So-net無料ブログ作成

いつもあなたの――真にあなたの友である Yours Ever: Very Truly Yours [作家の肖像]

9時に起きて心に残るニッポンの歌を見ながら、CMを見て女の子の女の子による女の子のためのランドセルの優香の妹のような顔をした女の子は伊藤綺夏というんだということを調べた元旦です。本年もよろしくお願いします。昨年はカリフォルニアにいて時差もあったのであいさつとか考えていなかったような気がします。照れるなあ。

  『あしながおじさん』4年生12月14日の手紙で、ジュディーは夢の話を書きます。――

I dreamed the funniest dream last night.  I thought I went into a book store and the clerk brought me a new book named "The Life and Letters of Judy Abbott."  I could see it perfectly plainly―red cloth binding with a picture of the John Grier Home on the cover, and my portrait for a frontispiece with, "Very truly yours, Judy Abbott," written below.  But just as I was turning to the end to read the inscription on my tombstone, I woke up.  It was very annoying!  I almost found out who I'm going to marry and when I'm going to die. (Penguin Classics 112)
(昨晩とてもおかしな夢をみました。たぶん本屋に入ると、店員が新刊書をもってきて、それが「ジュディー・アボットの生涯と手紙」というのです。この目で完全にはっきりと見えたのです――赤いクロス装で、カバーにはジョン・グリアー・ホーム孤児院の写真が使われています、そして口絵にはわたしの肖像が載っていて、その下には「真にあなたの友である、ジュディー・アボット」と書かれていました。けれども、ページをしまいまでめくっていってちょうどお墓に刻まれた碑銘を読もうとしたところで、目が覚めました。あーん、じれったい! もうちょっとで、わたしが誰と結婚し、わたしがいつ死ぬのかがわかるところだったのに。)

   "Very Truly Yours" というのは、もちろん手紙の結句として "Yours" のあまたあるヴァリエーションのひとつですけれど、思えば、手紙だけでなく俳優やアイドルのブロマイド写真とかにも書き込まれますね。署名を書いて渡す写真が手紙の一種という感覚があるからなのかしら。

  ジーン・ウェブスターの故郷の Fredonia 近辺の地方紙に、死後に掲載された記事にはウェブスター直筆署名入りの写真が付されています。――

20CentralPomfretJeanWebste-modifiedC.jpg

  Yours ever と書かれ(自信90パーセント)、下にJean Webster と書かれた署名の終わりが切れていて、autograph 収集家のThomas Madigan だったら嘆いたかもしれません。つーか、自分も残念なのですけれど、ともかく署名&肖像&手紙結辞の3点セットです。

  正月なので書き写して訳もつけてみます。

JEAN WEBSTER, above, writer of a number of books for girls, was born at Fredonia in 1876, the daughter of Charles L. Webster, a young civil engineer and surveyor who married Ann Moffett, daughter of Samuel Clemens (Mark Twain's) sister, Pamela Clemens Moffett.  Mr. Webster later became Mark Twain's partner in a publishing business.  The family lived in the house on the corner of Central avenue and Temple streets [sic], now known as the Larson Memorial chapel.  This house was built in the early 19th century for Colonel Thomas Abell.  When Mr. Webster bought it he named it "Interstrassen" (between two streets), and it was here that his daughter Jean was born.
     Jean Webster was a graduate of Vassar, class of 1901, and class-mate of a number of well-known Dunkirk and Fredonia women.  In 1915 she married Glenn Ford McKinney of New York, and died in child-birth a year later, on June 11, 1916.
     Some of her books were "When Patty Went to College", "Just Patty", "The Wheat Princess", "Much Ado About Peter", "The Four Pools Mystery".  However, her best known work was the popular "Daddy Longlegs"[sic], which went through numerous printings, and was made into a silent movie starring Mary Pick[f]ord.―L. F. C.

ジーン・ウェブスター(上)は、少女向けの本を何冊も書いた作家で、1876年フレドニアにチャールズ・L・ウェブスターの娘として生まれた。父親のウェブスター氏は若い土木技師・測量士で、サミュエル・クレメンズ(マーク・トウェイン)ののパメラ・クレメンズ・モフェットの娘のアン・モフェットと結婚。のちに出版業でマーク・トウェインの共同経営者となった。一家はセントラル街とテンプル通りの交わる角の、現在ラーソン・メモリアル教会のあるところに住んでいた。この家はトマス・エーベル大佐のために19世紀はじめに建てられたもの。家を買い取ったウェブスター氏は「インターストラッセン」(2本の通りの間)と命名、この家で娘のジーンは生まれた。
  ジーン・ウェブスターはヴァッサーの1901年度卒業生で、何人かの著名なDunkirk とフレドニア出身の女性たちと同級生である。1915年にニューヨークのグレン・フォード・マッキニーと結婚し、一年後の1916年6月11日、産褥時に逝去した。
  女史の著作には『パティーが大学へ通ったころ』、『いかにもパティー』、『小麦姫』、『ピーター騒ぎ』、『フォープールズの謎』などがある。しかし彼女の最もよく知られた作品は、たいへん読まれた『あしながおじさん』で、多数の版を重ね、メアリー・ピックフォード主演のサイレント映画にもなった。

  最後の映画の言及で、この記事が1919年以降に書かれたもので、いわゆる obituary ではないことがわかります。フレドニアという地元関係の情報を書くのが筆者の頭にはあるわけで、そのへんで、トリヴィアなことがいくつか書かれている、ような気がします。

    ところでジュディーはジェルーシャ・アボットの名前を、リペット孤児院長により墓石と電話帳からとられたことになっていますが、1919年のサイレント Daddy-Little-Legs (邦題『孤児の生涯』)でそれは画像化いや映像化されています。――

WS000058Daddy-Long-Legs(1919).JPG

WS000059Daddy-Long-Legs(1919).JPG

   この人差し指は、リペット院長役の Milla Davenport の右手です。

WS000060Daddy-Long-Legs(1919).JPG

    ランプがあるので一枚だけメアリーさんの映像をば――

WS000138Daddy-Long-Legs(1919).JPG
Mary Pickford in Daddy-Long-Legs (1919)

  あと、ついでながら、"Truly yours"/"Yours truly" は、ちょっとした知人へ、"Yours very truly"/"Very truly yours" は、形式ばった丁寧さ、"Yours ever" は、親友間、というようにいちおう「親疎」の区別がされているようです。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

 

 

  追伸。すいません。朝雑煮を食べるために途中まで書いたのを「下書きに保存」したつもりだったのが後悔いや公開されてしまっていたようです。まことに失礼しました。

 


貧しい、干からびた説教(またピープス)―――『あしながおじさん』のなかのサミュエル・ピープス(8)   Poor, Dry Sermon (Pepys Again): Samuel Pepys in Daddy-Long-Legs (8)  [Daddy-Long-Legs]

『あしながおじさん』4年生2月15日付けの手紙に付された「日曜日」の手紙(の前段)。日曜の礼拝から戻ってきたジュディーは、牧師の説教についてコメントします。――

WS000346.JPG

  Just back from church―preacher from Georgia.  We must take care, he says, not to develop our intellects at the expense of our emotional natures―but methought it was a poor, dry sermon (Pepys again).  It does n't matter what part of the United States or Canada they come from, or what denominaton they are, we always get the same sermon.  Why on earth don't they go to men's colleges and urge the students not to allow their manly natures to be crushed out by too much mental application?
(いまさっき礼拝から戻ったところです――ジョージアから来た牧師さんの説教でした。わたしたちは情緒的本性を犠牲にして知性を発達させることのないように注意しなければならない、というのです――さりながら、我思うに、貧しい、干からびた説教であった(またピープス)。合衆国でもカナダでもどこの地域から来ようが、あるいは宗派がなんだろうが関係なく、わたしたちは同じ説教を聞かされます。いったい、どうしてあのかたたちは、男子大学に行って、過度の知的傾注によって男性性をしぼりとられないようにしなさいと説得しないのでしょうか?)

  ここで "church" は「教会」の意味ではなくて「礼拝」 (service) の意味でしょう。大学内のチャペルで日曜日の説教が行なわれるのだと考えられます。(自信60パーセント)

  ピープスはLord's day (日曜日)には毎週説教を聞いて、 "good sermon" とか "excellent sermon" とか "eloquent sermon" とか "flattering sermon" とか "gallant sermon" とか "honest sermon" とか "indifferent sermon" とか "impertinent sermon" とか "cold sermon" とか "dull sermon" とか、あるいはさらに形容詞を増やして、 "lazy poor sermon"  (1659年1月22日)とか、"good honest sermon" (1660年2月5日)とか、"tedious long sermon" (1660年8月26日)とか "poor dull sermon" (1661年1月27日)とか "boyish young sermon" (1661年12月21日)とか書いたりもします。ただ説教を聞いたとだけ書き記している場合も多いのですけれど。(変わったヴァリエーションとして、"a good honest and painfulll sermon" (1661年3月17日)。"a lazy sermon, like a Presbyterian" (1661年4月14日, Easter)。"a sad sermon, full of nonsense and false Latin" (1662年4月27日)。いちばん形容詞が多いのは1661年2月17日の "A most tedious, unreasonable, and impertinent sermon, by an Irish Doctor" かも)。

                               DIARY OF SAMUEL PEPYS.                                 October 1660 

7th (Lord's day).  To White Hall on foot, calling at my father's to change my long black cloak for a short one (long cloaks being now quite out); but he being gone to church, I could not get one, and therefore I proceeded on and came to my Lord before he went to chapel and so went with him, where I heard Dr. Spurstow preach before the King a poor dry sermon; but a very good anthem of Captn. Cooke's afterwards.  Going out of chapel I met with Jack Cole, my old friend (whom I had not seen a great while before), and have promised to renew acquaintance in London together.  To my Lord's and dined with him; he all dinner time talking French to me, and telling me the story how the Duke of York hath got my Lord Chancellor's daughter with child, and that she, do lay it to him, and that for certain he did promise her marriage, and had signed it with his blood, but that he by stealth had got the paper out of her cabinet.  And that the King would have him to marry her, but that he will not.  So that the thing is very bad for the Duke, and them all; but my Lord do make light of it, as a thing that he believes is not a new thing for the Duke to do abroad.  Discoursing concerning what if the Duke should marry her, my Lord told me that among his father's many old sayings that he had wrote in a book of his, this is one--that he that do get a wench with child and marry her afterwards is as if a man should----in his hat and then clap it on his head.  I perceive my Lord is grown a man very indifferent in all matters of religion, and so makes nothing of these things.  After dinner to the Abbey, where I heard them read the church-service, but very ridiculously, that indeed I do not in myself like it at all.  A poor cold sermon of Dr. Lamb's, one of the prebends, in his habit, came afterwards, and so all ended, and by my troth a pitiful sorry devotion that these men pay.  So walked home by land, and before supper I read part of the Marian persecution in Mr. Fuller.  So to supper, prayers, and to bed.

 

   スパーストウ博士が国王の前で "poor dry sermon" をしたけれど、そのあとのキャプテン・クック(誰やねん)の讃美歌はたいへんよかった、と書かれています。チャペルをあとにして my Lord (エドワード・モンタギュー)と一緒に昼を食べて (dined)、昼食のあいだずっと (all dinner) モンタギューがフランス語をしゃべっていたとも。そしてモンタギューは宗教的な問題に関心を失なっていることが記されていますけれど、ピープスは午後にまた教会 (Abbey=Westminster Abbey)に行って聞いたラム博士の "poor cold sermon" が言及されます。dry も cold もダメですが、 "hot sermon" というのはホメことばのようです(いつの日記か忘れました)。

  poor と dry のあいだのコンマの挿入はジュディー=ジーンによる編集と思われます。うーん。あんまり深い意味はないような。なんで入れたのでしょう。形容詞のたたみかさねは、論理と集合を書き手がどう考えるかによるのでしょうけれど(インフォーマルな文章でコンマが落ちがちなのは事実です)。Methought とか擬古的な感じが強いので、さらっと読まれないようにちょっと重々しさを出したかったのかしら。

    あ、いま検索をe-text でかけていたら、別の日記エントリーがヒットしました――

          DIARY OF SAMUEL PEPYS.
            May 1661

12th.  My wife had a very troublesome night this night and in great pain, but about the morning her swelling broke, and she was in great ease presently as she useth to be.  So I put in a vent (which Dr. Williams sent me yesterday) into the hole to keep it open till all the matter be come out, and so I question not that she will soon be well again.  I staid at home all this morning, being the Lord's day, making up my private accounts and setting papers in order.  At noon went with my Lady Montagu at the Wardrobe, but I found it so late that I came back again, and so dined with my wife in her chamber.  After dinner I went awhile to my chamber to set my papers right.  Then I walked forth towards Westminster and at the Savoy heard Dr. Fuller preach upon David's words, "I will wait with patience all the days of my appointed time until my change comes; " but methought it was a poor dry sermon.  And I am afeard my former high esteem of his preaching was more out of opinion than judgment.  From thence homewards, but met with Mr. Creed, with whom I went and walked in Grayes-Inn-walks, and from thence to Islington, and there eat and drank at the house my father and we were wont of old to go to; and after that walked homeward, and parted in Smithfield: and so I home, much wondering to see how things are altered with Mr. Creed, who, twelve months ago, might have been got to hang himself almost as soon as go to a drinking-house on a Sunday

                           

  こちらが引用元ですね、明らかに。でもコンマはないっす。それはそれとしてダヴィデの言葉(ちょっと自分は無知ですぐに調べがつきません)として "I will wait with patience all the days of my appointed time until my change comes;" とあって、セミコロンが引用符の内側にあってつぎのbut 節につながっているのは、なんかイレギュラーが感じがします。英国式の句読法なのかしら。

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ 

////////////////////////

付記

1) この手紙でほのめかされている女子(高等)教育への偏見については別の記事を書きます。

    ⇒ 2010年1月11日追記――「女性の高等教育への偏見――貧しい、干からびた説教 (2) Prejudice toward Women's Higher Education: Poor, Dry Sermon (2)」を書きました。

2) アメリカの大学での宗教(教育)問題についてはもしかすると別の記事を書けるかもしれません。

 


最も誠実にして忠順、徳義に篤く素直なしもべたるJ・アボット――『あしながおじさん』のなかのサミュエル・ピープス(9)  Your Most Loyall, Dutifull, Faithfull Servant, J. Abbott: Samuel Pepys in Daddy-Long-Legs (9) [Daddy-Long-Legs]

『あしながおじさん』4年生2月の日曜日の手紙の後半です。

WS000347.JPG

     It's a beautiful day―frozen and icy and clear.  As soon as dinner is over, Sallie and Julia and Marty Keene and Elenor Pratt (friends of mine, but you don't know them) and I are going to put on short skirts and walk 'cross country to Crystal Spring Farm and have a fried chicken and waffle supper, and then have Mr. Crystal Spring drive us home in his buckboard.  We are supposed to be inside the campus at seven, but we are going to stretch a point to-night and make it Eight.
       Farewell, kind Sir. 
       I have the honour of subscribing myself,
               Your most loyall, dutifull, faithfull
                    and obedient servant,
                                            J.  ABBOTT.
 (すばらしい日です――霜と氷と澄んだ空気。昼食が終わりしだい、サリーとジュリアそしてマーティー・キーンとエリナー・プラット(ふたりともわたしの友だちですけど知りませんよね)とわたしは、ショート・スカートをはいて、田舎道を「クロスカントリー」でクリスタル・スプリング農場まで歩いてって、そこでフライドチキンとワッフルを夕食にいただくつもりです。帰りはクリスタル・スプリング氏に荷馬車で送ってもらいます。7時にはキャンパスに戻ってないといけないのですが、今宵はちょっと延長して、8時にします。

寛大なるサァ、これにて失礼つかまつります、
御許に我が身を仕えまいる栄誉に浴しつつ、 
最も誠実にして忠順、徳義に篤く素直なしもべたる、
J・アボット)
  この手紙の長々しい結辞は、サミュエル・ピープスの日記からとられています。ただし、日記の中に引用されている他者の手紙からです。1660年5月4日の日記で、事務的な仕事を書きとめたなかにまず自分の短い手紙が引かれ、それから、国王宛の手紙の添削を、Captain Itham が連れてきたある紳士 (gentleman) に頼まれたのを、覚えている限りで書き留める、というかたちで仰々しい文章が引用されているのです。――

                     DIARY OF SAMUEL PEPYS.                                

