean は(むろん後者は前者のvariant ですけれど)音が似ているだけでなく、ane が ean へ並び替わっただけで文字は同じですし、手書きの文書だったら気が付かずに見逃されてしまいそうな変更です(特にアメリカではw)。

  2年生のときも、やっぱり Alice Jean Chandler Webster でした(あたりまえ)。

WS000314.JPG
Thirty-Fourth Annual Catalogue of the Officers and Students of Vassar College, Poughkeepsie, N. Y.: 1898-99 (Poughkeepsie: A. V. Haight, December 1898), p. 90 <http://www.archive.org/stream/annualcatalogue00collgoog#page/n839/mode/1up> 〔この年は12月付で刊行されていました〕

    しかし・・・・・・人数減ってますねー。新たにリストに入ったSusan Wightman さんのような人もいますけれど。頭文字Wの姓の人が23人から17人になっています。

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

いつもあなたの――真にあなたの友である Yours Ever: Very Truly Yours [作家の肖像]

9時に起きて心に残るニッポンの歌を見ながら、CMを見て女の子の女の子による女の子のためのランドセルの優香の妹のような顔をした女の子は伊藤綺夏というんだということを調べた元旦です。本年もよろしくお願いします。昨年はカリフォルニアにいて時差もあったのであいさつとか考えていなかったような気がします。照れるなあ。

  『あしながおじさん』4年生12月14日の手紙で、ジュディーは夢の話を書きます。――

I dreamed the funniest dream last night.  I thought I went into a book store and the clerk brought me a new book named "The Life and Letters of Judy Abbott."  I could see it perfectly plainly―red cloth binding with a picture of the John Grier Home on the cover, and my portrait for a frontispiece with, "Very truly yours, Judy Abbott," written below.  But just as I was turning to the end to read the inscription on my tombstone, I woke up.  It was very annoying!  I almost found out who I'm going to marry and when I'm going to die. (Penguin Classics 112)
(昨晩とてもおかしな夢をみました。たぶん本屋に入ると、店員が新刊書をもってきて、それが「ジュディー・アボットの生涯と手紙」というのです。この目で完全にはっきりと見えたのです――赤いクロス装で、カバーにはジョン・グリアー・ホーム孤児院の写真が使われています、そして口絵にはわたしの肖像が載っていて、その下には「真にあなたの友である、ジュディー・アボット」と書かれていました。けれども、ページをしまいまでめくっていってちょうどお墓に刻まれた碑銘を読もうとしたところで、目が覚めました。あーん、じれったい! もうちょっとで、わたしが誰と結婚し、わたしがいつ死ぬのかがわかるところだったのに。)

   "Very Truly Yours" というのは、もちろん手紙の結句として "Yours" のあまたあるヴァリエーションのひとつですけれど、思えば、手紙だけでなく俳優やアイドルのブロマイド写真とかにも書き込まれますね。署名を書いて渡す写真が手紙の一種という感覚があるからなのかしら。

  ジーン・ウェブスターの故郷の Fredonia 近辺の地方紙に、死後に掲載された記事にはウェブスター直筆署名入りの写真が付されています。――

20CentralPomfretJeanWebste-modifiedC.jpg

  Yours ever と書かれ(自信90パーセント)、下にJean Webster と書かれた署名の終わりが切れていて、autograph 収集家のThomas Madigan だったら嘆いたかもしれません。つーか、自分も残念なのですけれど、ともかく署名&肖像&手紙結辞の3点セットです。

  正月なので書き写して訳もつけてみます。

JEAN WEBSTER, above, writer of a number of books for girls, was born at Fredonia in 1876, the daughter of Charles L. Webster, a young civil engineer and surveyor who married Ann Moffett, daughter of Samuel Clemens (Mark Twain's) sister, Pamela Clemens Moffett.  Mr. Webster later became Mark Twain's partner in a publishing business.  The family lived in the house on the corner of Central avenue and Temple streets [sic], now known as the Larson Memorial chapel.  This house was built in the early 19th century for Colonel Thomas Abell.  When Mr. Webster bought it he named it "Interstrassen" (between two streets), and it was here that his daughter Jean was born.
     Jean Webster was a graduate of Vassar, class of 1901, and class-mate of a number of well-known Dunkirk and Fredonia women.  In 1915 she married Glenn Ford McKinney of New York, and died in child-birth a year later, on June 11, 1916.
     Some of her books were "When Patty Went to College", "Just Patty", "The Wheat Princess", "Much Ado About Peter", "The Four Pools Mystery".  However, her best known work was the popular "Daddy Longlegs"[sic], which went through numerous printings, and was made into a silent movie starring Mary Pick[f]ord.―L. F. C.

ジーン・ウェブスター(上)は、少女向けの本を何冊も書いた作家で、1876年フレドニアにチャールズ・L・ウェブスターの娘として生まれた。父親のウェブスター氏は若い土木技師・測量士で、サミュエル・クレメンズ(マーク・トウェイン)ののパメラ・クレメンズ・モフェットの娘のアン・モフェットと結婚。のちに出版業でマーク・トウェインの共同経営者となった。一家はセントラル街とテンプル通りの交わる角の、現在ラーソン・メモリアル教会のあるところに住んでいた。この家はトマス・エーベル大佐のために19世紀はじめに建てられたもの。家を買い取ったウェブスター氏は「インターストラッセン」(2本の通りの間)と命名、この家で娘のジーンは生まれた。
  ジーン・ウェブスターはヴァッサーの1901年度卒業生で、何人かの著名なDunkirk とフレドニア出身の女性たちと同級生である。1915年にニューヨークのグレン・フォード・マッキニーと結婚し、一年後の1916年6月11日、産褥時に逝去した。
  女史の著作には『パティーが大学へ通ったころ』、『いかにもパティー』、『小麦姫』、『ピーター騒ぎ』、『フォープールズの謎』などがある。しかし彼女の最もよく知られた作品は、たいへん読まれた『あしながおじさん』で、多数の版を重ね、メアリー・ピックフォード主演のサイレント映画にもなった。

  最後の映画の言及で、この記事が1919年以降に書かれたもので、いわゆる obituary ではないことがわかります。フレドニアという地元関係の情報を書くのが筆者の頭にはあるわけで、そのへんで、トリヴィアなことがいくつか書かれている、ような気がします。

