So-net無料ブログ作成
検索選択

決定機――実用日本語表現辞典 Decisive Chance: Practical Dictionary of Japanese Expression [辞書・辞典・事典類]

前に「決定機」という記事を書いたけれど、今日(4月28日深夜)テレビニュースを見ていたらサッカーのレポートでまた蹴って行き、いや決定機ということばが出てきて、頭にきてまた検索をかけた。あえて+辞書で検索してみた。そうしたら、「実用日本語表現辞典」というものに出くわすこととなったのでした。

 

  実用日本語表現辞典.JPG

<http://www.practical-japanese.com/2012/04/blog-post_2506.html>

「主に」の修飾があいまいなところが辞書としてはまずいと思われ。

  この辞典は特に力を注ぐ分野があるのだそうだ――

実用日本語表現辞典注力分野.JPG

<http://www.practical-japanese.com/p/blog-page_09.html>

  意外と不正確なのかもしれない。

  しかし、これもまた、『日本語俗語辞書』(「わけわかめ」<http://occultamerica2.blog.so-net.ne.jp/2010-11-06-2> 参照)のようにアメリカUrban Dictionary のような辞典に発展しうるかもしれない。

   しかし 用例とかも載せないと実用的ではないかもしれない。

///////////////////////////////////////

『実用日本語表現辞典』 <http://www.practical-japanese.com/>

『日本語俗語辞書 - 若者言葉・新語・死語・流行語』 <http://zokugo-dict.com/>

Urban Dictionary <http://www.urbandictionary.com/>

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

ポーが書評した本 (25) スザンナ・ウォーフィールドの『イロラー・デ・コーシー』 (1835) Books Reviewed by Poe (25): _Illorar de Courcy_ by Susanna Warfield [ポーの書評 Poe's Book Reviews]

続いて、ポーの最初期の批評(と想定されている文章)の中から、順番でいうと、雑誌紹介2篇に続く『サミュエル・ドル―伝』のつぎの『ナポレオン伝』のつぎの『万国著名裁判』のつぎの『ノー・フィクション――最近の興味深い事実に基づいた物語』 のつぎの『万国著名女性回顧録』のつぎの『感化力――道徳物語』のつぎの『英国海賊、追剥、盗賊伝』のつぎの『詩人の告白』のつぎの『花言葉』のつぎの『実践的教育』のつぎの『ハイランドの密輸人』のつぎの『ウァレリウス』 のつぎの『北へ東へカーネル・クロケットの旅の記』のつぎの記事(『サザン・リテラリー・メッセンジャー』誌1835年4月号 "Critical Notices" 459ページ)。

[Susanna Warfield].  Illorar de Courcy: An Auto-biographical Novel.  By Josiah Templeton, Esq. [pseud.]  2 vols.  Baltimore, William and Joseph Neal, 1835.  

〔スザンナ・ウォーフィールド著〕  『イロラー・デ・コーシー――自伝的小説』  ジョサイア・テンプルトン著 ボルティモア: ウィリアム・アンド・ジョーゼフ・ニール、1835年


  スザンナ・ウォーフィールド Susanna Warfield, 1797-1890は、メリーランド州のひとのようですが、くわしいことはわかりません。E-text も今のところ見つかりません。タイトルの読みもぜんぜんわかりませんw。筆名のジョサイアは男の名前です。自伝的小説と副題にあるのだけれど、そのへん(ジェンダー)の仕掛けなりリクツなりもわかりません。

  ポーの書評――

Illoraz [sic Illorar] de Courcy, an auto-biographical novel, by Josiah Templeton, Esq, 2 vols.  Baltimore, William and Joseph Neal.   We have looked at this book attentivelyfor we confess it was impossible to read it.  A glance over one or two pages will be sufficient to convince any reasonable person that it is a mere jumble of absurdities.  The gentleman should not have thrust his name (if it be not a nom de guerre,) into the title page.  [Southern Literary Messenger, April 1835, 459]

 (我々はこの本をしげしげと眺めた――というのは、告白するが、読むこと不可能だったからである。一、二ページ見れば、理性的なひとに得心されるのは、これが不条理の寄せ集めにすぎないということだ。紳士は彼の名を(もしも筆名でなかったら、のはなしだが)タイトルページに記すべきではなかった。)

  『サザン・リテラリー・メッセンジャー』誌の本文では "Illoraz" と誤植があり、第1巻の索引では "Illoray" と誤記されています。

090329[SusannaWarfield].jpg
Susanna Warfield, 1797-1890  
image via The Historical Society of Carroll County, MD <http://hscc.carr.org/index.htm>

 1820年代か30年代のものと思われる肖像を掲げている記事は、 "Warfield Once Well-known"
Carroll County Times article for 29 March 2009.  By Mary Ann Ashcraft です。<http://hscc.carr.org/research/yesteryears/cct2009/090329.htm>

 紙の辞書だと、 American Women Writers: A Critical Reference Guide, from Colonial Times to the Present 2nd ed. (St. James Press, 1999) にSusanna Warfield の記事があるらしいが未確認。

///////////////////////////////////////////////////

Susanna Warfield's Grave @ Find A Grave <http://www.findagrave.com/cgi-bin/fg.cgi?page=gr&GRid=39538588> 〔diana さんによる写真〕

"Susanna Warfield" Search by Catalyst @ Johns Hopkins University Libraries <https://catalyst.library.jhu.edu/?q=%22Warfield%2C+Susanna%2C+1797-1890%22&search_field=author> 〔日記が残っているらしい〕


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。