                        MAY  1660 

4th.  I wrote this morning many letters, and to all the copies of the vote of the council of war I put my name, that if it should come in print my name maybe at it.  I sent a copy of the vote to Doling, inclosed in this letter:     

"SIR,     
"He that can fancy a fleet (like ours) in her pride, with pendants    
loose, guns roaring, caps flying, and the loud 'Vive le Roys,'
     
echoed from one ship's company to another, he, and he only, can
    
apprehend the joy this inclosed vote was received with, or the
    
blessing he thought himself possessed of that bore it, and is
                                   

                                      "Your humble servant."

      About nine o'clock I got all my letters done, and sent them by the messenger that came yesterday.  This morning came Captain Isham on board with a gentleman going to the King, by whom very cunningly, my Lord tells me, he intends to send an account of this day's and yesterday's actions here, notwithstanding he had writ to the Parliament to have leave of them to send the King the answer of the fleet.  Since my writing of the last paragraph, my Lord called me to him to read his letter to the King, to see whether I could find any slips in it or no.  And as much of the letter as I can remember, is thus: 

     "May it please your Most Excellent Majesty," and so begins. 

    
"That he yesterday received from General Monk his Majesty's letter and direction; and that   General  Monk had desired him to write to the Parliament to have leave to send the vote of the seamen before he did send it to him, which he had done by writing to both Speakers; but for his private satisfaction he had sent it thus privately (and so the copy of the proceedings yesterday was sent him), and that this come by a gentleman that came this day on board, intending to wait upon his Majesty, that he is my Lord's countryman, and one whose friends have suffered much on his Majesty's behalf.  That my Lords Pembroke and Salisbury are put out of the House of Lords. That my Lord is very joyful that other countries do pay him the civility and respect due to him; and that he do much rejoice to see that the King do resolve to receive none of their assistance (or some such words), from them, he having strength enough in the love and loyalty of his own subjects to support him.  That his Majesty had chosen the best place, Scheveling, for his embarking, and that there is nothing in the world of which he is more ambitious, than to have the honour of attending his Majesty, which he hoped would be speedy.  That he had commanded the vessel to attend at Helversluce till this gentleman returns, that so if his Majesty do not think it fit to command the fleet himself, yet that he may be there to receive his commands and bring them to his Lordship.  He ends his letter, that he is confounded with the thoughts of the high expressions of love to him in the King's letter, and concludes,  

      "Your most loyall, dutifull, faithfull and obedient subject and servant, E. M." 

     The rest of the afternoon at ninepins.  In the evening came a packet from London, among the rest a letter from my wife, which tells me that she has not been well, which did exceedingly trouble me, but my Lord sending Mr. Cook at night, I wrote to her and sent a piece of gold enclosed to her, and wrote also to Mrs. Bowyer, and enclosed a half piece to her for a token.  After supper at the table in the coach, my Lord talking concerning the uncertainty of the places of the Exchequer to them that had them now; he did at last think of an office which do belong to him in case the King do restore every man to his places that ever had been patent, which is to be one of the clerks of the signet, which will be a fine employment for one of his sons.  After all this discourse we broke up and to bed.      In the afternoon came a minister on board, one Mr. Sharpe, who is going to the King; who tells me that Commissioners are chosen both of Lords and Commons to go to the King; and that Dr. Clarges is going to him from the Army, and that he will be here to-morrow.  My letters at night tell me, that the House did deliver their letter to Sir John Greenville, in answer to the King's sending, and that they give him L500 for his pains, to buy him a jewel, and that besides the L50,000 ordered to be borrowed of the City for the present use of the King, the twelve companies of the City do give every one of them to his Majesty, as a present, L1000. <ftp://ftp.archive.org/pub/etext/4/2/0/4200/4200.txt >

   実は手紙の本文は引用符のなかに入っているけれどもほぼ内容の要約のようであり(まあ、いくらなんでも小説じゃないんだから、全文を復元してみせる記憶力があるはずもないですが)、ピープスの地の文 "He ends his letter, that he is confounded with the thoughts of the high expressions of love to him in the King's letter, and concludes," (彼は、国王の手紙に示されている自分に対する高貴な親愛の表現に戸惑っていると手紙を結び、結辞として次のように書く)が入り込んでもいます。
  しかし手紙の書き出しの "May it please your Most Excellent Majesty" と結びの "Your most loyall, dutifull, faithfull and obedient subject and servant, E. M." は、記憶にあるかぎりでの直接「引用」と考えていいのだと思います。
  そして、思い出していただくと、頭の "May it please your Most Excellent Majesty" は、サミュエル・ピープスへの言及と引用に満ちた2月15日付の手紙プラス日曜日の手紙の、はじめに使われていたのでした。――
Daddy-Long-Legs (Century, 1912) 266-7.JPG
WS000346.JPG
  だから、リクツっぽく書くと、2月15日と数日後の日曜日に書かれたジュディーの手紙の頭書きと結辞は、1660年5月4日のピープスの日記に引用された手紙の頭書きと結辞の引用ですが、それはピープス(から)の引用であると同時にピープス(の日記)に引用された(手紙の)引用の引用なのでした。
  そして、よく見ると、Feb. 15th と書いたあとに(ということは既に15日に) "May it please your Most Excellent Majesty," と書かれていたのだから、日曜日の結辞を既に15日に見越していた、ということになります。だからなに?w
*************************
  なお、前に「デートと万年カレンダー――ジュディーの誕生日  Dates and the Perpetual Calendar: Judy's Birthday」 [2009/08/30]と「デートと万年カレンダーによるジュディーの誕生日の推定はほんとにあっていたのか? Was the Supposition of Judy's Birthday from Dates and the Perpetual Calendar True[2009/12/04]で書いたように、少なくともジュディーが卒業する年のカレンダーの3月は、(1) ジーン・ウェブスター自身が卒業した1901年と (2) 『あしながおじさん』が出版される1912年と重なるのでしたが、それぞれの年の2月のカレンダーはつぎのようです。――
 1901年  February
SuMoTuWThFrSa
__________12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728____

 

1912年   February

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  

 

//////////////////////////////////////

E-text Works by Samuel Pepys at Project Gutenberg <http://www.gutenberg.org/browse/authors/p#a1181>

1660年の日記 <http://infomotions.com/etexts/gutenberg/dirs/4/1/2/4125/4125.htm>

The Samuel Pepys Club 

"Friday 4 May 1660" The Diary of Samuel Pepys <http://www.pepysdiary.com/archive/1660/05/04/>

 

 

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

 

どなたか押してくださらんだろうかw

 

にほんブログ村 本ブログ 洋書へ

 



 




3月5日の手紙 The Letter of March Fifth [Daddy-Long-Legs]

サミュエル・ピープスへの言及にみちていた4年生2月の手紙のつぎは翌月3月5日の手紙です。4年ともなるとジュディーも落ち着いてきて月に一通のペースで書くようになってしまっていますが、それはこのあとのクライマックスにむかって印象的な手紙を集中的にじっくり書く(作家がです)ということのほかに、(1) 手紙に書かれていない時間の経過のなかでジュディーが成長を示し(なかなかあやうい感じもしますが)、(2) 手紙が減ることでジャーヴィー坊ちゃまは不安と疎外感を増すかもしれず、いや、そんなことは最初の読者は知らないことですけれど、なんとなしにサスペンスが漂うような気もします(うそかも)。

  あー、そう適当なことを書いていて思い出したのでけれど、3年生の冬に(冬から?)、ジャーちゃんは「あしながおじさん」としてでなくジャーヴィスとして手紙をジュディーに書き送るようになっているようですし("I have been receiving beautiful long letters this winter from Master Jervie (with typewritten envelopes so Julia won't recognize the writing)" (「わたし[ジュディー]はこの冬、マスター・ジャーヴィーからすてきな長い手紙を受け取っています(ジュリアが筆跡でわからないようにタイプで打った封筒に入れて」)[3年生3月22日ごろの手紙: Penguin Classics 13])、同時にサリー・マクブライドの兄でプリンストン大学の学生のジミーも毎週のようにジュディーに手紙を書いていた(いる)ようです("And every week or so a very scrawly epistle, usually on yellow tablet paper, arrives from Princeton")[同じ3年3月の手紙]。このふたりとの手紙のやりとりは、ジュディーからあしながおじさんへの手紙にはもちろん引用されずに、ずっと続いているのだと考えられます(だって二人は恋のライヴァルだから)。

  と、書いて、なんでこんな(4年生の3月まで)進んでしまったのだろう、となぜの嵐が????? ま、クライマックスへ行く前に戻りますわ~。

  3月5日の手紙は、既に前に「デートと万年カレンダー――ジュディーの誕生日  Dates and the Perpetual Calendar: Judy's Birthday」で触れたように、大学生活の終わりが近づきつつあるジュディーが、4年前の「ブルー・ウェンズデー」を思い起こし、ジョン・グリアー・ホーム(孤児院)をあらためて考える内容を含んでいます。

  自己剽窃します。――

  ペンギン・クラシックス版だと118ページ、4年生の3月5日の手紙です。この手紙の冒頭で、明日が3月最初の水曜日ということで、孤児院ジョン・グリアー・ホームを思い起こすわけです。それで、出だしも「おじさん」宛てではなくて「理事(評議員)さま」宛てです――

                                                                March Fifth

Dear Mr. Trustee,

     To-morrow is the first Wednesday in the month―a weary day for the John Grier Home.  How relieved they'll be when five o'clock comes and you pat them on the head and take yourselves off!  Did you (individually) ever pat me on the head Daddy?  I don't believe so―my memory seems to be concerned only with fat Trustees.
     Give the Home my love, please―my truly love.  I have quite a feeling of tenderness for it as I look back through a haze of four years.  When I first came to college I felt quite resentful because I'd been robbed of the normal kind of childhood that the other girls had had; but now, I don't feel that way in the least.  I regard it as a very unusual adventure.  It gives me a sort of vantage point from which to stand aside and look at life.  Emerging full grown, I get a perspective on the world, that other people who have been brought up in the thick of things, entirely lack.  (Penguin Classics, pp. 118-119)
(3月5日/理事さま
  明日は月の第一水曜日――ジョン・グリアー・ホームでは憂鬱な日です。5時になって理事さんたちがみんなの頭をなでて立ち去ったときに皆はどれほどほっとすることでしょう! 理事さん(ご自身)は、私の頭をなでてくださったことがありましたか、おじさま? 私にはそうは思えませんけれど――記憶にあるのはみな太った理事さんたちばかりのようなのです。
  ホームへ私の愛をお伝えいただければと存じます――本気の愛です。4年間の霞をとおして振り返ると、ホームに対するほんとうに優しい気持ちを感じます。大学へきたてのころ私はほんとに腹をたてていました。なぜってほかの女の子たちにあった正常な子供時代が自分には奪われていたのですから。でもいまは、少しもそんなふうには考えていません。とてもふつうじゃない冒険とみなしています。脇に立って人生を眺めるという利点を私に与えてくれています。十分に成長してから世に出てきたおかげで、豊かなモノに囲まれて育てられた他のひとたちにはまったく欠けている、世界を見とおす視座があります。)

  卒業を数ヶ月後に控えて、4年間の時の流れを読者に思い起こさせると同時に、作品冒頭の「ブルーな水曜日」のエピソードを思い出させてしみじみさせる一節なのですけれど、ここで、作家は月日と曜日を組み合わせて出してしまったわけです。「しまった」というのは、他にそういう箇所がないようだからです。

   ということで、3月5日の「明日」は水曜日。よって3月6日は水曜日です。

   ということで、カレンダーが1912年と1901年と合致するということは、前の記事でも書きました。そして、「ジューディーとジャーヴィー――ジュディーと冒険(3) Judy and Jervie: The Adventurous Judy (3)」で先走りすぎて書きそこねたようですが、2年生の夏にジャーヴィスとともに「たくさんの冒険」をした (“Such a lot of adventures we’re having! [83]) ジュディーは、他ならぬ「ロマンス」的なスティーヴンソンの詩を引用して、「世界」における「幸福」の秘密を語っており(85)、このあと、ジュディーの「冒険」観は修正を受けて、ジョン・グリアー・ホームをひとつの「冒険」として見る視点を得たのだと考えられるわけです。 

   さて、いっぽうで、この手紙は、ジュディーがあいかわらず「あしながおじさん」の正体がわからぬことを示し、ということはあいかわらず年寄りだと思い込んでいることも示しています(これを読むジャーちゃんは自己分裂に悩み悶えることでしょう)。

   ああ、ジャーちゃん。

1901年(ジーン・ウェブスターのヴァッサー卒業の年)と1912年(『あしながおじさん』出版の年)の3月のカレンダー 

March

SuMTuWThFSa
__________12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31____________

ジュディーの幸福論――3月5日の手紙(2) Judy on Happiness: The Letter of March Fifth (2) [Daddy-Long-Legs]

『あしながおじさん』4年生3月5日の手紙の残りは3段落ですが、まずは幸福論になっています。

I know lots of girls (Julia, for instance) who never know that they are happy.  They are so accustomed to the feeling that their senses are deadened to it, but as for me―I am perfectly sure every moment of my life that I am happy.  And I'm going to keep on being, no matter what unpleasant things turn up.  I'm going to regard them (even toothaches) as interesting experiences, and be glad to know what they feel like.  "Whatever sky's above me, I've a heart for any fate."
(自分が幸せなのだと決して知らない女の子をわたしはたくさん知っています(たとえばジュリア)。あまりにも幸せに慣れすぎて、感覚が死んでいるのです。でも、あたしはというと――人生の一瞬一瞬に自分は幸せなのだと確信しています。そして、これからもそうあり続けるつもりです、たとえ不快なことが起ころうとも。そういう出来事は(たとえ歯痛でさえも)おもしろい経験だと考えることにし、どういう感じのものなのか知識を得ることを喜ぼうと思います。「どんな空が頭上にあろうとも、わたしはいかなる運命にもむかう心をもつ。」)

  1年生10月1日の手紙で「わたしとっても、とっても幸せです、時間の一瞬一瞬が興奮で、ほとんど眠れないくらいです」("I'm very, very happy, and so excited every moment of the time that I can scarcely sleep.") と書き、つづく手紙で「わたしが見たもっとも幸せな女の子たちです――そしてわたしがいちばん幸せ!」("These are the happiest girls I ever saw―and I am the happiest of all!") と書いていたジュディーは、幸福 happiness について何度かリクツをこねています。

  ひとつは、2年生の夏にLock Willow から書いた手紙で、スティーヴンソンの詩を引いて、皆がhappy になれるはずだ、というところ(「ハッピー・ソート(幸せの想い)――スティーヴンソンの5度目の言及 Happy Thought: The Fifth Mention of R. L. S.」参照)。(しつこいようですが、この8月の土日にかけて書かれた手紙の前は、ロック・ウィローの土地と人々の退屈さや世界の狭さを嘆いていたのですけれど、ジャーヴィスの登場によって、世界を見る目が変わるのです)。

  もうひとつは3年生1月11日の手紙で、過去や未来ではなくて今を生きることが幸せの秘訣だと論じるところ――「華麗で大きな喜び〔快楽〕がいちばん大事なのではありません。小さな喜びから多くのものを引き出すことが大事なんです。――わたしは幸福の真の秘密を発見しました、ダディー。それはいまを生きることです。過去を後悔し続けたり、あるいは未来に期待する〔思い悩む、かも〕のではなくて、この一瞬を最大限に生かすこと。〔・・・・・・〕一瞬、一瞬を楽しむつもりだし、楽しんでいるあいだ、楽しんでいる自分を知るつもりです。たいていの人々は生きていません。ただ競争しているだけ。地平線の遥か彼方のゴールに到達しようとして、行き着くことに必死で、息が切れてあえぐばかりで、自分たちが通ってゆく美しい穏やかな田舎の景色をすっかり見逃してしまいます。そして、気がつくと、年老い疲れきって、ゴールに着こうが着くまいが違いはなくなってしまう。わたしは、路傍に腰をおろしてたくさんの小さな幸せを積み上げることを決心しました、たとえ〈大作家〉に絶対ならなくても。わたしがこんな女哲学者になりつつあるとは知らなかったでしょ? 」 (Penguin Classics 97-98)