    ところでジュディーはジェルーシャ・アボットの名前を、リペット孤児院長により墓石と電話帳からとられたことになっていますが、1919年のサイレント Daddy-Little-Legs (邦題『孤児の生涯』)でそれは画像化いや映像化されています。――

WS000058Daddy-Long-Legs(1919).JPG

WS000059Daddy-Long-Legs(1919).JPG

   この人差し指は、リペット院長役の Milla Davenport の右手です。

WS000060Daddy-Long-Legs(1919).JPG

    ランプがあるので一枚だけメアリーさんの映像をば――

WS000138Daddy-Long-Legs(1919).JPG
Mary Pickford in Daddy-Long-Legs (1919)

  あと、ついでながら、"Truly yours"/"Yours truly" は、ちょっとした知人へ、"Yours very truly"/"Very truly yours" は、形式ばった丁寧さ、"Yours ever" は、親友間、というようにいちおう「親疎」の区別がされているようです。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

 

 

  追伸。すいません。朝雑煮を食べるために途中まで書いたのを「下書きに保存」したつもりだったのが後悔いや公開されてしまっていたようです。まことに失礼しました。

 


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

コバーンのマーク・トウェイン本 Mark Twain with Coburn's Photographs [作家の肖像]

アルヴィン・ラングドン・コバーンは、文学者たちの肖像写真(ポートレト)をたくさん撮っていて、1913年に Men of Mark (London: Duckworth)、1922年に More Men of Mark (London: Duckworth) という写真集を刊行しています。

  エズラ・パウンド Ezra Pound, 1885-1972 については、1922年の続篇のほうに、1916 年の渦巻主義の Vortograph ではなくてまともな(?)、でも1913年10月ロンドンのケンジントンで撮影したちょっとだけ古い写真を、載せています。――

Ezra_Pound(AlvinLangdonCoburn,1922).jpg
"III. Ezra Pound, Kensington, October 22nd, 1913," More Men of Mark (London: Duckworth, 1922)

  日本語のウィキペディア「エズラ・パウンド」が掲げている肖像です <http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A8%E3%82%BA%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89>。東洋風な趣きで、もしかしてキモノかと思うとスティッチがあって、ローブかよみたいな。

  スティーグリッツの写真雑誌 Camera Work に掲載された写真なども再掲されているようです。

466px-Alvin_Langdon_Coburn-Rodin.jpg
Rodin, Camera Work, No. 21 (1908); "IX Auguste Rodin, Meudon, April 21st, 1906. " More Men of Mark (London: Duckworth, 1922) 

431px-Alvin_Langdon_Coburn-Shaw.jpg
Bernard Shaw, Camera Work, No. 21 (1908); "I. G. Bernard Shaw, Welwyn, August 1st, 1904. " More Men of Mark (London: Duckworth, 1922) 

  いずれも英語のWikipedia "Alvin Langdon Coburn" より。

  なんとなく目に留まった、2004年春に The Mark Twain House and Museum が催したコバーンの展覧会 <https://marktwainhouse.org/menofmark/aboutcoburn/> のリストを引けばつぎのようです。――

The Artists (画家):
Max Beerbohm
Frank Brangwyn
William De Morgan
Roger Fry
Henry Matisse
William Nicholson
William Orpen
Auguste Rodin
John Singer Sargent
Charles Shannon
Max Weber
Clarence H. White
Playrights (劇作家):
H. Granville Barker
J.M. Barrie
Arnold Bennett
John Galsworthy
John Masefield
George Bernard Shaw
Poets & Essaysts (詩人・エッセイスト):
Hilaire Belloc
Robert Bridges
Edward Carpenter
George Meredith
George Moore
Arthur Symons
Herbert Trench
William Butler Yeats
Novelists & Social Critics (小説家・社会批評家):
G.K. Chesterton
William Dean Howells
Henry James
Andrew Lang
Mark Twain
H. G. Wells
Politicians (政治家):
Theodore Roosevelt

  33人の分野の分類はアバウトな感じがありますし、最後のローズヴェルトひとりで politicians と複数にしているのもよくわからず、2冊の写真集のおよそ半分くらいだと思うのですが、なんとなく感じはわかると思い、写しました。

  で、なんでマーク・トウェイン・ハウスがこんな展覧会をやったかというと、展覧会のタイトルとしては "A. L Coburn's Men of Mark: Pioneers of Modernism" (A・L・コバーンの「著名人」――モダニズムの先駆者たち)ということで、アイルランドの詩人イェイツのケルトの薄明とか、バリーのピーター・パンの映画とか、世紀の変わり目の写真術とか、マーク・トウェインとセオドア・ローズヴェルト(詳細不明・・・・・・なんとかしてマーク・トウェインをモダニズムとつなげたい気持ちはうかがわれますが)とかいうふうに、「モダニズム」がらみの講演や映画上映があったようなのですが(プログラムについて<https://marktwainhouse.org/menofmark/programinfo/> 参照)、直接的には写真集以前の1910年に、アルヴィン・ラングドン・コバーン撮影の写真をちりばめたマーク・トウェインの評伝が出版されていたからだと思われます。

  マーク・トウェイン Mark Twain [Samuel Clemens] (1835年11月30日 - 1910年4月21日)がハレー彗星とともにこの世に生を受け、ハレー彗星とともに去っていったというのは有名な話ですが、アルヴィン・ラングドン・コバーン Alvin Langdon Coburn (1882年6月11日 - 1966年11月23日)は最晩年のマーク・トウェインの、白い服で有名な姿をなかなかじっくり撮影していたのでした。

  で、この本です。――

  Archibald Henderson (1877-1963).  With photographs by Alvin Langdon Coburn.  Mark Twain.  New York: Frederick A. Stokes, 1910.  230pp.

