So-net無料ブログ作成

方向感 Sense of Direction [φ(..)メモメモ]

方向感覚ではない。方向感。だから、たぶん英語は、じつは、sense of direction ではなくて、direction sense かもしれぬ。違いは? わからんす。

11月16日(金)。野田首相のスピーチを、深夜にニュースで聞いた。――

かつて郵政総選挙のように、ワンポイントのイシューで選挙を戦ったこともありました。今回の総選挙の意義は、"2013年以降の日本の舵取りを、どの方向感で進めていくのか"、ということです。前へ進めるのか、政権交代の前に時計の針を戻して、古い政治へ戻るのか。「前へ進むか、後ろに戻るか」、これが問われる選挙だと思います。

「前へ進むか、後ろに戻るのか」。5つの政策分野を訴えをさせていただきたいと思います、。〔「「前へ進むか、後ろに戻るのか」野田首相、会見で五つの政策を掲げる」 BLOGOS <http://blogos.com/article/50431/?axis=b:123>

  前へ進むか、後ろに戻るか。そんな感覚かよ。ヤレヤレ。

  えーと、ナンタラ感という、わけのわからぬ日本語の記録として書いておるのですけれど、野田首相は、田中真紀子の問題に関連してさきごろも「方向感」という語を使用していたことを知りました。――

私は、方向感としては理解頂ける話だと思っておりますので、[田中大臣を]辞めさせるというようなことは、これはないと思います。きちっとご説明をしていくということが、何よりも大事だというふうに思っております。〔「野田総理「辞めさせない」眞紀子大臣続投を明言(11/10 20:54)」テレ朝ニュース <http://www.tv-asahi.co.jp/ann/news/web/html/221110033.html>

  
  さらに、10月に、「緊急経済対策 方向感が支離滅裂だ」という支離滅裂な発言をしていたのだと思ったら、どうやらこれは新聞社のコトバであったようなのであったのだ。――

野田佳彦首相が緊急経済対策づくりを指示した。景気減速が鮮明になってきたため、経済活性化を急ぐという。公債発行特例法案が成立せず財政支出を絞っている中で、支離滅裂な動きではないか。[以下略] 〔「緊急経済対策 方向感が支離滅裂だ」 東京新聞 TOKYO WEB 2012年10月22日<http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2012102202000107.html>

   スケジュール感やスピード感にとどまらず、進出しておったのね。「距離感」という、むかしからあることばだけれど、サッカーの実況・解説で、なんか使われ方が気になっていたこのごろであったのだけど。


タグ:方向感
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。