  さて、3月4日の手紙ですけれど、ふたつめのセンテンスの "the feeling" というのはつまり happiness のことで (it は the feeling)、ここで、幸福感としての happiness と、幸福感の対象としての happiness がいささか混乱しているように思えます。happiness に慣れっこになっている人は happy なのか happy ではないのかパラドックスが生じています(ホントか?)。

  つっこみを続ければ、歯痛をその経験の知の獲得ゆえに happy と感じることが可能だとしても、二度目三度目となれば、あるいは歯痛が恒久的に続けば happy とは感じられないだろうw。あるいは一瞬一瞬がhappy だったら差異のない世界になってしまいますから、結局 happy の意味が価値をもたなくなってしまうのではないでしょうか。うゎー、大人気ないつっこみだこと。

  なんだか、「幸せは いつも 自分の心が決める」とか「いまが大事」とか言った相田みつを(せんだみつおではない)を思わせるところなきにしもあらずですが、快と不快、快楽と苦痛が逆転してしまう境地は仏教的なものに近いのかもしれません。

    もちろん、いずれも心構えのことであって、それはジュディーだってわかっているでしょうし、わたし(モーリちゃんの父)だってわかってはいますけれどね。

  そしてまた、幸福であることに気づかない人たちとして、3年生6月10日の手紙(ダディーが夏にヨーロッパへ行かせてあげようと申し出たのを断る手紙)では、ジュリアのみならずサリーも含められるのですが、そこに、そしてずっと後にまで、あるのは、孤児としての自分の生い立ちとの比較の意識です。――

You mustn't get me used to too many luxuries.  One doesn't miss what one has never had; but it's awfully hard going without things after one has commenced thinking they are his―hers (English language needs another pronoun) by natural right.  Living with Sallie and Julia is an awful strain on my stoical philosophy.  They have both had things from the time they were babies; they accept happiness as a matter of course.  The World, they think, owes them everything they want. (Penguin Classics 105-106)
(わたしを過度の贅沢に慣れさせてはいけません。誰でも、持ったことがなければ、それがないことを残念に思いませんが、一度それが彼――彼女の(英語にはもう一つ代名詞が必要です)自然の権利だと思いはじめたら、それなしですますのがすごく困難になります。サリーやジュリアと一緒に生活していると、わたしの禁欲哲学はすごいストレスを受けます。二人とも赤ん坊の頃からふんだんなモノを手にしてきました。幸せを当然のことだと思っています。この世界は、彼女たちは、欲しいものをすべて提供して当然なところだと考えています。)

  思えば4年3月5日の手紙も、孤児院の回想から始まっているのであって、冒頭に引用した段落も、自分の生い立ちの意識と無縁ではありません、というか、孤児院生活を「冒険」と見る前段とつながっているわけでした。

  この孤児意識はこの物語のエンジンみたいなものですから、結末までジュディーのキャラクターを支配しますし、それゆえにジュディーの発言は単なる人生訓にならずに胸を打つ、と言えるのかもしれません。素朴に泣かせるところもあるけれど、リクツっぽい箇所はなかなか複雑です。(さらにユーモアと諷刺が話を複雑に面白くしている・・・・・・あー、大叔父さんのマーク・トウェインに似ているかも。あるいはここで考えてもいいかもしれないのは、たとえばスティーヴンソンの『子供の詩の庭』は子供向けに書かれたものだけれど、『あしながおじさん』はそうではない、ということです)。

  そういうわけで、ジュディーは卒業後の9月19日の手紙の追伸では、"PS.  I'm very unhappy." と書くことになります。

Stevenson, A Child's Garden of Verses (Scribners,1905).JPG
Robert Louis Stevenson, "Happy Thought," (illustrated by Jessie Willcox Smith) A Child's Garden of Verses (New York: Scribner's, 1905), p. 84

/////////////////////////////

「しあわせはいつもじぶんのこころがきめる 相田みつを ― 名言から学ぶ幸せのヒント -」 <http://meigen.shiawasehp.net/a/m-aida19.html> 〔本多時生さんの『幸せのホームページ』

「相田みつを名言集」 <http://www.nicozon.net/player.html?video_id=sm9164023> 〔ニコニコ動画〕

 

 

 


「どんな空が自分の上にあろうとも、わたしはいかなる運命にもむかう心をもつ」――3月4日の手紙 (3) "Whatever sky's above me, I've a heart for any fate": The Letter of March Fifth (3) [Daddy-Long-Legs]

前の記事で引用した『あしながおじさん』4年生3月5日の手紙の一節の最後の引用符に入っている "Whatever sky's above me, I've a heart for any fate." (「どんな空が自分の上にあろうとも、わたしはいかなる運命にもむかう心をもつ」)について。

  これは、早くに岩波文庫で遠藤寿子が「空が頭の上でどんな顔をしていようと、わたしはびくともしない覚悟だ。」と訳して、割注で「(バイロンの詩 "To Thomas Moore" の中の詩句)」と注記しているように、イギリスのロマン派詩人、バイロン卿 ジョージ・ゴードン・バイロンの詩の引用です。"sky" は日本語(英和辞典)だと「空模様」という感じかもしれません。もっとも、そう言い出すと、"heart" も「勇気」だと言い出しかねなくなりますけれど。

  バイロン(George Gordon Byron, 1788-1824) の友人で、バイロンの文学管財人 literary executor (ポーに対するグリズウォルドみたいなもんです)に生前指名され、のちに書簡や日記を編纂し、(伝記は遺族によってダメ出しされ破棄しますが)回想記を出版することになる、アイルランドの詩人トマス・ムア (1779-1852) 宛の1817年7月10日付けの手紙に挿入されていた詩です。短いので全文引きます。――

My boat is on the shore,
And my bark is on the sea;
But, before I go, Tom Moore,
Here's a double health to thee!

Here's a sigh to those who love me,
And a smile to those who hate;
And, whatever sky's above me,
Here's a heart for every fate
.

Though the ocean roar around me,
Yet it still shall bear me on;
Though a desert should surround me,
It hath springs that may be won.

Were't the last drop in the well,
As I gasp'd upon the brink,
Ere my fainting spirit fell,
'Tis to thee that I would drink.

With that water, as this wine,
The libation I would pour
Should be―peace with thine and mine,
And a health to thee, Tom Moore!

〔太字強調付加。text は、たとえば "To Thomas Moore Analysis George Gordon, Lord Byron: Summary Explanation Meaning Overview Essay Writing Critique Peer Review Literary Criticism Synopsis Online Education" <http://www.eliteskills.com/analysis_poetry/To_Thomas_Moore_by_George_Gordon_Lord_Byron_analysis.php> (いまのところ書き込み一個もないんすけど〕

  第2連3行目の And のあとの "whatever sky's above me," は(大文字を別として)全く同じですが、その次の行の "Here's a heart for every fate." はジュディーの "I've a heart for any fate." とビミョーに違っているのがわかります。

  そこでアメリカ文学的におのずと思い起こされるのは、ちょっと遅れてきたアメリカのロマン派詩人ロングフェローHenry Wadsworth Longfellow, 1807-82)の "A Psalm of Life" (1838) という、たいへん有名で、よく朗誦された詩です。「人生讃歌」と訳されますが、詩の副題というか、冒頭に "What the Heart of the Young Man Said to the Psalmist" (若者の心が讃美歌作者に語ったこと) とあって、因習的なキリスト教の人生観を批判しているところがある(それゆえロマン主義的)とふつう考えられています。長いけど全文引いちゃいます。

"A Psalm of Life"

What the Heart of the Young Man Said to the Psalmist

Tell me not in mournful numbers,
Life is but an empty dream!
For the soul is dead that slumbers,
And things are not what they seem.

Life is real! Life is earnest!
And the grave is not its goal;
Dust thou are, to dust thou returnest,
Was not spoken of the soul.

Not enjoyment, and not sorrow,
Is our destined end or way;
But to act, that each tomorrow
Find us farther than today.

Art is long, and Time is fleeting,
And our hearts, though stout and brave,
Still, like muffled drums, are beating
Funeral marches to the grave.

In the world's broad field of battle,
In the bivouac of Life,
Be not like dumb, driven cattle!
Be a hero in the strife!

Trust no Future, howe'er pleasant!
Let the dead Past bury its dead!
Act, ―act in the living Present!
Heart within, and God o'erhead!

Lives of great men all remind us
We can make our lives sublime,
And, departing, leave behind us
Footprints on the sand of time;

Footprints, that perhaps another,
Sailing o'er life's solemn main,
A forlorn and shipwrecked brother,
Seeing, shall take heart again.

Let us then be up and doing,
With a heart for any fate;
Still achieving, still pursuing,
Learn to labor and to wait.

〔太字強調付加。この詩はトロント大学の RPO: Representative Poetry Online に注釈付きで載っています <http://rpo.library.utoronto.ca/poem/1339.html> しかし "psalmist" を詩人自身としているところが解せませんが・・・・・・自己分裂ということですかね〕

  9連からなるけっこう長い詩だし(この詩を対訳と注釈付きで入れている岩波文庫の『アメリカ名詩選』が見つからないので)、とりあえずでだしのところを(Web 上で訳が付いている紹介は「人生賛歌--ロングフェロー-ヘ短調作品34」 <http://blogs.yahoo.co.jp/fminorop34/48575467.html> など)――「わたしに言わないでくれ、悲しい調べで/ 人生はただむなしい夢だなど!/ 眠りこける魂は死んだも同じ/ ものは外見とはちがうのだから。// 人生はリアル! 人生は大事!/ 墓がそのゴールではない/ 汝塵なれば塵に帰るとは/  魂について言われたことではない。」 旧約聖書「創世記」にあって、埋葬の祈祷の一節に用いられることでも有名な "In the sweat of thy face shalt thou eat bread, till thou return unto the ground; for out of it wast thou taken: for dust thou art, and unto dust shalt thou return." (Genesis 3.19) の "shalt thou return" が、earnest と韻を踏ませるべく助動詞 shall を落として "thou returnest" に変えられてますけれど、聖書の教えへの言及は明白で、塵に帰るのは体的部分であって魂は違う、と主張すると共に、現世における生こそがリアルだ、とプラトン的=キリスト教的世界観に(一定程度は)異を唱えるわけです。まあ、そのさきで霊的な神秘主義にむかうわけではなく、むしろ現実を大事にすること、「人生という戦場で・・・・・・戦いの英雄であれ」(第5連)という現世肯定と進歩のメッセージが主眼なのですけれど。

  そういう詩の最終第9連に、バイロンからの「引用」が出てきます。その2行目の "With a heart for any fate" は、バイロンそのもの("Here's a heart for every fate" )ではない。そして、むしろ『あしながおじさん』のジュディーの "I've a heart for any fate" に近いところもあります。あるのではないでしょうか。少なくとも詩全体のメッセージは、ロングフェローの「人生讃歌」のほうがジュディーには共振するところが大きいと思われます。

  だとすると、このジュディーの「引用」の「原典」とのズレは、意識的なものであって、英文科の学生として英米の詩人を勉強したジュディーの成果がひそかに示されている、と言うこともできるのではないかと思ったりもします。

A_Psalm_of_Life.jpg
From A Psalm of Life (New York: E. P. Dutton, 1891), image via Wikimedia <http://commons.wikimedia.org/wiki/File:A_Psalm_of_Life.png>

Footprints, that perhaps another,
Sailing o'er life's solemn main,
A forlorn and shipwrecked brother,
Seeing, shall take heart again.

E-text:

A Psalm of Life (New York: E. P. Dutton, 1892) [illustrated] <http://www.archive.org/stream/apsalmlife00peirgoog#page/n8/mode/1up>

A Psalm of Life (New York: Lovell 1900) [譜面付き]<http://www.archive.org/stream/psalmoflife00long#page/n7/mode/2up>

"A Psalm of Life" は岐阜女子大のDEAPA (Digital English and American Poetry Archive) (科学研究費補助金(基礎研究C);「デジタル・アーカイブを用いた英語教育・異文化コミュニケーション教育の基礎的研究」)にも入っていました(岩波文庫の『アメリカ名詩選』の訳と注釈が組み込まれている様子です)――<http://dac.gijodai.ac.jp/studioM/deapa/poem_long01.htm#top>


ルソーのように5人子供ができても孤児院の玄関に置き去りにしたりはしない――3月5日の手紙(4) If I Have Five Children, Like Rousseau, I Shan't Leave Them on the Steps of a Foundling Asylum: The Letter of March Fifth (4) [Daddy-Long-Legs]

『あしながおじさん』4年生3月5日の手紙の、「3月5日の手紙 The Letter of March Fifth」と「ジュディーの幸福論――3月5日の手紙(2) Judy on Happiness: The Letter of March Fifth (2)」(と「どんな空が自分の上にあろうとも、わたしはいかなる運命にもむかう心をもつ」――3月4日の手紙 (3) "Whatever sky's above me, I've a heart for any fate": The Letter of March Fifth (3)」)で引用した箇所につづくパラグラフです。

However, Daddy, don't take this new affection for the J. G. H. too literary.  If I have five children, like Rousseau, I shan't leave them on the steps of a foundling asylum in order to insure their being brought up simply.  (Penguin Classics 119)
(でも、ダディー、このJ・G・H に対する新たな愛情をあんまり文字どおりに取らないでください。もしもわたしに、ルソーのように、5人子供ができるとしても、単に〔純真なる?  simply ただただ?〕その成長を保証するためにと孤児院の玄関の踏み段に置き去りにするなどということはいたしません。)

  ペンギン版のエレーン・ショーウォルターは、Rousseau に63番の注を付けています (Penguin Classics 353)。――

Rousseau: Jean[-]Jacques Rousseau (1712-1778), Swiss-born French philosopher and author of The Social Contract.  Rousseau had five children with a servant girl and placed them in an orphan asylum.
(ジャン=ジャック・ルソー (1712-78) はスイス生まれのフランスの哲学者で『社会契約論〔民約論〕』[1762] の著者。ルソーは女中の娘とのあいだに5人の子をもうけ、孤児院にいれた。)

  ショーウォルターは書いていませんけれど、伝記的なことがらは、ルソーの有名な『告白』に自ら書かれています。これはなかなかに微妙なハナシですので、長いのですが、該当箇所を書き抜いてメモっておきたいと思います。

  その前に、簡単にルソーについて書いておきます。ルソーは1732年に故郷のスイスのジュネーヴを離れ、ヴィラン男爵夫人に庇護されて教育を受けました。愛人関係となった夫人と別れたのち、1740年からリヨンで家庭教師、そして1742年に新しい記譜法を発表してパリに出てディドロと親しくなります。1745年、下宿の女中テレーズを愛人とし、10年間で5人の子を産ませ、いずれも孤児院に送りました。

  内気で皆にからかわれるテレーズ(ル・ヴァスール夫人の末娘)をかばったルソーもまた内気な性格で、「この共通した気質は、二人の間を遠ざけるようにみえながら、かえって急速にむすびつけ」る。母親はそれに気づいて腹を立て、娘を折檻しますが、その手荒な仕打ちのために二人の仲はさらに深まり、テレーズはルソーを保護者として頼るようになります。