     例の Kessinger の復刻本もありますし、他にもペーパーのリプリントがあるみたいですが、どうせ写真はモノクロでしょうから、――あと、ケッシンガーも1年前に「March 16 プレフォルストの女見霊者、2冊 The Seeress of Prevorst [擬似科学周辺]」で書いた一件以来、あんまり信用していません、図版に関する限り――本物の本が手に入らないようならば、本当に本物の e-text でよかではなかとでしょうか〔カリフォルニア州立大学ロサンゼルス校所蔵本〕。――<http://www.archive.org/stream/marktwainhenders00hendiala#page/n9/mode/2up>

  個人的には e-text のなかでも、Read-online のスタイルが気に入っています。pdf. のほうが鮮明でしょうが、重いですし、Kindle は・・・・・・金かかる(金取る)しめんどくさいw。7種類くらいe-text はあるのですが、ちゃんとコバーンの写真をツブサズ載せているのでした(また昔のことを思い出しましたけど、「November 26 メリーマウントのメイポールの挿絵について An Illustration of "The Maypole of Merry Mount" [本・読み物 reading books]」では挿絵の「カット」が判明しました。字も絵も大事だということがなんでわからないのでしょうか)。

  でも、この本については、Gutenberg が図版をスキャンして e-text 化していることがのちにわかりました〔Release Date: July 14, 2004 [EBook #6873]〕。――<http://ia301511.us.archive.org/3/items/marktwain06873gut/6873-h/6873-h.htm>

    でも、と逆接をつづけますが、結局、図版がどのようなかたちでどこに載っていたか、というのは、テクストの構成・組版が不明なのと同様に、グーテンベルク的な e-text 化ではわからんのですよね。あと、『あしながおじさん』で鮮明になったように、テクストの典拠が不明な場合が多いだけでなく、誤植・誤字を増幅している場合がままあります。

  やっぱり生身の本が好き。

  って、テーマはどこにw

AlvinLangdonCoburn-MarkTwain.jpg
Mark Twain, Stormfield, December 21st, 1908.

  この写真は1913年のMen of Mark (London: Duckworth) に所収のものです。1910年の伝記では、178ページと179ページのあいだ、第5章(最終章)"Philosopher, Moralist, Sociologist" (哲学者、道学者、社会学者)の冒頭に掲げられています <http://www.archive.org/stream/marktwainhenders00hendiala#page/n217/mode/2up>。

  本のほうは、写真に対してキャプションもテクストもなくて(サインはともかく "List of Illustrations" もない)、なんだかよくわからないのです。そーゆーのは著者と編集者の問題なんですかね。

frontpiece.jpg
Archibald Henderson, Mark Twain (New York: Frederick A. Stokes, 1910), frontispiece, image via Project Gutenberg <http://ia301511.us.archive.org/3/items/marktwain06873gut/6873-h/6873-h.htm>

//////////////////////////////////////

"National Portrait Gallery - Person - Alvin Langdon Coburn" <http://www.npg.org.uk/collections/search/person.php?LinkID=mp06800&role=art 〔12ページ、113枚のコバーン撮影(ないし撮影と推定される)肖像写真がありますが、残念ながら、8ページの途中からは currently unavailable です。でも大きい画面もあるし、おもしろい〕

"NYPL Digital Gallery | Results - Alvin Coburn" <http://digitalgallery.nypl.org/nypldigital/dgkeysearchresult.cfm?keyword=Alvin+Coburn> 〔2冊分全部載っているようです。すばらしい〕

 


nice!(4)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

イタコのセイラ Sarah Whitman as Spirit Medium [作家の肖像]

セイラ・ホイットマン Sarah Helen Power Whitman (1803-78) は、ポー Edgar Allan Poe (1809-49) の生涯をいろどる女性のひとりで、ポーより少し年長の女性詩人でした。ポーは死の前年の1848年にプロヴィデンスのスワン=ポイント墓地でホイットマンに求婚し、婚約を交わすまでになります。しかし1848年12月23日、ポーの飲酒に不安を感じたホイットマンが婚約を解消し、ロマンスは終焉します。ポーの姿を二度と見ることはなかったけれど、ホイットマンはポーの死後もポーに誠意を示して、『エドガー・ポーと批評家たち Edgar Allan Poe and His Critics』(1860)でポーの天才を擁護し、ポーの人と芸術に対する高い評価を訴えました(これは悪名高いグリズウォルドらによるポーの人格攻撃とは対照的なものでした)。

  そのセイラ・ホイットマンは、霊媒となって、死んだポーとの霊的交信を試みたとされています。

  モーリちゃんの父の秘密のコレクションから一枚――そしてたぶん話はつづくきます――

SarahWhitman,Medium-modified1600.jpg
Sarah Whitman, Spirit Medium 〔クリックで拡大〕


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

フランセス・ホジソン・バーネットの著作(仮) Frances Hodgson Burnett's Works [作家の肖像]

FrancesHodgsonBurnett(1888)byHerbertR.Barraud.jpg
Frances Hodgson Burnett (1849-1924: born November 24, 1849, Cheetham Hill, Manchester, England., died October 29, 1924, Plandome, N.Y., USA)  portrait by Herbert Rose Barraud (1888)

網羅的ではありませんが、とりあえずドラフト的につくっておきたいと思います。

That Lass o' Lowrie's (1877)
     ・New York: Scribner, Armstrong & Co., 1877――Google E-text  <http://www.archive.org/details/thatlassolowrie01burngoog>
     ・New York: Scribner, Armstrong & Co., 1877―Boston Public Library E-text  <http://www.archive.org/details/thatlassolowries00burn>
     ・Project Gutenberg E-text  <http://www.gutenberg.org/ebooks/25725>

Lindsay's Luck (1878) 
     ・New York: F. M. Lupton, 1878―MSN E-text  <http://www.archive.org/details/lindsaysluckfasc00burniala>

Haworth's (1879)
     ・New York: Charles Scribner's Sons, 1879―Google E-text [U of Michigan Library]  <http://www.archive.org/details/haworths00burngoog>
     ・New York: Charles Scribner's Sons, 1879―MSN E-text <http://www.archive.org/details/haworths00burniala>

Louisiana (1880)
     ・New York: Charles Scribner's Sons, 1880―Google E-text [New York Public Library]  <http://www.archive.org/details/louisiana00burngoog>
     ・New York: Charles Scribner's Sons, 1880―MSN E-text  [U of California Libraries] <http://www.archive.org/details/louisiana00burnrich>
     ・New York: Charles Scribner's Sons, 1880―MSN E-text  [Cornell University Library] <http://www.archive.org/details/cu31924021965706>

A Fair Barbarian (1881)
     ・New York: Charles Scribner's Sons, 1881―Google E-text [New York Public Library] <http://www.archive.org/details/afairbarbarian00burngoog>
     ・Rpt. New York: International Association of Newspapers and Authors, 1901―Google E-text  <http://www.archive.org/details/afairbarbarian01burngoog>
     ・Project Gutenberg E-text  <http://www.gutenberg.org/ebooks/9487>