  彼女が身をまかす前に、口ではいえないで、察してもらいたそうにして、もじもじしている様子にわたしは気づいた。ところが、当惑の真の原因を想像するどころか、わたしはまったく的はずれの、しかも彼女の品行を侮辱するような原因を考え出したのである。病気がうつる危険を警告しているのだと思いこんで、わたしはとまどった。思いとどまりはしなかったが、数日のあいだ幸福感は害された。〔・・・・・・〕やっとたがいに心のうちを説明しあった。彼女は、ものごころのつくころ、自分の無知と、誘惑者のたくみさのために、一度だけあやまちを犯したことがあることを、涙ながらに告白した。彼女のいうことがわかったとたん、わたしは歓声をあげた。「処女なんて!」とわたしはさけんだ。「パリで、しかも二十歳にもなった女に、だれがそんなものを求めるもんか! ああ、テレーズ! ぼくはしあわせすぎる、貞淑で健康なおまえが、ぼくのものになったんだから。そして、ぼくが求めていなかったものが、見つからなかったんだから。」
  最初は、ほんのなぐさみにするつもりだった。しかしそれ以上に深入りし、一人の伴侶をこしらえてしまったことに気づいた。このすぐれた娘と少し慣れ、また自分の境遇を少し反省してみて、ただ快楽ばかりを求めていたのに、それがわたしの幸福にも大いに役立ったことを感じた。消え去った野心のかわりに、心をみたしてくれる、なにかはげしい感情がわたしには必要だった。つまり、ママンのかわりがほしかったのだ。だが、今はもう、ママンといっしょに暮らすわけにはいかぬ以上、ママンの手で教育されたこのわたしといっしょに暮らしてくれるひと、ママンがわたしのうちに見出したような、素朴で従順な心のもちぬしが必要だった。
(桑原武夫訳『告白』 (筑摩書房「世界文学大系17」) 203)

  へたすると『カサノヴァ情史』的なノリです。ママンという、ふた昔、いや三昔前の少女マンガを思い起こさせる言葉(個人的)は、母親ではなくて、ヴィラン男爵夫人のことです。ルソーはテレーズを教育しようとしますが、うまくいきません。――

まず彼女を教育しようと思ったが、骨折り損だった。彼女の精神は自然がこしらえたままで、教養や配慮はききめがないのだ。打ち明けていうと、字はどうにか書けたが、読むことは満足にできなかった。ヌーヴ=デ=プチ=シャン街に移住したとき、窓の真向いにポンシャルトラン旅館の日時計があったが、その時間を教えこむのに一ヵ月以上も努力した。今でもまだ十分にわかってはいない。一年の十二ヶ月を順にいうことができず、どんなに努力して教えても、数字は一つもおぼえられない。

  ルソーはテレーズのとんちんかんな言葉遣いを辞典にして、彼の交際している人たちのあいだで有名になったりもしますが、「こんなに愚かな女も、いざというときにはすぐれた助言者」となること、また高い身分の人のあいだでも「彼女の意見、良識、応答、ふるまいは一同の尊敬の的となり、またわたしは彼女の美点について、心からの讃辞をうけた」とも書いていますし、「わたしは世界一の天才といっしょにいるような楽しさでテレーズと暮らした」とも書いています (204)。

  ルソーはこのころオペラの作曲をしたり、それから化学に関心を新たに示して本を書き出したりするのですが、1847年の秋にシュノンソー離宮に化学の本の共著者のフランクイユ氏と一緒に旅行に出かけます。で、そのあとに、記されているのが子供のはなしです。――

  わたしがシュノンソーで太っているあいだに、パリではテレーズがべつの太りかたをしていた。そしてもどってみると、中途半端で投げ出しておいた事態は予想外に進行していた。今の境遇では、まったく困ったことになるところだったが、ありがたいことに、食事仲間がそこを切り抜ける唯一の手段をさずけてくれた。これは、あまり簡単に語ることのできない重要な物語の一つなのである。というのは、いちいち注釈を加えれば、自己を弁護するか、非難するかしなくてはならなくなるだろうが、そのいずれもわたしはここでやってはならないからである。
  アルトゥーナがパリに滞在していたころ、わたしたちは飲食店には行かずに、近所の、オペラ座の袋小路とほぼ向かいあった、仕立屋のおかみさんのラ・セル夫人というひとのところに食事に行くことにしていた。ここは料理はまずいが、善良で確実な人たちが集まるというので評判がよかった。事実、ふりの客は入れず、常連のだれかの紹介が必要だった。礼儀正しく、機智にとんではいるが、猥談ずきの老遊蕩児グラヴィル三等騎士がその家に泊っていて、騒ぎ好きで派手な、若い近衛士官や近衛騎兵たちをひきつけていた。ノナン三等騎士はオペラ座の踊り子全部のナイトをもって自認していて、毎日、楽屋のあらゆるニュースをもたらす。退役陸軍中佐で、分別ある好老人のデュ・プレシと、近衛騎兵士官のアンスレの二人が、この青年たちのあいだにいくらかの規律をたもたせていた。ここにはまた商人や、金融業者や、軍の糧食御用商人らがやってきたが、いずれも礼儀正しく、正直な、同業者のうちでも目立った人たちだった。ベス氏、フォルカード氏、そのほかにもいたが、名前は忘れた。要するに、あらゆる職業のすぐれた人たちが集まっていた。ただ僧侶と法律家はべつで、これには一度もお目にかかったことがない。仲間に加えない約束になっていたのだ。ここの食事はかなりの大人数で、たいてい陽気だが騒々しくはなく、きわどい話もずいぶん出たが、下品にはならなかった。老三等騎士の話はすべてみだらな内容のものだが、彼はむかし身につけた宮廷の作法をけっして忘れることなく、なにか下品な言葉を口にしてもたいへんおもしろかったから、女のひとでも、とがめはしなかったにちがいない。彼のそうした調子が一座の規準となって、若者たちもみな無遠慮に、しかし品を落とすことなく、めいめいの色事を物語るのだった。しかも女の話は、すぐ近くにその倉庫があっただけに、ますます事欠かない。というのは、ラ・セル夫人のところへ行く小路に、有名な流行品店のラ・デュシャプトの店があり、当時きれいな娘を何人かやとっていたので、みなは食事の前後におしゃべりに行ったからである。もしわたしがもっと大胆だったら、この連中同様そこで楽しんだだろう。彼らと同じように入って行きさえすればいいのに、それがどうしてもできなかった。このラ・セル夫人のところには、アルトゥーナが帰って行ってからも、しばしば食事をしに行った。そこでおもしろい逸話をたくさんきいたし、また彼らのあいだで支配的な生活方針を徐々に身につけたが、さいわいにもその風習には染まらなかった。ひどい目にあわされた正直者、欺かれた夫、誘惑された妻、人目をしのぶ出産、こういったことがここでのごくあたりまえの話題だった。そして孤児院にいちばんたくさん子供をいれたものが、つねにもっとも賞讃されていた。こうした空気にわたしも感染した。まことに愛すべき人たち、そして腹の底はじつにまじめなこの人たちの間で行なわれている考え方をもとにして、わたしは自分の考え方をきめた。そしてこう思った。これがこの国の習慣なのだから、ここに住む以上はそれに従っていいはずだ、と。これこそわたしの求めている給与の策だったのである。わたしはなんのためらいもなく、敢然とそれにたよる決心をした。* ただひとつ克服せねばならないのは、テレーズの心配である。彼女の体面をまもるための、この唯一の手段を承知させるのに、なみなみならぬ苦心を要した。母親も、このうえ赤ん坊の世話までしなくてはならなくなるのをおそれて、わたしの味方になってくれたので、ついにテレーズも同意した。サン=トゥスターシュ街の角に住む、グアンという用心ぶかくて確実な産婆をえらんで、その手にテレーズのからだをあずけることにした。そしていよいよその時になると、テレーズは母親につれられてグアンのところへ行き、お産をすませた。わたしは何度か見舞に行き、二枚のカードにまたがるように頭文字の組合せを書いたのをもって行った。その一枚は赤ん坊の産着におさめられ、赤ん坊は、普通の形式にしたがって、産婆の手で孤児院の事務所にあずけられた。その翌年も同じ目にあい、同じ手段で切りぬけた。ただし頭文字を組み合わせたカードだけはやめた。今度はもうわたしも考えこんだりしなかったが、テレーズのほうは相変わらず、なかなか承知してくれなかった。彼女は泣く泣く従った。この宿命的な行為が、その後わたしの考え方や運命にどれほどのはげしい変化をもたらしたかは、おいおいわかるだろう。今はその最初の時期だけにとどめておこう。その結果が思いがけなく、また苛酷なものであった以上、わたしは後にもう一度このことに触れざるをえなくなるであろう。
(219-220)

  これが1747年と1748年、ルソー35歳のころの話です。桑原武夫は *印のところに歴史的注釈を付しています(原文の漢数字をアラビア数字に変更)。――

パリでの捨て子は多かった。当時人口約60万であったが、1740年には3,150、1745年には3,334 の捨て子があった。ビュフォンの『博物誌』によると、1772年には18,713 の出産があったが、うち7,676 人が孤児院におくられている。

  つぎの第八巻のはじめのほうにつづきの話が書かれています。心情の悔恨を理性(つまりは頭=リクツ)の側にくみすることでおさえるような屈折した(ふつうに読めば身勝手な)文章です。――

  人間の義務について哲学的考察をめぐらしているあいだに、ある事件がおこって、自分自身の義務についてもっとふかく反省させられることになった。テレーズが三たび妊娠したのである。行為によって主義を裏切るには、あまりにも自己に誠実で、またあまりにも誇り高い心をもつわたしは、自然と正義と理性の法則、さらには宗教の法則にてらして、自分の子供たちの前途や、その母親と時分との関係などを検討しにかかった。ところでこの宗教なるものは、本来はその創始者同様にけがれなく、神聖かつ永遠であるのに、人間がそれを純粋なものにするような顔をして、かえってけがしてしまい、勝手な方式にしたがってたんなる口先きだけの宗教と化してしまったのだ。実行しなくてもいいとなれば、不可能なおきてを定めることくらい、なんでもないことだから。
  たとえ結果においてまちがっていたにせよ、わたしがそれに従ったときの落ち着きはらった気持は、まさにおどろくべきものである。もしわたしが、やさしい自然の声に耳をかさず、正義と人道との真の感情が心のうちにけっしてとざすことのない、そうしたたちの悪い人間の一人だったら、こうした冷酷さもごく当然のことであろう。しかし、この心情のあたたかさ、感じやすさ、すぐに愛着をおぼえ、それにしばられるはげしさ、愛着を絶たねばならぬときの胸をひき裂かれる思い、同胞にたいする生まれつきの親切心、偉大さ、真実、美、正義にたいする熱烈な愛、あらゆる悪への嫌悪、憎んだり害をくわえたりするだけでなく、そんな気をおこすことすらできぬ性質、すべて徳高いもの、寛大なもの、愛らしいものいっさいを目にすれば、はげしく快い感動をおぼえる心、――すべてこうしたものが、義務のなかでももっともこころよい義務までも容赦なくふみにじらせる堕落した心性と、同じ一つの魂のうちで結びつくことが可能だろうか。いや、わたしは感じる、そしてはっきりという、それは不可能だと。生涯の一瞬たりとも、このジャン=ジャックは冷酷無常な男、人道にもとる父親にはなりえなかった。わたしはあやまちをおかしたことはあるだろうが、けっして冷酷になることはできなかった。理由をあげだせば、きりがなかろう。それがわたしをあやまらせた以上、他人をもあやまらせることもあろう。わたしはこれをよむ若い人たちを、わたしとおなじあやまちにおちいらせたくないのだ。ただ、つぎのことをいうにとどめたい。すなわち、わたしはわが子を自分の手で育てることができなかったので、彼らの教育を社会施設に託し、将来、ごろつきや山師などよりも、労働者か百姓になるようにしておけば、それで市民および父親にふさわしい行為をなすことになると信じていた。そして自分をプラトンの国家の一員と思っていたのである。そのとき以来、一度ならず、心情の悔恨によって、自分がまちがっていたことをおしえられた。しかし理性はそんな注意をあたえてくれなかった。それどころか、自分の処置によって子供たちをその父親の運命から守り、また彼らをみすてなくてはならなくなったとき彼らをおびやかすにちがいない運命から、彼らを守ってやったことを、天に感謝したことがたびたびあるくらいだ。その後、デピネ夫人やリュクサンブール夫人が、友情からか、寛大さからか、あるいは何かほかの動機からか、子供を引きとってやろうといってくれたが、その手にゆだねたところで、はたして彼らはもっと幸福だっただろうか。あるいは少なくとも、もっとまともな人間に育っていただろうか。それはわからない。が、両親を憎み、おそらくは裏切るような人間になっていたことは確実である。それよりも、両親を知らなかったほうがはるかにましだ。
  そういったわけで、三番目の子供も、はじめの二人同様、孤児院にいれられた。その後の二人も同様である。つまりわたしには全部で五人の子供があったのだ。この処置はたいへんよく、道理にかない、また正当であるように思えたが、それを大っぴらに自慢しなかったのは、もっぱら母親への気がねからである。だがわたしたち二人の関係をうちあけてあった人たちのすべてには、そのことをしゃべった。ディドロにも、グリムにも。また後ほどデピネ夫人に、さらに後にはリュクサンブール夫人にも、話した。だが、なにも必要にせまられてではなく、こちらからすすんで率直にしゃべったまでのことで、かくそうと思えば、だれにでも簡単にかくせたのである。というのは、産婆のグアンは正直な女で、たいへん口がかたく、わたしは信頼しきっていたからだ。友だちのうち、打ち明けて得をしたのは、医者のチエリだけである。彼には、テレーズが一度難産したときに手をかしてもらった。要するに、わたしは自分の行為をいささかも隠しだてしなかった。これは、わたしが友人にはなにごとも隠せない人間であるからだけでなく、実際、その行為をすこしも悪いと思っていなかったからだ。すべてを考慮した上で、わたしは子供たちのために最善の方法、あるいは自分で最善と信じた方法をえらんでやったのである。わたし自身、彼らと同じように育てられたらよかったと思ったし、いまでもそう思っている
。(219-220)

  ルソーの年譜を見ると、1747年ではなくて1746年の暮れに第一子の出産、そして捨て児があったようです。テレーズ・ルヴァスールとの関係が始まるのは1745年3月でした(ルソー32歳)。1748年、第二子の出生と捨て児。

  ルソー自身は、1712年6月28日にスイスのジュネーヴに生まれますが、7月7日に母親が亡くなり、伯母に育てられます。10歳の1722年7月に父親が出奔、牧師の家に預けられました。ですから、ルソーも孤児でした。1724年にはジュネーヴに戻り伯父の家に住みますけれども、翌年には5年契約の徒弟奉公に入ります(彫金)。しかし1728年3月、15歳のときに(3月13日、散歩に出て市の門の閉鎖に遅れ、翌日に)ジュネーヴを去り、以後、彷徨と仮装の人生が始まります。

  さまざまな女性と関係をもちながらも、テレーズとは1768年の8月に結婚しています(56歳)。1778年7月2日、散歩のあとテレーズと朝食、午前11時ルソー死す(享年66)。テレーズは翌年の9月に、ルソーの知己であったジラルダン公爵の従僕と再婚しました。

  『告白』の記述を信じれば(つまり、他の資料も参照しないと確かなことはわかりませんが)、ルソーは孤児院に子供を送るのに、グアンという「産婆の手で孤児院の事務所にあずけられた」ということで、玄関口に遺棄するということはしなかったことになります。

  もしかすると、「孤児院の玄関の踏み段に置き去り」というのは、ジュディー自身の体験の再現なのかもしれません。(あるいは単に記述を簡潔にしておもしろくするための改変かもしれません。あるいは事実を調べたのかもしれません。わかりません。)

  ジュディーの遺棄については、2年生の9月25日の手紙で、クラスに外国の修道院校で子供の頃に3年過ごしたためにフランス語が得意な子がいることで、冗談めかして、"I wish my parents had chucked me into a French convent when I was little instead of a foundling asylum." (わたしの親が、わたしがちっちゃかったときに孤児院ではなくてフランスの修道院校に投げいれてくれていたらよかったのに)と言うところに間接的にほのめかされている可能性があると思うのですが、もろもろの訳書を見ると、なんかぜんぜん違う感じもするので、もうちょっと他の場所も読みなおしたり考えたりしてみます。

  それから、引用文中の "[brought up] simply" は、訳者によってさまざまに解されています。「質素に育つ」というのが多いみたいですけれど。ルソーを読んだあとでは「強調」であると結論しました(自信89パーセント)。


よろしくと伝えて――ジュディーの幸福論 (2) Give Kindest Regards to: Judy on Happiness (2) [Daddy-Long-Legs]

流れで、『あしながおじさん』4年3月の手紙の最後のところです。

Give my kindest regards to Mrs. Lippett (that, I think, is truthful; love would be a little strong) and don't forget to tell her what a beautiful nature I've developed.

                                     Affectionately,
                                                   Judy
(リペット先生にはジュディからくれぐれもよろしくとお伝えいただきたく(これがほんとのところだと思います。愛といったのではちょっと強いでしょう)、また、いかに美しい性質を開発したかを忘れずにお話しください。)

   流れで書いていますが、特別なにか書きたい箇所というのではなくw しかし、そういうところで何かしぼり出す努力をすることによって世の中や人生は開けてくるのではないかという気もします(気がするだけですし、出てくる何かがおもしろいとは限りませんが・・・・・・だからこの世はおもしろいのか、も)。しかしこういう駄文を読むのを自分のなかの自分以外のひとに求めるのは申し訳ないような気がします。そこで申し訳に必要なのは誠実さなのかしら。あるいは/そして遊戯・演技なのかしら。

  と無駄な前口上はそれくらいにしてっと。

  まず英語の勉強ですかね(芸がない)。

  カッコのなかの "that" は "my kindest regards" あるいは "regards" を、あるいは "Give my kindest regards to Mrs. Lippett" を指しています(選択肢多すぎだったら、最後のということになりますけれど、結局は「愛では強すぎる」といって "love" と対比されているものは "regards" に他なりません)。

  この一文は、この3月5日の手紙のふたつ目の段落と呼応しています。

     To-morrow is the first Wednesday in the month―a weary day for the John Grier Home.  How relieved they'll be when five o'clock comes and you pat them on the head and take yourselves off!  Did you (individually) ever pat me on the head Daddy?  I don't believe so―my memory seems to be concerned only with fat Trustees.
     Give the Home my love, please―my truly love.  I have quite a feeling of tenderness for it as I look back through a haze of four years.  When I first came to college I felt quite resentful because I'd been robbed of the normal kind of childhood that the other girls had had; but now, I don't feel that way in the least.  I regard it as a very unusual adventure.  It gives me a sort of vantage point from which to stand aside and look at life.  Emerging full grown, I get a perspective on the world, that other people who have been brought up in the thick of things, entirely lack.  (Penguin Classics, pp. 118-119: emphasis added)
(3月5日/理事さま
  明日は月の第一水曜日――ジョン・グリアー・ホームでは憂鬱な日です。5時になって理事さんたちがみんなの頭をなでて立ち去ったときに皆はどれほどほっとすることでしょう! 理事さん(ご自身)は、私の頭をなでてくださったことがありましたか、おじさま? わたしにはそうは思えませんけれど――記憶にあるのはみな太った理事さんたちばかりのようなのです。
  〈ホーム〉へ私の愛をお伝えいただければと存じます――本気の愛です。4年間の霞をとおしてふりかえると、ホームに対するほんとうに優しい気持ちを感じます。大学へきたてのころわたしはほんとに腹をたてていました。なぜってほかの女の子たちにあった正常な子供時代が自分には奪われていたのですから。でもいまは、少しもそんなふうには考えていません。とてもふつうじゃない冒険とみなしています。脇に立って人生を眺めるという利点をわたしに与えてくれています。十分に成長してから世に出てきたおかげで、豊かなモノに囲まれて育てられた他のひとたちにはまったく欠けている、世界を見とおす視座があります。)

  ジョン・グリアー・ホーム孤児院には「愛」を伝えてほしいけど、院長先生には「愛」というのではちょっと強い。それでも、それでも、最上級の "kindest" とするところが、それ(その言葉)が形式的なものであれ、ジュディーの精一杯の心情を示しているのでしょう。泣けるところです。すこし。

  それでも、こんなふうにマジメに考えるワタシは美しい性質を発展させつつあるような気もするくらいですが、なんだか作品に塗装されているユーモアの層をめくるというエッチなふるまいをしているような気もします。というか、めくるめくめくるならおもしろいかもしれないけれど、めくって顧みないという。めくったものとめくった下にあるものを同時に眺めるということをひとはなかなかできないものなのかなあと。(それにしても、ヒユに頭が進むことによって実体から離れるという誤りをおかしていますね、われながら。)

  ☆ジュディーが展開する性格についてのメモ

(1) 1年生の4月か5月の金曜日の手紙――

     Did you ever hear of such a discouraging series of events?  It isn't the big troubles in life that require character.  Anybody can rise to a crisis and face a crushing tragedy with courage, but to meet the petty hazards of the day with a laugh―I really think that requires spirit.
     It's the kind of character that I am going to develop.  I am going to pretend that all life is just a game which I must play as skilfully and fairly as I can.  If I lose, I am going to shrug my shoulders and laugh―also if I win. (Penguin Classics 38)
(〔ツイテナイ一日のあとで〕 これほどたてつづけにガックリする出来事が起こるって聞いたことありますか? 人格が求められるのは、人生における大きな困難ではありませんん。だれでも、危機に耐えることはできるし、押しつぶされそうな悲劇に勇気をもってたちむかうことはできますが、日常のささいな事故に笑いをもってむかいあうとなると――精神 〔"spirit" よくわからないです。フランス語の「エスプリ」みたいなもんでしょうか〕が必要だとわたしはほんとに思うんです。
  わたしが開発しようと思っているのはそういう種類の人格です。人生はできるだけ上手かつフェアにプレイせねばならぬゲームにほかならない、というふうを装っていきたいと思います。負けたらば肩をすくめて笑います――勝ったときにも。)

(2)  1年生の5月30日の手紙――

     I'm going to be good and sweet and kind to everybody because I'm so happy.  And this summer I'm going to write and write and write and begin to be a great author.  Isn't that an exalted stand to take?  Oh, I'm developing a beautiful character!  It droops a bit under cold and frost, but it does grow fast when the sun shines.
     That's the way with everybody.  I don't agree with the theory that adversity and sorrow and disappointment develop moral strength.  The happy people are the ones who are bubbling over with kindliness.  I have no faith in misanthropes.  (Penguin Classics 40)
(誰にたいしてもいいひとでやさしく親切であろうと思います。なぜってわたしはとっても幸せだから。そしてこの夏は書いて書いて書いて大作家への一歩をあゆみはじめるつもりです。なんと高邁な姿勢ではないでしょうか? ああ、わたしは美しい人格を発展しつつあるのです! 寒さと霜のしたではちょっとうなだれますが、日が照ればがぜん成長するのです。
  これは誰でもそうです。逆境と悲哀と失意が倫理的な強さを発展させるのだという説にはわたしは同意しません。幸せなひとは親切な思いであふれているひとです。わたしは人間嫌いのひとに信を置きません。)

  ちょっと(2) の文脈を補足しておきますと、5月のキャンパスの自然の美しさを "paradise" のようだというジュディーは、もうすぐ夏休みだし、試験などもののかずではない、みんなのんびり楽しそうにしている、と書いて、幸福感を口にします。――

Isn't that a happy frame of mind to be in?  And oh, Daddy!  I'm the happiest of all!  Because I'm not in the asylum any more; and I'm not anybody's nursemaid or typewriter or bookkeeper (I should have been, you know, except for you).
(これは幸せなこころがまえではないでしょうか? そして、ダディー! わたしがいちばん幸せ者です! なぜってわたしはもう孤児院にいないのですから。そしてだれかの子守りでもタイピストでも帳簿係でもないのですから(あなたがいなければ、そうなっていたでしょう)。)

  孤児院にもはやおらないから⇒自分がいちばん幸せ、という論理の脆弱さを云々するのは大人気ないですw。 子守り、タイピスト、帳簿係云々というのは、5月27日の手紙で、リペット院長から、もうすぐ夏休みだけれど行くところもないだろうから孤児院へ里帰りして大学が始まるまで食費代わりに働くようにという手紙が来たことを書いていたことに関わるのでしょう(つまり孤児院での仕事)。そして、このあと、孤児院での過去の行ないを、どう読んでもユーモアをまじえて、反省し(砂糖つぼに塩を入れておいたこととか、理事たちのうしろでアッカンベーをしたこととか)、(2) の文章が続くのでした。(孤児院がらみで「幸わせ」の話が出るのは、4年3月5日の手紙と同じです。)

  話が脱線気味ですが、5月27日の手紙では、"I HATE THE JOHN GRIER HOME."(わたしはジョン・グリアー・ホームが大嫌い)、 "I'd rather die than go back." (帰るくらいなら死んだほうがまし)と孤児院に対する強い感情を吐露していたのでした (Penguin Classics 38)。

  ところで、訳語をそろえて不自然な日本語になっているだけでなく、実は英語がよくわからないです。(1) でいうと、人生はゲーム、というのを pretend するのは、結局人生はゲームではない、ということなのでしょうかね(pretend は主張の意味もありますが)。いや、もともと人生はゲームというのはヒユですから、ヒユというふるまい自体がそもそも pretense なのか。


ジュディーの5つのシークレット Judy's Five Secrets [Daddy-Long-Legs]

(このままだと卒業して話が終わってしまいそうなので、直線的な記事の進行を意識的に崩しますのその1. )

ジュディーが語る秘密と秘訣♪ (ほんとは秘密はひとつだけかも)

(1)  2年生3月5日(3月の風が吹く日)

"I never told you about examinations.  I passed everything with the utmost ease―I know the secret now, and am never going to fail again."
(試験についてぜんぜん話していませんでした。わたし、すべてらくらく合格しました――秘訣がわかっていますし、もう二度と落とすことはありません。)

〔解説〕ジュディーは1年生の学年末試験でラテン語と幾何で落第点をとってしまい泣きました ("She receives two flunk notes and sheds many tears"――これは本文ではなくて絵の中に書かれているコトバ)。――
WS000353.JPG
Daddy-Long-Legs (New York: Century, 1912)

残念ながらその秘訣をジュディーは語りませんが、When Patty Went to College (1903) から推すと、教師の身になってなんちゃら、というようなことではなかったかと思います(うろおぼえ)。

 

(2)  2年生8月の日曜日(ロック・ウィローからの手紙)

Isn't this a nice thought from Stevenson?


           The world is so full of a number of things,
           I am sure we should all be as happy as kings.


It's true, you know.  The world is full of happiness, and plenty to go
round, if you are only willing to take the kind that comes your way.
The whole secret is in being pliable.  In the country, especially,
there are such a lot of entertaining things.  I can walk over
everybody's land, and look at everybody's view, and dabble in
everybody's brook; and enjoy it just as much as though I owned the
land--and with no taxes to pay!
(これはスティーヴンソンのですけれど、ナイスな想いじゃないでしょうか?
      世界は数多くのものでとっても満ちあふれている
      みんな王様のようにハッピーになるべきだと私は思う
  確かにそうです。世界は幸福に満ちあふれ、動き回るのに充分です、ただ自分のもとにあるものを受け入れさえすれば。すべての秘訣はしなやかさです。田舎ではとりわけ面白いことがたくさんあります。誰の土地だって歩きまわれるし、誰の景色でも共有できるし、誰の小川でもパチャパチャはねをあげられます。そして自分がその土地の所有者であるかのように享受できるのです――税金は支払わずに!)

〔解説〕これは記事「ハッピー・ソート(幸せの想い)――スティーヴンソンの5度目の言及 Happy Thought: The Fifth Mention of R. L. S.」などでとりあげた箇所です。そして、「ジュディーの幸福論――3月5日の手紙(2) Judy on Happiness: The Letter of MarchFifth (2)」でも書いたように、ジュディーの幸福論につながるものです。

 

(3)  3年生12月7日の手紙

 [. . .]  Do you want me to tell you a secret that I've lately discovered?  And will you promise not to think me vain?  Then listen:
     I'm pretty.
     I am, really.  I'd be an awful idiot not to know it with three looking-glasses in the room.
(最近発見した秘密を、わたしに話してほしいですか? でも、わたしのことを見栄っ張りだと思わないって約束してくれます? それではお聞かせしましょう――
  わたし、きれいなの。
  本当です。部屋に3枚も姿見があるのにそれに気づかなかったら、わたしはすごいバカでしょう。 )

〔解説〕 これはほんとの秘密です。

 

(4)  3年生1月11日の手紙

It isn't the great big pleasures that count the most; it's making a great deal out of the little ones―I've discovered the true secret of happiness, Daddy, and that is to live in the now.  Not to be for ever regretting the past, or anticipating the future; but to get the most that you can out of this very instant.  It's like farming.  You can have extensive farming and intensive farming; well, I am going to have intensive living after this.  I'm going to enjoy every second, and I'm going to know I'm enjoying it while I'm enjoying it.  Most people don't live; they just race.  They are trying to reach some goal far away on the horizon, and in the heat of the going they get so breathless and panting that they lose all sight of the beautiful, tranquil country they are passing through; and then the first thing they know, they are old and worn out, and it doesn't make any difference whether they've reached the goal or not.  I've decided to sit down by the way and pile up a lot of little happinesses, even if I never become a Great Author.  Did you ever know such a philosopheress as I am developing into?  (Penguin Classics 97-98)
(華麗で大きな喜び〔快楽〕がいちばん大事なのではありません。小さな喜びから多くのものを引き出すことが大事なんです。――わたしは幸福の真の秘密を発見しました、ダディー。それはいまを生きることです。過去を後悔し続けたり、あるいは未来に期待する〔思い悩む、かも〕のではなくて、この一瞬を最大限に生かすこと。〔・・・・・・〕一瞬、一瞬を楽しむつもりだし、楽しんでいるあいだ、楽しんでいる自分を知るつもりです。たいていの人々は生きていません。ただ競争しているだけ。地平線の遥か彼方のゴールに到達しようとして、行き着くことに必死で、息が切れてあえぐばかりで、自分たちが通ってゆく美しい穏やかな田舎の景色をすっかり見逃してしまいます。そして、気がつくと、年老い疲れきって、ゴールに着こうが着くまいが違いはなくなってしまう。わたしは、路傍に腰をおろしてたくさんの小さな幸せを積み上げることを決心しました、たとえ〈大作家〉に絶対ならなくても。わたしがこんな女哲学者になりつつあるとは知らなかったでしょ?)