Through One Administration (1883) 
    ・London: Frederick Warne, 1883, 3 volumes―Google E-text: Vol. I <http://www.archive.org/details/throughoneadmin04burngoog>
; Vol. II <http://www.archive.org/details/throughoneadmin03burngoog>; Vol. III <http://www.archive.org/details/throughoneadmin01burngoog>
    ・Boston: James R. Osgood, 1883, 1 volume―MSN E-text [Cornell University Library] <http://www.archive.org/details/cu31924022028777>
     ・Rpt. New York: Charles Scribner's Sons, 1912―MSN E-text [University of California Libraries] <http://www.archive.org/details/throughoneadmini00burniala>
     ・Rpt. New York: Charles Scribner's Sons, 1915―Google E-text [New York Public Library] <http://www.archive.org/details/throughoneadmin05burngoog>

Vagabondia (1884)
     ・Project Gutenberg E-text  <http://www.gutenberg.org/ebooks/25727
>

Little Lord Fauntleroy (1886)
     ・New York: Charles Scribner's Sons, 1886―MSN E-text [University of California Libraries  <http://www.archive.org/details/littlelordfauntl00burniala>
; <http://www.archive.org/details/lordfauntleroy00burnrich>
     ・Rpt. New York: Charles Scribner's Sons, 1917―MSN E-text [University of California Libraries]  <http://www.archive.org/details/littlelord00burnrich>
     ・Project Gutenberg E-text <http://www.gutenberg.org/ebooks/479>

     ・1936 Movie Little Lord Fauntleroy ―Feature Films @InternetArchive <http://www.archive.org/details/little_lord_fauntleroy>

     ・LibriVox recording of Little Lord Fauntleroy <http://www.archive.org/details/lord_fauntleroy_librivox>

Sara Crew; or What Happened at Miss Minchin's (1888)
     ・New York: Charles Scribner's Sons, 1888.  83pp.; London: Frederick Warne, 1888.
     ・Project Gutenberg E-text  <http://www.gutenberg.org/ebooks/137>; <http://www.gutenberg.org/ebooks/24772> 〔イラスト入り〕

The Fortunes of Philippa Fairfax (1888)
     ・London: Frederick Warne, 1888.

The Pretty Sister of San José (1889) 
    ・New York: Scribner's; London: Blackett, 1889.
     ・Project Gutenberg E-text  <http://www.gutenberg.org/ebooks/25726>

Little Saint Elizabeth, and Other Stories (1890) 
    ・New York: Scribner's; London: Frederick Warne, 1890.   

The Drury Lane Boys' Club (1892)
     ・Washington: Press of the Moon, 1892.

The One I Knew the Best of All: A Memory of the Mind of a Child (1893)
     ・New York: Charles Scribner's Sons, 1893―MSN E-text [University of California Libraries] <http://www.archive.org/details/oneiknewbestofal00burniala
>
     ・New York: Charles Scribner's Sons, 1893―Google E-text [University of Michigan Library] <
http://www.archive.org/details/oneiknewbestall01burngoog>

A Lady of Quality (1896)
     ・New York: Charles Scribner's Sons, 1896―Universal Digital Library E-text  <http://www.archive.org/details/ladyofquality003124mbp>
     ・Rpt.  New York: Grosset and Dunlap, 1913―Google E-text [University of Michigan Library] <http://www.archive.org/details/aladyqualitybei00burngoog>
     ・Project Gutenberg E-text  <http://www.gutenberg.org/ebooks/1550>

In Connection with the De Willoughby Claim (1899)
     ・New York: Charles Scribner's Sons, 1899―University of North Carolina at Chapel Hill E-text  <http://www.archive.org/details/inconnectionwith00burn>
     ・Rpt.  New York: American New Company, n. d., 445pp.―University of North Carolina at Chapel Hill E-text  <http://www.archive.org/details/inconnectionwith00burn>
     ・Project Gutenberg E-text  <http://www.gutenberg.org/ebooks/25810>

The Making of a Marchioness (1901)
     ・New York: Frederick A. Stokes, 1901 [Illustrated by C. D. Williams]―Google E-text [University of Michigan Library]  <http://www.archive.org/details/makingamarchion01burngoog>; MSN E-text [University of California Libraries] <http://www.archive.org/details/makingofmarchion00burniala>; MSN E-text [Robarts - University of Toronto] <http://www.archive.org/details/makingofmarchion00burnuoft>
     ・Project Gutenberg E-text  <>

A Little Princess:Being the Whole Story of Sara Crewe Now Told for the First Time (1905)
     ・New York: Charles Scribner's Sons, 1905; rpt. 1917 ―Boston Public Library E-text <http://www.archive.org/details/little_princess>
     ・Project Gutenberg E-text  <>

     ・LibriVox recording of A Little Princess  <http://www.archive.org/details/little_princess_krs>
     ・Project Gutenberg Audio Book <http://www.archive.org/details/alittleprincess19514gut>

     ・1937 Movie The Little Princess <http://www.archive.org/details/little_princess>

Queen Silver-Bell (1906)
     ・New York: Century, 1906.

The Shuttle (1907)
    
・New York: Frederick A. Stokes, 1907―MSN E-text [Robarts―University of Toronto] <http://www.archive.org/details/cu31924022053213>
     ・New York: Grosset & Dunlap, 1907―MSN E-text [Cornell University Library]  <http://www.archive.org/details/cu31924022053213>
     ・Project Gutenberg E-text  <http://www.gutenberg.org/ebooks/506>
     ・Rpt. in Persephone Book 71

     ・LibriVox recording of The Shuttle <http://www.archive.org/details/the_shuttle_1002_librivox>

The Secret Garden (1911)
      ・New York: Frederick A. Stokes, 1911―MSN E-text [University of Michigan Library] <http://www.archive.org/details/secretgarden00burngoog>; [New York Public Library 〔こちらのほうがイラストが保存されている〕] <http://www.archive.org/details/secretgarden00burn>
     ・Electronic Text Center, University of Virginia Library (Frederick A. Stokes版, イラスト入り) <http://etext.lib.virginia.edu/etcbin/toccer-new2?id=BurSecr.sgm&images=images/modeng&data=/texts/english/modeng/parsed&tag=public&part=all>
     ・Project Gutenberg E-text (Frederick A. Stokes版, イラスト入り) <http://ia301524.us.archive.org/0/items/thesecretgarden17396gut/17396-h/17396-h.htm>; (イラストなし) <http://www.gutenberg.org/ebooks/113>

     ・LibriVox recording of The Secret Garden [Read by Karen Savage] <http://www.archive.org/details/secret_garden_version2_librivox>
     ・LibriVox recording of The Secret Garden [Read by Kara Shallenberg] <http://www.archive.org/details/secret_garden_librivox>

The Lost Prince (1915)
     ・New York: Century, 1915―Google E-text [Harvard University Library] <http://www.archive.org/details/lostprince00compgoog>; MSN E-text [Robarts - University of Toronto] <http://www.archive.org/details/lostprince00burnuoft>; [University of California Libraries] <http://www.archive.org/details/lostprincefrance00burnrich>
     ・Toronto: William Briggs, 1915―MSN E-text [University of California Libraries] <http://www.archive.org/details/lostprince00burniala>
     ・Rpt.  New York and London: D. Appleton-Century Company, 1934―MSN E-text [New York Public Library] <http://www.archive.org/details/lostprince00burn>
     ・Project Gutenberg E-text  <http://www.gutenberg.org/ebooks/384>

     ・LibriVox recording of The Lost Prince [Read by Susan Umpleby] <http://www.archive.org/details/lost_prince_su_librivox>

The Little Hunchback Zia (1916)
     ・New York: Frederick A. Stokes, 1916―Google E-text [New York Public Library] <http://www.archive.org/details/littlehunchback00nichgoog>; Boston Public Library E-text <http://www.archive.org/details/littlehunchbackz00burn>
     
     ・Project Gutenberg E-text  <http://www.gutenberg.org/ebooks/5303>

The White People (1917)
     ・New York: Harper and Brothers, 1917―MSN E-text  <http://www.archive.org/details/whitepeople00burnrich>; MSN E-text [Robarts - University of Toronto] <http://www.archive.org/details/whitepeople00burnuoft>
     ・Project Gutenberg E-text  <http://www.gutenberg.org/ebooks/459>

m_July182C2008_DSC_0011-5a2f7.jpg
image 「July 18 秘密の庭 The Secret Garden

///////////////////////////////////////////

Project Gutenberg の Browse by Author のページ <http://www.gutenberg.org/browse/authors/b>から――

Burnett, Frances Hodgson, 1849-1924


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

フランセス・ホジソン・バーネットの自伝 The One I Knew the Best of All: A Memory of the Mind of a Child [作家の肖像]

『小公子 Little Lord Fauntleroy』 (1886) で一世風靡セピアとまではいわずとも19世紀末の男子ファッション界を席巻したバーネットですが、その数年後の1893年に自伝を執筆しています。『小公子』以前の彼女の作品は、Surly Tim and Other Stories (1877)、Haworth's (1879)、Louisiana (1880)、Through One Administration (1883) など、基本的には子供向けではなくて大人向けのものでしたが、その後Sara Crew; or What Happened at Miss Minchin's (1888)や、 Editha's Burglar: A Story for Children (1888)、Giovanni and the Other: Children Who Have Made Stories (1892) など、副題が子供向けのものであることを示すような本へのシフトを示しつつ、A Woman's Will or Miss Defarge (1887)やThe Pretty Sister of José (1889)など大人読者向けと考えられる作品も書いていくことになります。

  Gretchen Holbrook Gerzina が編集した Norton Critical Edition (2006) や同じノートン社から同じ編者が出した The Annnotated Secret Garden (2007) の年譜 (chronology) になぜ、この本の記載がないのかわけわかめなのですけれど、確かに出版されています。

The One I Knew the Best of All: A Memory of the Mind of a Child (1893)
     ・New York: Charles Scribner's Sons, 1893―MSN E-text [University of California Libraries] <http://www.archive.org/details/oneiknewbestofal00burniala
>
     ・New York: Charles Scribner's Sons, 1893―Google E-text [University of Michigan Library] <
http://www.archive.org/details/oneiknewbestall01burngoog>
    ・New York: Charles Scribner's Sons, 1893―MSN E-text [New York Public Library] <http://www.archive.org/stream/oneiknewbestofal00burn#page/n9/mode/2up>

oneiknewbestofal00burn_0010.jpg
frontispiece, illustration by Reginald B. Birch

    この本は次男のヴィヴィアン Vivian Burnett (長男のライオネル Lionel は1890年12月に16歳で病死)の書いた The Romantick Lady: The Life Story of an Imagination (1927) と並んで、Angelica Shirley Carpenter と Jean Shirley の書いた伝記 Frances Hodgson Burnett: Beyond the Secret Garden (1990) のソースとなっている本です。

////////////////////////////////

「バーネット年譜」 <http://www13.ocn.ne.jp/~m-room/burnett-note.html> 〔『緑の部屋』 <http://www13.ocn.ne.jp/~m-room/index.html> の中〕

"Frances Hodgson Burnett" <http://www.lib.utk.edu/refs/tnauthors/authors/burnett-f.html> 〔テネシー州ノックスヴィル(バーネットが最初のころに住んだ町)の the University of Tennessee の図書館による "Tennessee Authors: Past & Present" <http://www.lib.utk.edu/refs/tnauthors/> 内 (Biography と Bibliography)〕


nice!(0)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

女性作家の言祝ぎ A Celebration of Women Writers [作家の肖像]

「女性作家の言祝ぎ」と訳すのが適当かどうかはわかりませんが、A Celebration of Women Writers はペンシルヴェニア大学のメアリー・マーク・オッカーブルームさんが創った電子図書館で、あらゆる時代の女性の書き物を包括的に所蔵することをめざしています。著作権の切れた過去の著者のEテクストが無料で利用できます。(現在活躍する女性作家へのリンクもありますけど。)名前、国、人種、時代によって、ブラウズした検索したりできます。とくにマイナーな女性作家の作品はしばしば埋もれたり散逸したり無視されたりしがちだと思うのですが、この同じ一つの場所にみんな集まっていて、深みと広がりと多様性をもつサイト(=光景)は感動的で印象深い。

A Celebration of Women Writers, edited by Mary Mark Ockerbloom at University of Pennsylvania, is a comprehensive digital library of women’s writing throughout history.  E-texts of the past authors, copyright expired, are freely available.  (It has also links to contemporary women authors.)  You can browse or search by name, country, ethnicity, or time.  Minor women writers’ works are often buried and lost or dismissed; here they are gathered into one place, and the sight and the site is exciting and impressive with the depth and breadth and variety.