〔解説〕  これも記事「ジュディーの幸福論――3月5日の手紙(2) Judy on Happiness: The Letter of MarchFifth (2)」で日本語訳だけ引いた一節です。幸せの秘訣として、「いまが大事」ということを、たぶん宗教的な世界観・人生観への反発をひそませながら、論じています。

 

(5)  4年生4月4日の手紙(ロック・ウィローから)

What do you think is my latest activity, Daddy?  You will begin to believe that I am incorrigible―I am writing a book.  I started it three weeks ago and am eating it up in chunks.  I've caught the secret.  Master Jervie and that editor man were right; you are most convincing when you write about the things you know.  And this time it is about something that I do know―exhaustively.  Guess where it's laid?  In the John Grier Home!  And it's good, Daddy, I actually believe it is―just about the tiny little things that happened every day.  I'm a realist now.  I've abandoned romanticism; I shall go back to it later though, when my own adventurous future begins.  (Penguin Classics 110)
(私の最近の活動はなんだと思いますか、ダディー。性懲りもない、と思われそうですけれど――本を書いているんです。3週間前に始めて、むさぼるように進めています。秘密をつかんだのです。ジャーヴィー坊ちゃまとあの編集部のひとは正しかった。自分のよく知っていることを書くときにいちばん人をうなずかせることができるのです。それで、今回は、わたしがじっさい知っていることについての話です――知り尽くしていることです。舞台がどこに置かれたかあてられますか? ジョン・グリア・ホームの中です! なかなかのできです、ダディー、実際そう思えます――ほんとに毎日起こる小さなことについて書いているのですが。今わたしはリアリストです。ロマン主義はやめました。でも、あとになって、わたし自身の冒険にみちた未来が始まったときに、ロマン主義に戻るでしょう。)

〔解説〕 これは記事「ジュディーと冒険 The Adventurous Judy [Marginalia 余白に]」で一部引いた箇所でした。本来 "adventurous" (6) で "wandering spirit" (59: cf. "Wanderthirst")をもち、そしてスティーヴンソンやロマン派詩人にひかれるところのあるジュディーの、一種の暫定的妥協的文学観みたいなものです。

  

   なんとなく思うのは、(3) のジュディーがかわいいという発見はさておいて、幸せの秘訣と創作の秘密は、日常の細部に目を向けることによって生じるという点で通底しあったところがあるのではないか、ということです。そして、その発見こそが、孤児であったジュディーの、あれほど憎んでいた孤児院に対する見方が変化することと、密接につながっているのですし、そこにジュディーの人間としての成長もあるのではないでしょうか。(あ、まとめすぎた)

〔BGM〕 "Can You Keep a Secret"; 「ゆうべの秘密」;


ストレンジャー・イン・パラダイスふたたび Stranger in Paradise Again [歌・詩 ]

ふたたび、といってもふたたびリクツをこねるつもりはさらさらなく、ただ、年末の一連の記事――「楽園の他所者 Stranger in Paradise」~「ミュージカル『キスメット』のなかの "Stranger in Paradise" "Stranger in Paradise" in the Musical Kismet (1953)」――を書いた後、オリエンタル(といってもヨーロッパ的オリエンタリズム的オリエンタル)な舞台の映像が見つかったのと、なんだかJRのコマーシャル(といっても、去年のいまごろ、カリフォルニアにいて知らなかったのですが、テレビで流れていたと聞いていました。案の定というかサラ・ブライトマンではなくてトニー・ベネットの歌唱ですね)がこのごろテレビでまた流れているみたいで思い出したのとで、あらためて訳詩を少し変え、ならべかえて、貼っておきます。


"KISMET- Stranger in Paradise-Mouhamed Kandil" (5:00) posted by "dramatico25": "Phoenix Productions- 1999 Count Basie Theater."

3分過ぎくらいに、男(庭師に変装したカリフ)は庭の壁の外に出て、「今宵月の出に At moonrise」と女(マルシナー)と約束を交わしますが、女が庭の中でひとり歌いだすと、またぞろ庭に戻ってきてデュエットします。まっことミュージカルですw。パラダイスが語源的に para (壁) プラス dise (まわりに) というのを少し想起させる庭園ですかね。

VERSE 
SHE (MARSINAH):
Oh why do the leaves 
Of the mulberry tree 
Whisper differently now?  
And why is the nightingale singing 
At noon on the mulberry bough?  
For some most mysterious reason 
This isn't the garden I know.  
No, it's paradise now.  
That was only a garden  
A moment ago.  
(ああ、どうしてマルベリーの 木の葉のささやきは 今は違って聞こえるの? そして、ナイチンゲールはなぜ マルベリーの枝で真昼に歌っているの? なにかとても神秘的な理由から ここは私の知る庭ではなくなっている。 いいえ、いまは楽園になっている。 ほんの少し前には ただの庭だったのに。)

REFRAIN

HE (CALIPH):
Take my hand,  
I'm a stranger in paradise, 
All lost in a wonderland,  
A stranger in paradise.  
If I stand starry-eyed,  
That's a danger in paradise,  
For mortals who stand beside  
An angel like you.  
I saw your face 
And I ascended  
Out of the commonplace  
Into the rare!  
Somewhere in space  
I hang suspended  
Until I know  
There's a chance that you care.  
Won't you answer the fervent prayer  
Of a stranger in paradise?  
Don't send me in dark despair  
From all that I hunger for,
But open your angel's arms  
To the stranger in paradise 
And tell him that he need be 
A stranger no more 
(私の手を取ってください 楽園では他所者なのです 
不思議の国ですっかり迷子になった 私は楽園の他所者なのです。
夢見るような目で立ちつくしていると 楽園では危険なこと 
あなたのような天使のかたわらに 生身の人間が立っているのは。
私はあなたの顔を見、凡庸な世界を抜け出して 
私は上へ昇りました 稀有な場所へと! 
宇宙のどこかで 私は宙吊りになっています 
あなたが好いてくれる運命があると 私が知るまでは。 
楽園の他所者の 熱い祈りに答えてくれませんか? 
私が渇望するすべてから 暗い絶望へと送らないで 
あなたの天使の腕を広げてください 楽園の他所者に 
そして彼に告げてください 彼はもう楽園の他所者ではないと。)


SHE:
I saw your face
And I ascended
Out of the commonplace
Into the rare!
(私はあなたの顔を見、
凡庸な世界を抜け出して 
私は上へ昇りました 
稀有な場所へと!)

BOTH:
Somewhere in space
I hang suspended
(宇宙のどこかで 
私は宙吊りになっています )

SHE:
Until I know
(私が知るまでは)

HE:
Till the moment I know
(私が知る瞬間まで)

SHE:
There's a chance that you care.
(あなたが好いてくれる運命があると)

HE:
There's a chance that you care.
(あなたが好いてくれる運命があると)

SHE:
Won't you answer the fervent prayer
Of a stranger in paradise?
(楽園の他所者の 
熱い祈りに答えてくれませんか?)

HE:
Don't send me in dark despair
From all that I hunger for,
(私が渇望するすべてから 
暗い絶望へと送らないで)

BOTH:
But open your angel's arms
To the stranger in paradise
And tell me that I [he/she]* may be  
A stranger no more.  
(あなたの天使の腕を広げてください 
楽園の他所者に
そして私に告げてください
〔彼/彼女〕はもう楽園の他所者ではないのだと。)

  最後のふたりのデュエットのなかの stranger の指示が、最初の男のリフレインの "him" から "me" に変わっているくらいで、あとは(というよりここも含めて)リフレイン部の歌詞は男女平等で差異がほぼないのでした。

  *17時11分追記――聞き直したら、この舞台では、女は "he"、 男は "she" と歌っていました。/10日17時18分追記――もう一回聴き直したら、女がshe、男がhe と歌っているようです。つまり自分のことです。ついでに書きますと、女がヴァースで、まるでパラダイスのよう、と言ったのに合わせて、男が楽園の天使に女をたとえる、それから今度は女のほうも男を天使のような存在と見る、という展開ですか。

  男の最初のリフレインの最初の天使 (angel) と人間 (mortal) の違いはどこへ?? ここは女声は反復しないままにあいまいにするわけでしょうか。

  それでも最後にふたりとも互いに "your angel's arms" (あなたの天使の腕)を広げて、と訴えています。そうなると、「楽園の天使」という常套的な、しかし宗教的なイメジは、二重に世俗化・人間化されて、人間的な人間のヴィジョンとなっているわけですね。(あ、リクツをこねちゃたw)

  もうひとつ、Mina のなまめかしい歌と踊りを――


"Mina - STRANGER IN PARADISE da "KISMET"" (1:14) posted by"M1lleluci": "Mina, rievocando il musical, si esibisce in "Stranger in paradise" tratto dallo spettacolo "Kismet" durante Milleluci nel 1974"

   おまけに1955年の映画の予告篇(カリフ役は Vic Damone)――


"Kismet - Original Trailer 1955" (4:32)

にほんブログ村 英語ブログ 小説・エッセイ・詩の英語へ 
にほんブログ村 の新カテゴリ~♪


センチメンタル・トミー Sentimental Tommy [Daddy-Long-Legs]

4年生の試験が終わってイースター休暇に、ジュディーはサリーと一緒にロック・ウィロー農場に行きます。4月4日付けの手紙の追伸で、農場のニュースが報告されているうちの最後に、猫の失踪が出てきます。――

Sentimental Tommy (the tortoise-shell cat) has disappeared; we are afraid he has been caught in a trap. (Penguin Classics 121)
(おセンチ・トミー(三毛猫の)がいなくなりました。彼がワナにかかったのではないかと心配しています)

  センチなトミーは初登場です。"tortoise-shell" は「ベッコウ」(タイマイの背中を煮てつくる)、そして一般に「カメの背中」がもともとの意味で、なんだか「釣果の図」を思い出してしまいますが――

WS000228.JPG
釣果の図」参照

  ネコです。日本でいう「三毛猫」に相当するとされています。三毛猫は、日本語ウィキペディアにも書かれているように、ほとんどがメスで、オスはめったにいない(いわゆる伴性遺伝)とされていますが、ロック・ウィロー農場のトミーは「彼」と呼ばれているように、明らかに男です。英語のウィキペディアを見ると、やはり "almost exclusively female" と記述されていますけれど、掲載されている写真は、日本の三毛とは様子がちがいます。なるほど、ベッコウという感じ。――

Tortie-flame.jpg
800px-Long-haired_tortoiseshell_DSCF0193.jpg
Tortoiseshell Cats, images via Wikipedia <http://en.wikipedia.org/wiki/Tortoiseshell_cat>

  ととろで、いや、ところで、"Sentimental Tommy" という、唐突に名指される名前ですが、もしかすると、ピーター・パンで有名なバリーの1896年の小説『センチメンタル・トミー』に由来するかもしれません。――

WS000355.JPG
James Matthew Barrie, Sentimental Tommy: The Story of His Boyhood (London: Cassell, 1896) <http://www.archive.org/stream/tommysentimental00barrrich#page/n5/mode/2up>

  1896年1月からアメリカの雑誌 Scribner's Magazine に連載、その年の秋に単行本として刊行されました。これの続編が Tommy and Grizel (1900) で、ピーターパンの原型的な少年が現われている、ともいわれています。

  ピーターパンが登場するのは20世紀になってからで、この少年(続篇だと青年)Tommy Sandys の物語は、比較的初期の作品ということになりますが、バリーは既に作家として名を挙げていて、ジョエル・チャンドラー・ハリスが好意的なコメントを書いています("A work of fiction that is as original as it is fascinating. Here, indeed, is life itself and all the accompaniments thereof." )。そして、ピーターパン以降も再版が出されたり、ちょっとあとの話ですが、1915年(監督トビー・クーパー、英)と1921年(監督ジョン・S・ロバートソン、米)に映画化もされています。   

   ピーターパン関係の作品は、The Little White Bird; or, Adventures in Kensington Gardens (1902) の後半にPeter Pan 登場後、Peter Pan (play) (1904) 、Peter Pan in Kensington Gardens (1906) 、When Wendy Grew Up: An Afterthought (1908) を経て、1911年に小説Peter and Wendy が出版されるわけで、同時代の作品・作者であったのは確かです。

WS000359.JPG

WS000360.JPG 
James Matthew Barrie, Sentimental Tommy: The Story of His Boyhood (New York: Scribner's, 1896) <http://www.archive.org/stream/sentimentaltommy00barr#page/n11/mode/2up>

   男の子です(ひつこい)   

///////////////////////

James Matthew Barrie, Sentimental Tommy (New York: Scribner's, 1896), E-text <http://www.archive.org/stream/sentimentaltommy00barr#page/n0/mode/2up> 〔Internet Archive〕

James Matthew Barrie, Tommy and Grizel (New York: Scribner's, 1900), E-text <http://www.archive.org/stream/tommygrizel00barruoft#page/n5/mode/2up> 〔Internet Archive〕

James Matthew Barrie, Tommy and Grizel (London: Cassell, 1900), E-text <http://www.archive.org/stream/tommygrizel00barrrich#page/n5/mode/2up> 〔Internet Archive〕

"James Matthew Barrie," Wikipedia <http://en.wikipedia.org/wiki/J._M._Barrie>

「ジェームス・マシュー・バリー」, Wikipedia <http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%BC>

青空文庫 作家別作品リスト:バリ ジェームス・マシュー <http://www.aozora.gr.jp/index_pages/person890.html> 〔『ケンジントン公園のピーターパン』と『ピーターパンとウエンディ』〕

"SENTIMENTAL TOMMY JM. Barrie 2 Vol Set AUTHORS ED 1896 - eBay <http://cgi.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&item=260492867808>

「三毛猫」, Wikipedia <http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%AF%9B%E7%8C%AB>

"Tortoiseshell cat," Wikipedia <http://en.wikipedia.org/wiki/Tortoiseshell_cat>

にほんブログ村 英語ブログ 小説・エッセイ・詩の英語へ 
にほんブログ村 の新カテゴリ~♪

 


女性の高等教育への偏見――貧しい、干からびた説教 (2) Prejudice toward Women's Higher Education: Poor, Dry Sermon (2) [Daddy-Long-Legs]

『あしながおじさん』4年生2月17、18日ごろの日曜日の手紙(再掲)――

Just back from church―preacher from Georgia.  We must take care, he says, not to develop our intellects at the expense of our emotional natures―but methought it was a poor, dry sermon (Pepys again).  It does n't matter what part of the United States or Canada they come from, or what denominaton they are, we always get the same sermon.  Why on earth don't they go to men's colleges and urge the students not to allow their manly natures to be crushed out by too much mental application?  (Century 268; Penguin Classics 118)
(いまさっき礼拝から戻ったところです――ジョージアから来た牧師さんの説教でした。わたしたちは情緒的本性を犠牲にして知性を発達させることのないように注意しなければならない、というのです――さりながら、我思うに、貧しい、干からびた説教であった(またピープス)。合衆国でもカナダでもどこの地域から来ようが、あるいは宗派がなんだろうが関係なく、わたしたちは同じ説教を聞かされます。いったい、どうしてあのかたたちは、男子大学に行って、過度の知的傾注によって男性性をしぼりとられないようにしなさいと説得しないのでしょうか?)