ADayonSkates,TheStoryofaDutchPicnic-frontpage.jpg

Hilda Van Stockum, A Day on Skates: The Story of a Dutch Picnic (New York: Harper, 1934), frontispiece [illustrated by the author].  <http://digital.library.upenn.edu/women/stockum/skates/skates.html>

////////////////////////

A Celebration of Women Writers <http://digital.library.upenn.edu/women/>

アメリカにいたころジーン・ウェブスターの著作のE-texts を調べていて行き当たっていたのでした(『カリフォルニア時間』2008.6.30 の「June 30 Pg4のミステリー――本の電子化について――The Four-Pools Mystery by Jean Webster (2)」。独自のE-texts と他のサイトのE-texts へのリンクを含んでいます。その、他のサイトで女性作家に集中しているものとして――

Emory Women Writers Resource Project <http://womenwriters.library.emory.edu/ewwrp/> [Emory]

Victorian Women Writers Project  <http://webapp1.dlib.indiana.edu/vwwp/welcome.do> [Indiana]

19th Century American Women Writers <http://www.lehigh.edu/~dek7/SSAWW/eTextLib.htm> 〔Society for the Study of American Women Writers〕

Digital Schomburg African American Women Writers of the 19th Century <http://digital.nypl.org/schomburg/writers_aa19/toc.html> 〔New York Public Library〕

 

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ロセッティのプロセルピーナ (4) Dante Gabriel Rossetti's Proserpina [作家の肖像]

[ここまでの流れ――「春を告げるもの A Herald of Spring (Walter Crane)」(2/6)、「あめんどう Almond――「春を告げるもの A Herald of Spring (Walter Crane)」のつづき」(2/6)、「アーモンドの花とツバメの壁紙 Almond Blossom and Swallow Wallpaper (Walter Crane)」(2/6)、「ペルセポネ(プロセルピーナ)の話(上)――春を告げるもの(ウォルター・クレイン)の余白に」(2/11)、「ペルセポネ(プロセルピーナ)の話(下)――春を告げるもの(ウォルター・クレイン)の余白に」(2/11)、(「花くらべ(上田敏 訳) Ueda Bin's Translation of a Poetry [Perdita's Catalogue of Flowers] from _The Winter's Tale_」(2/11)、「六粒の柘榴の種――母と娘のはなし(デーメテールとペルセポネ) "The Six Pomegranate Seeds" by Mary MacGregor (1910)」(2/12))、「ロセッティのプロセルピーナ (1) Dante Gabriel Rossetti's Proserpine」(2/12)、「ロセッティのプロセルピーナ (2) Dante Gabriel Rossetti's Proserpina [歌・詩 ]」(2/13)、「ロセッティのプロセルピーナ (3) Dante Gabriel Rossetti's Proserpina [歌・詩 ] 」(2/15)、「ウィリアム・シャープとロセッティ William Sharp and Dante Gabriel Rossetti」(2/17)――ウォルター・クレインが妻をモデルにして描いた絵『春を告げるもの』にプロセルピーナを幻視したついでに有名なラファエロ前派のダンテ・ゲイブリエル・ロセッティの『プロセルピーナ』を眺めています]

Rossetti_selbst.jpg
Dante Gabriel Rossetti, Self-Portrait (1847)

Hunt,WilliamHolman-Rossetti(1853).jpg
William Holman Hunt, Dante Gabriel Rossetti (1853) ハントによる肖像のどでかい画像はArt Renewal Center <http://www.artrenewal.org/pages/artwork.php?artworkid=11206&size=huge>

Rossetti,photobyLewisCarroll(1863).JPG
Rossetti (1863), from a photograph by Lewis Carroll [アリスのルイス・キャロルはラスキンやロセッティらと親交がありました。弟のWilliam Michael Rossetti の著わした Dante Gabriel Rossetti as Designer and Writer (London; New York: Cassell, 1889) の扉絵]

  ロセッティ (1828-82) とジェーン・モリス(ウィリアム・モリスの妻)については既に「ロセッティのプロセルピーナ (1) Dante Gabriel Rossetti's Proserpine」(2/12) で書きました。

Rossetti,JaneMorris.jpg
Rossetti, Jane Morris 1860ごろ?

JaneMorris (1865).jpg
Jane Morris (1865) photograph by Rossetti

Rossetti,JaneMorris,Reading(1870).jpg
Rossetti, Jane Morris, Reading (1871)

 

  ウィリアム・シャープは、ロセッティ自身が絵について解説した手紙(何枚目かの絵を購入した W. A. Turner 宛て)を引用しています。――

Although somewhat repetitive of what has already been said, the following extract from a letter by the artist relative to the replica belonging to Mr. Turner will be read with interest:―"The figure represents Proserpine as Empress of Hades.  After she was conveyed by Pluto to his realm, and became his bride, her mother Ceres importuned Jupiter for her return to earth, and he was prevailed on to consent to this, provided only she had not partaken any of the fruits of Hades.  It was found, however, that she had eaten one grain of a pomegranate, and this enchained her to her new empire and destiny.  She is represented in a gloomy corridor of her palace, with the fatal fruit in her hand.  As she passes, a gleam strikes on the wall behind her from some inlet suddenly opened, and admitting for a moment the light of the upper world; and she glances furtively toward it, immersed in thought.  The incense-burner stands behind her as the attribute of a goddess. The ivy-branch in the background (a decorative appendage to the sonnet inscribed on the label) may be taken as a symbol of clinging memory.”  The label referred to is a white scroll attached to the wall in the upper left [sic. right じゃないかと] corner, bearing upon it the already quoted sonnet in its Italian version with its woful ending, "Oimè per te, Proserpina infelice!"  On the base of the frame is written the quoted sonnet, and there is also the inscription (at any rate on Mr. Leyland's, and one or two others) Dante Gabriele Rossetti Ritrasse nel Capodanno del 1874.  (William Sharp, Dante Gabriel Rossetti, pp. 236-237).

  シャープは234ページで、"The original oil is in the possession of Mr. Leyland, and the replicas as follows: Mr. Turner's, 1877; Mr. Graham's, 1880; Mr. Hutton's (water-colour), 1880; oil belonging to Mr. Valpy, 1881; and another, I think in tinted crayons, belonging to Mrs. Morris." と書いていて、ターナーは1877年としているのでよくわからんのですけど(ちゃんと手紙も調べればわかるのでしょうが)、1874年の『プロセルピーナ』(The Complete Writings and Pictures of Dante Gabriel Rossetti: A Hypermedia Archhive によれば seventh version のoil replica)はこれです。――

Rossetti,Proserpina(1874,oil replica,7thvers.).jpg
Rossetti, Proserpina (1874)
これのズーム可能ページ <
http://www.rossettiarchive.org/zoom/s233.r-2.img.html> これはウィキペディアにもあるのだけれど、青みが少し強いです。ファイル:Dante Gabriel Rossetti - Proserpine.JPG

  「描かれた姿は冥界の女王としてのプロセルピーナです。プルートーの王国に連れてこられた彼女は彼の花嫁になりましたが、母親のセレスはジュピターに娘を地上に戻してくれと懇願します。説き伏せられたジュピターは、ハーデスの果実をひとつたりとも食していないことを条件に、同意する。しかし、彼女はザクロの実をひとつぶ食べてしまっていたことがわかり、そのために冥界という新たな帝国と運命に彼女は縛られることになります。王宮の暗い通廊で、宿命の果実を手にした彼女の姿を絵は表わしています。廊下を歩くと、不意にどこかの隙間から一条の光が彼女の背後の壁にさしこんできて、しばしのあいだ地上界の光をもたらすのです。彼女はその光を盗み見て、物思いに耽ります。傍らの香炉は女神であることの属性を示します。背景のツタの枝(ラベルに書かれたソネットの装飾的付属)は絡まる記憶の象徴ととられてもよい。」

 

〔14時前に追記〕
絵を購入したターナーさん宛ての手紙は1878年になってからでした。そして絵は1877年完成の sixth version でした(着手したのが1873年の秋なので、上の1874年の絵より「古い」)。それは前に貼った、Wikimedia にある、これです。――

Rossetti,Proserpine(1877).jpg
Rossetti, Proserpina (1877) 

////////////////////////////////

The Complete Writings and Pictures of Dante Gabriel Rossetti: A Hypermedia Archhive <http://www.rossettiarchive.org/index.html> 〔The Complete Writings and Pictures of Dante Gabriel Rossetti, edited by Jerome J. McGann

Watts,GeorgeFrederic_DanteGabrielRossetti(c1871).jpg
George Frederick Watts, Dante Gabriel Rossetti (c. 1871)

 

Rossetti(1862),fromphotobyDowney.jpg
Rossetti (1862), from a photograph by Downey [弟ウィリアムの編集した著作集の増補改訂版 Works of Dante Gabriel Rossetti (London: Ellis, 1911) の扉絵]

 


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ウィリアム・シャープとフィオナ・マクラウドの書誌 Partial Bibliography of William Sharp and Fiona Macleod [作家の肖像]

むかしカリフォルニアでつくりかけていたビブリオをUSBメモリースティック内に発見。奥さんが書いた伝記と戦後の研究書など数冊を参照してまとめた記憶がある。とりあえず「ウィリアム・シャープとロセッティ William Sharp and Dante Gabriel Rossetti」と「ロセッティのプロセルピーナ (4) Dante Gabriel Rossetti's Proserpina」で言及したロセッティの研究書だけリンクを張っておきます。あとはヒマにまかせてe-text にリンクを張ります。リンクを貼るたびに行間あけていきますw――

[William Sharp (1855-1905)]

“American Literature.”  Good Words 30 (June 1889): 56-71.

[Ed.]  American Sonnets.  Canterbury Series.  London: Walter Scott, 1889. <http://www.archive.org/stream/americansonnets00shar#page/n0/mode/2up> 〔「『アメリカのソネット』(ウィリアム・シャープ編, 1889) _American Sonnets_ (1889), ed. William Sharp」 (2012.1.7) 参照〕

“Cardinal Lavigerie’s Work in North Africa.”  Atlantic Monthly 74 (August 1894): 214-27.

“Celtic Literaturel.”  (With Ernest Rhys.)  Library of the World’s Best Literature, Ancient and Modern, ed. Charles Dudley Warner.  New York: International Society, 1896-97.  VIII: 3403-50.

“Chelsea Hospital and Its Inhabitants.”  Good Words 26 (November 1885): 705-11.

“The Child in Art.”  Realm December 15, 1894: 172-3.

The Children of To-morrow.  London: Chatto and Windus, 1889. <http://www.archive.org/stream/cu31924013546530#page/n5/mode/2up>

“The City of Beautiful Towers.”  Good Words 26 (May 1885): 320-6.

Dante Gabriel Rossetti: A Record and a Study.  London: Macmillan, 1882.<http://www.archive.org/stream/dantegabrielross00sharrich#page/n7/mode/2up> 〔「ウィリアム・シャープとロセッティ William Sharp and Dante Gabriel Rossetti」 (2011.2.17)参照〕

“The Dramas of Gabriele D’Annunzio.”  Fortnightly Review 74 (September 1900): 391-409.

“Dust and Fog.”  Good Words 24 (October 1883): 721-3.

Earth’s Voices: Transcripts from Nature; Sospitra and Other Poems.  London: Elliott Stock, 1884.

Ecce Puella and Other Prose Imaginings.  London: Elkin Matthews, 1896.

“Edward Burne-Jones.”  Fortnightly Review 70 (August 1898): 289-306.

Fair Women in Painting and Poetry.  Portfolio of Artistic Monographs, no. 7.  London: Seeley, 1896.

A Fellowe and His Wife.  (With Blanche Willis Howard.)  New York: Houghton-Mifflin, 1892.

Flower o’ the Vine.  Introductory note by Thomas Janvier.  New York: Webster, 1892.

[Ed.]  For a Song’s Sake and Other Stories, by Philip Bourke Marston.  Canterbury Series.  London: Walter Scott, 1887.

“Garden of the Sun I.”  Century 71 (March 1906): 663-81.