  日曜日に女子大に説教にやってきた牧師が「あなたたち」と壇上で呼んでいるのが「わたしたち」なので、わたしたちとは(その場にいなかった学生も含め)ジュディーの在籍する女子大の学生たちのことです。し、一般的には(とりあえず北米の)女子大生のことだということなります。時代は、作家ジーン・ウェブスター自身の学生時代を反映するところが大きいならば19世紀末、あるいは、作品自体の時代を考えると、1910年に近い頃(北米と書いたけれど、舞台としてはアメリカ東部)。

  実は、師走に若い友人からアメリカの大学についての本を何冊か借りて、友愛組織・ギリシア文字クラブ (freternity と sorority)に対する偏見とか、女子大の歴史とか、カリキュラム改革とか、ちょろちょろちらちら読んでいたのですが、典拠としてとりあげようと思っていた著作がむつかしすぎるので、とりあえず、別の本から、女性の教育に対する偏見について、文章を引いておきたいと思います。

  川端有子の『少女小説から世界が見える――ペリーヌはなぜ英語が話せたか』(河出書房新社, 2006)という本です。終章も入れると全6章からなる論考の第5章(177-98 +コラム「『続あしながおじさん』と『ジェイン・エア』の危険な関係) が『あしながおじさん』を扱っていて、そこにこういう文章があります。――

高等教育と女性
  あしながおじさんに宛てた手紙のなかで、ジュディは自分の大学生活をことこまかに報告する。ラテン語、幾何、歴史の授業、試験など。ところが、この大学の日常のディテイルに終始すると見えるその生活ぶりのなかには、実は「女子大生」に対する世間の偏見に対抗し、「新しい女性」の健全さを主張する言説が隠されているのである。ヴァッサー大学が古い常識に拘泥する世間から非難を受けたのは、この急進的女子大が、ハーヴァード大学などの男子学生とまったく同じカリキュラムを、女子大生に用意したためであった。
  大学生としてのジュディの生活が、今までの少女小説の主人公たちとはまったく違うのは当然としても、女性だけのこの世界で、彼女がのびのびと学業にいそしみ、スポーツを楽しみ、寮生活を謳歌していることは大変強い印象を残す。兄と同様にラテン語やギリシャ語を学ぶことを、女性の能力の範囲外であるとしてやめるよう諭された『ひなぎくの首飾り』(一八五六)のエセルの時代からは、想像もつかない進歩である。
  しかし、医学的言説ではこの当時も、勉強をしすぎると女性独特の生殖力に悪影響があるとして、生理の始まった少女には、頭を使う勉強を禁じていた。『あしながおじさん』より十数年前にアメリカで出版され、広く読まれていた医学書にも、そのことは明記されている。二十世紀の初めになっても、大学に行った女性は、知性を使いすぎて女らしさを失い、子どもをもつことはおろか、結婚すらもできず、健康を害してヒステリー症候群に陥る、そんな考え方がまだまことしやかに広まっていた。
  アメリカではヴァッサー、スミス、イギリスではガートン、ニューナムをはじめとして、いくつかの大学が女性の高等教育に門戸を開き、その重要性を訴えはじめていたが、まだまだ女子学生たちは、ひからびた青踏派として揶揄されることが多かったのである。 (188-9)

  (いったい、揶揄であるとか、まことしやかな考え方とか、多かったとか広まっていたといっても、どの程度まで一般的だったのか、どの程度まで正論とされていたのか、よくわからないのですが・・・・・・)

  川端さんはこの手紙に言及していないのですけれど、手紙のジュディーの抑制した反発の背後にあるのはこういう歴史的文脈だと思われ。

にほんブログ村 英語ブログ 小説・エッセイ・詩の英語へ 
にほんブログ村 の新カテゴリ~♪

///////////////////////

"Female education," Wikipedia <http://en.wikipedia.org/wiki/Female_education>

「女子教育」, Wikipedia <http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E5%AD%90%E6%95%99%E8%82%B2>

"Higher education," Wikipedia <http://en.wikipedia.org/wiki/Higher_education>

「高等教育」, Wikipedia <http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E7%AD%89%E6%95%99%E8%82%B2>

unn621.jpg

 


ウィンドウ・シート Window Seat [Daddy-Long-Legs]

(このままだと卒業して話が終わってしまいそうなので、直線的な記事の進行を意識的に崩しますのその2.)
  外枠の「ブルーな水曜日」(そこまで戻るんかいw)。
  4年生3月5日の手紙で回想する(明日が月の第一水曜日だということで)孤児院での月一のしんどい日の記述から作品は始まっておったのでした。朝の5時から立ちどおしで院長にしかられたりせかされたりしながら掃除や調理や理事たちの接待や、さらにふだんと同じく子供たちの食事の世話などをようやく終えて、ホッとしたジュディーは窓際に腰を下ろして、帰宅する理事たちの車を目で追って、想像力を働かせるのですが、そのときの席について一席。

Then she dropped down on the window seat and leaned throbbing temples against the cool glass.  (Century 4/ Penguin Classics 5)
(それから彼女はウィンドウ・シートに崩れ落ち、ズキズキするこめかみを冷たいガラスに押しあてた。)

  日本語で「ウィンドウシート」というと(飛行機などの)窓際の席のことを指すのだそうです――『やさしいエアライン・ホテル用語辞典』参照――(これはモーリちゃんの母にも確認しました)。あるいは、フィルムみたいな感じで、窓を覆うシール状のモノ――宮崎県延岡市の看板屋ホリタの「窓をデザインするウィンドウシート」参照――(このときは seat ではなくて sheet なのでしょう)。

  ここでの window seat は、ベンチ状の窓下腰掛けだと思います。

  イギリスの Greenhill Design "window seats" <http://greenhilldesign.co.uk/window_seats/> の三つの例を見ると、左のふたつは出窓型ですが、みっつめのものは、壁面よりはみだして(でっぱって)部屋の内部に置かれているタイプです。

  ヴァージニア州の Scott's Woodworking の "Cedar Chest Window Seat" のページ <http://www.scotts-woodworking.com/portfolio/robin/window%20seat/seat.asp> は、構造と組み立てを解説しています。

  アンティークのものを探すと、取り付け型ではなくて、移動可能なベンチ式のものが目にとまります(つくりつけのものだとそもそも取り外して取り引きするのが困難ということもあるかもしれません)。たとえばBrooklyn Museum のコレクション "Brooklyn Museum: Decorative Arts:Window Seat" <http://www.brooklynmuseum.org/opencollection/objects/4736/Window_Seat> 19世紀前半のニューヨークのもの。

  いろいろと眺めると、装飾性の高いものから、シンプルな板だけのもの、箱型から脚のあるベンチ式までさまざまあるようです。そして上にも書いたように、動かせるものもありますけれど、基本、造り付けないし据付けであって、あっちにもっていったりこっちにもってきたりするような類の椅子でないことは確かでしょう。
  と、ここまで書いて、翻訳を見ると、「窓際の腰かけ」とか、「窓の腰掛」とか、ただの「こしかけ」とか、ただ「窓に腰掛けて」(!)とか、いろいろですが、どういう腰掛けなのか、イメジは沸きません。遠藤寿子のみ「窓框(まどかまち)」と訳していて、あー、そう言うんだ、と思って、確認すべく辞書を引いたのですけれど、框(かまち)というのは、ひとつにはユカ・トコ(床)などの端にわたす横木のこと〔「あがりかまち」というのはこれの例〕、もうひとつはト(戸)・ショウジ(障子)などの枠のこと、を指す言葉だとわかりました。
  そして、少なくともふつうの中型ぐらいまでの国語辞典(『広辞苑』もふくめ)には「窓框」の語はないようです。ところが、ウィキペディアには、項目としてはあがっていないのですが、異常に「窓框」の語が使用されている項目群がありました。鉄道系です。窓框まで何センチみたいな記述がたいへん多い。しかし、どうやら、上のふたつめの意味の「ワク」のことだと想像されます。なんで窓枠といわずに窓框というかは知りませんが。
  念のためさらに調べると、JAANUS: Japanese Architecture and Art Net Users System というところが "madogamachi 窓框" (「まどがまち」と濁っていました)を英語で説明しています。どうやら建築・技工系の専門用語なのかしら。――

The window frame into which a window sash is installed. The timber that surrounds a window.
(窓サッシが取り付けられる窓枠。窓を囲む建材)

  ということは、マドカマチからアガリカマチ的に、腰をおろす場所を連想した自分でしたが、窓框が窓辺の腰掛けを意味するということは考えられないわけですね(自信97パーセント)。

  自分のイメジでは、下のようなシンプルなのが孤児院などの建物内にはありかなーと。

Original Window Seat.jpg
image via Greenhill Design "window seats" <http://greenhilldesign.co.uk/window_seats/>

   ところで、窓辺に腰をおろして外を眺めるのが好きだと思われるジュディーは、大学の寮の部屋の窓が高いので、自分でウィンドウ・シートをこしらえることになります。その工作・工程がよくわからないので、その話はまた別の機会に。

にほんブログ村 英語ブログ 小説・エッセイ・詩の英語へ

 

 

//////////////////////////////

「ウィンドウシート (Window Seat)」 <http://dictionary.tabig.com/a/2005/08/post.html> 〔『やさしいエアライン・ホテル用語辞典』 <http://dictionary.tabig.com/> 内。いろいろな「旅行用語集」に同じ項目・記述があるようで、これがオリジナルかどうかは不明〕

「窓をデザインするウィンドウシート/看板屋ホリタ/宮崎県延岡市」 <http://www.horita-net.co.jp/print/window/win.html>

"madogamachi 窓框" <http://www.aisf.or.jp/~jaanus/deta/m/madogamachi.htm> 〔JAANUS: Japanese Architecture and Art Net Users System〕

「サッシ」、「さからはじまる 建築用語辞典」 <http://www.rakkensya.com/sites/sa/> 〔『楽建舎建築用語辞典』 <http://www.rakkensya.com/sites/about/a05/>〕――

【サッシ】
窓枠と窓框(まどかまち)の総称。工業製品としての建具。スチール製・アルミニウム製のものが多い。「サッシュ」ともいう。


慇懃になって真実を曲げることはしない Not Let Politeness Interfere with Truth [Daddy-Long-Legs]

ちょっとまじめに『続あしながじさん』(Dear Enemy) を細かく読みだしました。まだ続篇に進む気はないのですけれども、そしてこれまでは『あしながおじさん』以前の作品と『あしながおじさん』とのつながりみたいなのは書いてみようかな、とパティーとか小麦姫とかちょこっと書いてみたりしたのですけれど。あとのものもなるたけ言及するのが自然かとも思われ。

  『あしながおじさん』2年生のおわりの9月10日の手紙で、ジャー(ヴィー坊)ちゃんが手厳しく作品の批評をすることをジュディーが語るところ――

Master Jervie read them [six stories and seven poems] ―he brought in the mail, so I couldn't help his knowing―and he said they were dreadful.  They showed that I didn't have the slightest idea of what I was talking about.  (Master Jervie doesn't let politeness interfere with truth.)  (Penguin Classics 88)
「ジャーヴィー坊ちゃん」という方は、ほんとうのことをいうと失礼にあたるなんて、遠慮なさる人じゃありません。(遠藤寿子訳『続あしながおじさん』 (岩波少年少女文学全集12) 98-99)

『続あしながおじさん』のサリー・マクブライドからジュディへの7月金曜日夜11時30分の手紙――

Our Sandy does not let politeness interfere with truth!  (Penguin Classics 283)
あの先生は、じぶんのほんとうの気持ちを、礼儀のために曲げるなんてことをしないひとなのよ! (遠藤寿子訳『続あしながおじさん』 (岩波少年少女文学全集12) 318)

  この表現は引用なんでしょうか。不詳ですが、ともかく同じ表現が両作品に出てきます。


『あしながおじさん』の年代の確定 [Daddy-Long-Legs]

『続あしながおじさん Dear Enemy』(1915) の3月6日付のジュディー宛の手紙 (Penguin Classics 156-158) には、サリーが "Betsy Kindred, 1910" にジョン・グリアー・ホームの仕事の手伝いを頼んだことが報告されています。――

Do you remember Betsy Kindred, 1910?  She led the glee club and was president of dramatics.   I remember her perfectly; she always had lovely clothes.  Well, if you please, she lives only twelve miles from here.  I ran across her by chance yesterday morning as she was motoring through the village; or, rather she just escaped running across me.
     I never spoke to her in my life, but we greeted each other like the oldest friends.  It pays to have conspicuous hair; she recognized me instantly.  I hopped upon the running-board of her car and said:
     "Betsy Kindred, 1910, you've got to come back to my orphan-asylum and help me catalogue my orphan."
     And it astonished her so that she came.  She's to be here four or five days a week as temporary secretary.  She's the most useful person I ever saw.  (157)
(1910年度のベッツィー・キンドレッドを覚えてる? グリークラブのリーダーで演劇部でも部長をしていたのだけれど。わたしはよくおぼえてるわ。いつもすてきな服を着ていたのですもの。でね、驚いたんだけど、ここからわずか12マイルのところに住んでいるの。きのうの朝、彼女が自動車でこの村を通り抜けようとしていたときに、ばったり出会ったの。というか、もうすこしで轢かれるところだったわ。
  これまでいちども口をきいたことがなかったのだけれど、おさななじみの友だちのように互いにあいさつしました。目立つ髪の毛をもっているのって、得だわ。すぐにわたしとわかってくれた。自動車のステップにとびのって、わたし言ったわ。――
  「1910年のベッツィー・キンドレッドさん。あなたはわたしの孤児院にとってかえして、孤児たちのカタログをつくる手伝いをしてくださらねばだめよ。」
  彼女はあんまりびっくりしてついてきました。臨時の秘書として、週に4日か5日かきてくれることになりましたが、なんとか臨時じゃなくさねばなりません。わたしがこれまで見てきたなかでいちばん役に立つ人です。) 

  "Betsy Kindred, 1910" の 1910 は大学の卒業年です。

   つづく「水曜日」の(サリーの婚約者)ゴードン宛の手紙では、キンドレッドについて、"Betsy and I were in college together" (ベッツィーとわたしは大学で一緒だった)と説明しています。

  これだけでは、ベッツィーとサリー(とジュディー)が同級だったのか、先輩後輩だったのか、はわかりません。けれども、『あしながおじさん』4年生3月5日の手紙で、翌日が月の第一水曜日、とジュディーが書いたのを根拠としてカレンダーを確認したところでは、3月6日(水)というのは、(a) 『あしながおじさん』が出版される1912年か、(b) 作家のジーン・ウェブスターがヴァッサー大学を卒業する1901年に合致しているのでした(そのあいだの1902~1911年はあてはまりません)。〔「デートと万年カレンダーによるジュディーの誕生日の推定はほんとにあっていたのか? Was the Supposition of Judy's Birthday from Dates and the Perpetual Calendar True」参照〕

  そうすると、やっぱり(b) の1912年に卒業というのが正解だったのかな、と思われました。ベッツィー・キンドレッドは2年上なのではないか、と考えられ(同学年だったらそれなりの書き方があるような気もしますし)。

  仮にジュディーの日付に現実の時間との対応という正確さがないとしても、1910年と重なるころに、ジュディーやサリーの大学生活は設定されていることは確認されるのでした。

  ちなみに、『続あしながおじさん』ではジュディーとジャーちゃんに娘ができていて、一緒に南へ旅行していますし、あとで出てきてやはり孤児院経営を助ける同級のヘレン・ブルックスは、大学を卒業後に結婚・男児出産・愛児の死亡・離婚・実家との口論・ニューヨークに出て出版社勤務、という人生経験をつんでいます("Since her graduation she has been married, has had a baby and lost him, divorced her husband, quarreled with her family, and come to the city to earn her own living." 302)。ですから、『続あしながおじさん』の物語が始まるときには、数年が経過している、と推測されます。


ランニング・ボード Running-Board [Dear Enemy]

前の記事「『あしながおじさん』の年代の確定」で、サリー・マクブライドがとびのった自動車のランニング・ボードについて――

Ramblinwreck.jpg
image via Wikimedia <http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/38/Ramblinwreck.jpg>

   ジョージア・テック(工科大)のチアガールズの、とりあえず手前のふたりと右のふたりが乗っているのが running-board です。(うしろの、顔のないふたりが乗っているのはどこかわからず。)

 

Postcard Couple Sitting on Running Board.jpg
"Antique Postcard Couple Sitting on Running Board in Minnesota," image via Minnesota Country Mouse Folk Blog::Vintage Postcards <http://countrymouse.blogharbor.com/blog/_archives/2007/12/16/3412837.html>

     アンティークの絵葉書で、ランニング・ボードに座るカップル(つーか、女性は男の上に座っているような)。

 

1919-family car, Dorothy (3yrs) on running board.jpg
"Dorothy is standing on the running board of the car [1919]," image via "Jim & Bess Wolfe" <http://jimbess.blogspot.com/>

    ランニング・ボードに立つドロシーちゃん。ケンタッキー州ルイヴィルのウルフ家の代々の記録。 このサイトは、たいへん興味深い世紀の記録です。

   いま、いつも使っている辞書が参照できない都内のホテルにいるのですけれど、辞書で見たときには、たしか、昔の自動車のステップ、踏み段、みたいに書いてあったような記憶があります。

   それでも、パテントで、いまも考案があるみたいです――"Running board - Patent 7083179" <http://www.freepatentsonline.com/7083179.html>。 チアリーダー用か、カップル用か、おこちゃま用か、箱乗り用かはわかりませんが。そして日本語のサイトでも、「ランニングボード」であれこれと出てきます(単に自動車を持たない自分の無知かも)。ともあれ、どうやら歴史的には、ステップが必要な自動車(これはどうやら汽車でも同じようです)がかつては多かったのが、しだいにデザインが改良(?)されて不要になった、それでも好みでランニング・ボードを付ける人もいて、今日も残っている、ということのようです(ちがっていたらすいません)。


『あしながおじさん――4幕の喜劇』 Daddy Long-Legs: A Comedy in Four Acts [Daddy-Long-Legs]