“Garden of the Sun II.”  Century 72 (May 1906): 37-54.

“George Meredith’s Reading of Earth.”  Scottish Art Review 1 (February 1889): 263-5.

The Gypsy Christ and Other Tales.  Carnation Series.  Chicago: Stone and Kimball, 1895.

“Hersart de la Villemarqué: The Heroic and Legendary Literature of Britany.”  Library of the World’s Best Literature, Ancient and Modern, ed. Charles Dudley Warner.  New York: International Society, 1896-97.  XXXVIII, 15377-91.

“The Hotel of the Beautiful Star.”  Harper’s 103 (October 1901): 673-9.

The Human Inheritance, The New Hope, Motherhood.  London: Elliott Stock, 1882.

“Icelandic Literature.”  Library of the World’s Best Literature, Ancient and Modern, ed. Charles Dudley Warner.  New York: International Society, 1896-97.  XX: 7865-95.

“In the Days of My Youth.”  Mainly About People.  November 14, 1900.  484-5.

“The Isle of Arran.”  Art Journal 47(July 1885): 205-8.

“Italian Poets of Today.”  Quarterly Review 196 (July 1902): 239-68.

“La Jeune Belgique.”  Nineteenth Century 34 (September 1893): 416-36.

“Lands of Theocritus.”  Harper’s 106 (April 1903): 802-10.

The Life and Letters of Joseph Severn.  London: Sampson, Lowe, and Marston, 1892.

Life of Browning.  Great Writers Series.  London: Walter Scott, 1890.

Life of Heinrich Heine.  Great Writers Series.  London: Walter Scott, 1888.

Life of Percy Bysshe Shelley.  Great Writers Series.  London: Walter Scott, 1887.

Literary Geography.  London: Pall Mall Publications, 1904.

“Maeterlinck.”  Academy.  March 19, 1892.  270.

“A Memory of Verona.”  Good Words. 

“Monte Oliveto and the Frescoes of Sodona: 1-II.”  Art Journal 46 (April-May 1884): 101-4, 133-6.

“Mr. George Meredith.”  Good Words 50 (July 1899): 477-82.

“Myths and Folklore of the Aryan Peoples.”  (With Ernest Rhys.)  Library of the World’s Best Literature, Ancient and Modern, ed. Charles Dudley Warner.  New York: International Society, 1896-97.  XXVI: 10522-42.

“A Note on Climate and Art.”  Modern Thought 3 (June 1881): 153-5.

“A Note on the Aesthetic Development of America.”  Scottish Art Review 2 (November 1889): 162-3.

“A Note on the Belgian Renascence.”  Chap-Book 4 (December 1895): 149-57.

Pagan Review.  1 (August [September] 1892).

[Ed.] The Poems of Eugene Lee-Hamilton.  Canterbury Series.  London: Walter Scott, 1903.

[Ed.]  The Poems of Swinburne.  Leipzig: Tauchnitz, 1901.

[Ed.]  The Poetical Works of Walter Scott.  Canterbury Series.  London: Walter Scott, 1885.

The Progress of Art in the Nineteenth Century.  London and Edinburgh: W. R. Chambers, 1902.

“Puvis de Chavannes.”  Art Journal 60 (December 1898): 377-8.

“Random Impressions from an Author’s Note-Book.”  Scottish Art Review 1 (January 1889): 237-40.

“Reminiscences of the Marble Quarries of Carrara.”  Good Words 31 (August 1890): 617-24.

Romantic Ballads and Poems of Phantasy.  London: Walter Scott, 1888.

Selected Writings of William Sharp.  (Uniform Edition Arranged by Mrs. William Sharp.)  5 vols.  London: Heinemann, 1912.

“The Sicilian Highlands.”  Atlantic Monthly 82 (September 1898): 375-83.

Silence Farm.  London: Grant Richards, 1899.

“Sir Edward Burne-Jones.”  Atlantic Monthly 82 (September 1898): 375-83.

“Some Personal Reminiscences of Walter Pater.”  Atlantic Monthly 24 (December 1894): 801-14.

“Some Personal Reminiscences of Christina Rossetti.”  Atlantic Monthly 75 (June 1895): 801-14.

[Ed.]  The Songs and Sonnets of Shakespeare.  Canterbury Series.  London: Walter Scott, 1885.

“The Sonnet in America.”  National Review 75 (April 1889): 199-201.

[Ed.]  The Sonnets of This Century.  Canterbury Series.  London: Walter Scott, 1886.

Sospiri di Roma.  Rome: Societa Laziale, 1891.

The Sport of Chance.  3 vols.  London: Hurst and Blackett, 1888.

“Thomas Hardy and His Novels.”  Forum 26 (July 1892): 583-93.

Vistas.  Green Tree Series.  Chicago: Stone and Kimball, 1894.

“William Morris: The Man and His Work.”  Atlantic Monthly 78 (December 18986): 775-90.

Wives in Exile: A Comedy in Romance.  London: Grant Richards, 1898.

 

[Fiona Macleod]

The Divine Adventure; Jona; By Sundown Shores.  London: Chapman, 1900.

The Dominion of Dreams.  London: Constable, 1899.

“A Field for Modern Verse.”  Dome (new series) 4 (March 1899): 207-10.

From the Hills of Dream.  2nd ed., rev.  Edinburgh: Patrick Geddes, 1896.

From the Hills of Dream, Threnodies, Songs, and Later Poems.  London: Heinemann, 1901.

Green Fire.  New York: Harper’s, 1896.

“The Irish Muse: 1-II.”  North American Review 179 (November-December 1904): 685-97, 900-12.

“The King’s Ring.”  Pall Mall Magazine 31 (May-June 1904): 36-48.

The Laughter of Peterkin.  London: Constable, 1895.

The Mountain Lovers.  Keynote Series.  London: John Lane, 1895.

Pharais.  Derbyshire: Frank Murray, 1894.

The Sin-Eater and Other Tales.  Edinburgh: Patrick Geddes, 1895.

The Washer of the Ford.  Edinburgh: Patrick Geddes, 1895.

The Winged Destiny: Studies in the Spiritual History of the Gael.  London: Chapman and Hall, 1904.

The Works of Fiona Macleod.  7 vols.  London: Heinemann, 1910-12.

 

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:学問
作家の肖像 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。