記事「『あしながおじさん』 Asa の謎 Asa Mystery」でつぎのように書きました。――

  そして、調べてみると、1914年というのは、ウェブスター自らが小説『あしながおじさん』の脚本を書いて舞台に乗せた年だったのでした。さらに最近調べたところではヴァッサー大学の "Jean Webster McKinney Papers" (McKinney というのはWebster が結婚してあらたまった姓です)という資料の Box 12, Folder 5 には、この芝居に関する作者の文書が保存されているようです。ただし、まとまった脚本として残っているのか不明です。少なくとも公に刊行された形跡は見当たりません。

  ペンギン・クラシックス版の序文で、エレイン・ショーウォルターは、ヴァッサー大学のウェブスター・ペイパーズには、各幕の記述と主要登場人物の要約が残されている、と書いています("Webster's papers at Vassar College contain her descriptions of each act and her summaries of the main characters." (xiv))。そうして、一人称書簡体という制約から解放されてジーン・ウェブスターは大胆かつ明確に意図を示すことができたのだ、と指摘しています。とりわけジュディーの天賦の才について――

While the "orphans as a body represent a dead level of mediocrity, the result of bad environment and in some cases bad heredity . . . Judy stands out in striking contrast."  She "rises out of the mass, original, resourceful, courageous. . . .  She emerges from her dark background, throws off the trammels that have bound her down and daringly faces life. . . .  There is an element of revolt in her nature, a spirit of fight which makes her a fierce little rebel against injustice." (Elaine Showalter, Introduction, Daddy-Long-Legs and Dear Enemy)
(孤児たちが、一団として、悪しき環境の結果、またある場合には悪しき遺伝による、凡庸の水準をあらわしているのに対して・・・・・・ジュディーは際立った対照を示す。」 彼女は「集団から上昇し、独創的で、才能にあふれ、勇気がある。・・・・・・彼女は暗い背景から現われて、自分を束縛していた拘束物を投げ捨て、勇敢に人生に向かう。・・・・・・彼女の性格には反抗の要素があって、その闘争精神により彼女は不正に対する激しい反抗者となる。)

  それで、ヴァッサーに行って資料を見せてもらうしかないなあ、と思っていたのですけれど、ところがところが、死後の1922年に、ニューヨークのサミュエル・フレンチという、この劇の上演権をもっていたらしい出版社が、脚本を出版しているのが見つかりました。

DaddyLong-Legs(Play)cover.JPG

DaddyLong-Legs(Play)2.JPG
Jean Webster, Daddy Long-Legs: A Comedy in Four Acts

   Daddy と Long-Legs のあいだにハイフンがないのが気になりますが、コピーライトのページには小説の1912年から上演の1914年もちゃんと並んでいます。――

DaddyLong-Legs(Play)3.JPG

  第1幕の舞台はジョン・グリアー孤児院の食堂、第2幕は大学の寮内の部屋、第3幕はロック・ウィロウ農場の部屋、第4幕はジャーヴィス・ペンドルトンの書斎が舞台となっています。

  DaddyLong-Legs(Play)Act1-1.JPG

  冒頭の "Scene" のところに "A plan and full description of the scene will be found at the end of the play" と書かれていますが、確かに巻末に舞台見取り図とくわしい設定が記されています(ただし舞台の図面を見ても、『あしながおじさん』でなじみのジーン・ウェブスターのヘタウマ的な絵との類似はよくわからず。それに "Daddy Longlegs" と題が付されているので、たぶん別のひとによる図ではないかと思われ。いや、そんなこと言ったら、脚本の本文中でも "Daddy Long-Legs" となっており、テクスト自体がアヤシイです)。

  ジャーヴィス・ペンドルトンは第1幕から姿を見せます。そしてこの孤児院を舞台とする部分は、114ページある脚本の37ページまでが1幕であることからわかるように、けっこうな分量がありますし、ジャーヴィス以外の理事(例の、ジュディーの作文をおもしろがってジャーちゃんに教えた女性 Miss Pritchard)も2幕以降も登場します。この舞台の成功が、孤児院問題についての世論の高まりを呼んで、いっぽうでウェブスターは現実世界で自ら社会改良運動にさらにコミットしていきますし、もういっぽうで続編『続あしながおじさん Dear Enemy』 (1915) を書いて孤児院の問題&遺伝・環境問題を掘り下げることになったのではないかと思われます。

DaddyLong-Legs(Play)Act1-2.JPG

DaddyLong-Legs(Play)Act1.JPG

DaddyLong-Legs(Play)Act1-3.JPG

  1914年の舞台でジュディー役をつとめたのは、まだ映画で活躍する前の、はたちそこそこのルース・チャタートン Ruth Chatterton, 1893-1961でした。大ヒットとなりニューヨークののち東部をまわり、カリフォルニアへ、さらにロンドン公演も行なっています。ヴァッサーの学生たちの要望により、ポーキプシーのオペラハウスで特別公演も行なったのだそうです(Showalter xiv)。

    ルース・チャタートン扮するジュディーは、センチュリー社のリプリント版のダスト・ジャケットに使用されました。――

Daddy-Long-Legs(Century).jpg
Jean Webster, Daddy-Long-Legs (New York: Century, n.d.)

  ううむ。初版を出した出版社のくせに、Daddy Long Legs と、まったくハイフンがないですねぇ。やれやれ。

/////////////////////////////////

にほんブログ村 英語ブログ 小説・エッセイ・詩の英語へ 

Jean Webster, Daddy Long-Legs: A Comedy in Four Acts [French's Standard Library Edition] (New York: Samuel French, 1922[?]) <http://www.archive.org/details/cu31924021717933> 〔Internet Archive〕; PDF (2.99 MB)

 


『あしながおじさん』のテクスト問題 (1) ――イギリス版を使っているらしいプロジェクト・グーテンベルクの電子テクスト Problems of Texts in Daddy-Long-Legs (1): Project Gutenberg E-text [Daddy-Long-Legs]

実は前から気になっていたのですけれど、プロジェクト・グーテンベルク Project Gutenberg (以下 PG)の『あしながおじさん』のE-text <http://www.gutenberg.org/files/157/157.txt>は、冒頭に "Copyright 1912 by The Century Company" と書かれているけれどもセンチュリー版のテクストではないです。

  のちに青空文庫で復活されることになるさまざまなE-text やオリジナルの翻訳を作成したosawa さんには、「足長父さん : PG 版とCentury 版の比較」と題するたいへんな労作があって、テクスト間の異同がリストアップされています(osawa さんの仕事については「osawa さんの足長父さん@物語倶楽部 Daddy-Long-Legs Trans. by osawa@StoryClub」を参照)。おそらく2001年か、2002年ごろの仕事だと思われ、その後にPG のテクストも若干の修正があったかもしれないのですが(というのは "Release Date: June 9, 2008 [EBook #157]" と現在のPG はなっているので)、まず、基本的な以下の特徴は変わっておらない。――

(1) 引用符がPG はシングル、Century はダブル。

(2) PG は "cheque" "favour" "grey" "humour" "theatre" "towards" などのイギリス綴り、Century は "check" "favor" "gray" "humor" "theater" "toward" とアメリカ式の綴り。

  この2点から、あっさりと、プロジェクト・グーテンベルクはアメリカ版ではなくてイギリス版を使用している、と結論できます。そして、この2点だけならば、綴り字とパンクチュエーションの英米の歴史的な違い、という範疇におさまるので、それほど大きな問題ではない、といえるかもしれません。

  しかし、英米の違い、ということでは次のような語彙・表現の差異もあります。これには、たぶんイギリスの読者にわかりやすくする、あるいは自然に読ませるための改変が含まれていますが、著者によるもの(つまり、いわゆる "authoritative")だとは思われず。――

(3)  'sauced' a Trustee [PG]/ "sassed" a Trustee [C]; a few cents [PG]/ a nickel [C]〔ニッケル=5セント玉〕; Clothes-Prop [PG]/ Clothes-Pole [C]〔ものほしざお物干し柱〕; really too bad [PG]/ sort of too bad [C]; it's great fun [PG]/ it's sort of fun [C]; rather monotonous [PG]/ sort of monotonous [C]; everywhere else [PG]/ every place else [C]; talk plainly [PG]/ talk plain [C]〔形容詞の副詞化というアメリカニズム〕; Goodbye [PG]/ Good-by [C]; she didn't get in [PG]/ she did n't make it [C]; fail again [PG]/ flunk [C]〔「落第する」のアメリカニズム〕; to post this off now [PG]/ to the mail chute and get this off now [C]; fifty-yard sprint [PG]/ fifty-yard dash [C]; very consequential [PG]/ very up and coming [C]; brought in the post [PG]/ brought in the mail [C]; with tremendously big drops [PG]/ with drops as big as quarters [C]〔クウォーター=25セント玉〕; bad work in maths and Latin [PG]/ bad work in math. and Latin [C]; I'm LONGING to go back [PG]/ I'm crazy to go back [C]; in the street [PG]/ on the street [C]; aesthetic [PG]/ esthetic [C]; letters [PG]/ mail [C]; post [PG]/ mail [C]; box [PG]/ chute [C]; outdoor world [PG]/ outdoors world [C]; in advance [PG]/ ahead of time [C]; ask for more than twenty-five [PG]/ ask more than twenty-five [C]; still at collge [PG]/ still in college [C]; PS. [PG]/ P. S. [C]

(4)  また、上の LONGING = crazy にうかがわれるように、PG版は、本の斜字を、大文字にすることで示そうとしていますが、それが不徹底なところがあります。どうやら強調を示す斜体を大文字にして、フランス語やラテン語などの外国語を示すイタリックは、変更しないままにしているようですが、だとしても、強調のイタリックが大文字に変換されていない箇所がいくつもあります( I'm not a Chinaman の not とか)。いずれにしてもそういう方針では、原文のありようを示すことが不完全なのは明らかです。

(5)  そして、単純な誤植が生じている、あるいは残ったままです。―― shiny sticks [PG]/ shinny sticks [C]/ JUCIEST [PG]/ juiciest [C]; Comers [PG]/ Corners [C]; Acceptez mez compliments [PG]/ Acceptez mes compliments [C]; juniors [PG]/ Juniors [C]; clear me [PG]/ dear me [C]; downs [PG]/ clowns [C]; Patrici [PG]/ Patricia [C]; a absurd [PG]/ an absurd [C]; an more than [PG]/ any more than [C]; Rhode island Reds [PG]/ Rhode Island Reds [C]〔ニワトリの品種〕; an I think [PG]/ and I think [C]; meet me or a surprise [PG]/ meet me for a surprise [C] などなど。もとの版がわからないので断定はできませんが、少なくとも一部はスキャンの読み誤りによって新たに生じたものではないか、と推測されます。(5b) 改行の不全もあります。(5c) パンクチュエーション(上述の引用符はさておき、コンマやピリオドやダッシュの使用)の不備もあります。

  ここまでをまとめますと、そもそも第一にイギリス版を使用することの妥当性の問題があり、第二に、PG 自体の内在的問題があります。

  そして、自分が別の次元で気になったのは、もとにしたらしいイギリス版の、テクストとしての価値です。どういうことかというと、イギリス人たちが慣れ親しんだかもしれないイギリス版をE-text にしたい、というなら、それはそれで意味はあるでしょう(その場合でもきちんとその旨を情報として書く必要はありますけれど)。しかし、イギリス版にもいろいろな版があり、歴史があるはずです。

  どうやら1912年の秋にアメリカ版がニューヨークのセンチュリーから出版され、まもなくイギリス版が出版されているらしい(現物を見ていないので推定です。どうやらロンドンのHodder and Stoughton 社が出しているらしい)。

  WorldCat で検索してみても、たいした情報は得られないので、古本屋のコンソーシアムの AddALL で検索すると、1913年の日付でイギリス版初版があがっています(でも、こういうので断定はできません)。――

First English Edition. A very good copy in the original grey pictorial cloth, spine heavily scarred, boards marked. Scarce. Publisher: Hodder & Stoughton, 1913 Hodder & Stoughton, 1913

  100ドルで売られています。しかし、同じ出版社がその後も永らく版を重ね、あるいはペーパーバック版を出して、1949年には73刷になっています。そして、いつ版が変えられたかはわかりませんけれど、少なくとも1970年のハードカヴァーは190ページで、これは初版のハードカヴァー(249ページあったらしい)とは違いますから、組み換えが行なわれたのは確かでしょう。

  また、次のような記述のテクストもあります。――

Publisher: (London: Hodder and Stoughton: 1916) The Renee Kelly Edition Illustrated from Photographs of the Play. Cl. pp. 249. Frontispiece and seven other plates in addition to the usual text illustrations.

Publisher: (London: Hodder and Stoughton: 1931) A Hodder and Stoughton H and S Yellow Jacket. Pictorial wrappers (that is, paper covers) pp. 128 (209 x 140 mm) Illustrated. Front wrapper says ‘See Janet Gaynor in this FOX Picture’ and has a picture of her in costume. 

  そうすると、これらが実在し、記述が正しければ、同じHodder and Stoughton 社でも128 ページ、190ページ、249ページの版が、ときおりジャケットや図版の改変を行ないながら、存在してきた、ということになります。

  で、話が長くなりましたが、自分が気になったことというのは、PG のテクストから判断して、これはイギリス版であっても、初版ではなくて、後のリプリントをもとにしているのではないか、ということです。

  その根拠の主たるものは、ひとつには today やtomorrow のつづり方、もうひとつには縮約形の印刷の仕方です。

  一点目。PG は一貫してtoday、tomorrow と綴っていますが、センチュリー版は一貫して to-day 、to-morrow と綴っています。しかし、これはアメリカだけのスタイルではなくて、第一次大戦が終わって1920年代くらいまでは英米とも to-day のようにハイフンを入れるのが一般的でした(自信98パーセント)。もちろん今日ハイフンを入れるのは "old-fashioned" になっています。

  たとえば17世紀のサミュエル・ピープスはもちろん to-day と綴ります。しかしPG版は、地のジュディーの文章における to-day、to-morrow だけでなく、引用符に入っているピープスの日記の "To-day came home my fine Camlett cloak . . . ." の "To-day" も "Today" となっています。これが何を語っているかというと、一貫した変更が行なわれ、誤って引用文中の単語も直してしまったということです。そして、一貫した変更は、なるほど今日のようなコンピューターでこそ簡単に行なわれる、と考えられるかもしれませんが、いやしくも公開のe-text を作成する人間が、よほどのバカか歪んだ言語観をもった狂人かでない限り、その種の変更を勝手に加えるということは考えられません。しかし、出版社、とりわけ一般書を出す出版社が、時代にあわせてつづりを「現代化」するということは考えられます。

  2点目。センチュリー版は、たとえば didn't という縮約形を did n't というふうに、n'tの前にスペースを入れています。これは下のセンチュリー版のページを見ていただくとわかるように、 It 's とか she 'd [=she had] とか、 there 's とか、I ’m とか、We 've とか、That 's とか、すべてそうです(can't や don't はちがいます――それはたぶん音と綴りと読みの関係の問題)。

WS000381.JPG
Jean Webster, Daddy-Long-Legs (New York: Century, 1912) <http://www.archive.org/stream/daddylonglegs00websrich#page/64/mode/2up>

    この習慣について、自分はちゃんとした知識がありません、恥ずかしながら。個人的にこういう印刷を見たのは高校生の頃、ペンギン版の『不思議の国のアリス』でした。その後、1900年前後のアメリカ文学のテクストでも(たとえばノリスの『マクティーグ』)、初版では同様に狭いスペースが入っていたことは知りました。イギリスでもアメリカでも、かつてはこういう印刷のされかたをしていた、ということは確かです。

  よくわからんのですが、常識で考えると、ふつうにスキャンすれば、もとのテクストの語と語のスペースは残るはずですから(だって、スペースが自動的に閉じてしまうならば、縮約形の連語のみならずすべての語と語の間のスペースがなくなっててしまうことになる)、やはり、依拠した本が既にスペースをもっていなかった、ということになるのではないでしょうか。今日、「本」にするときには、この種のスペースは保存しないで、詰めて編集してしまうであろうことは承知していますが。

  ということで、Project Gutenberg の Daddy-Long-Legs のE-text は、信用でけへん、というのが結論です。残念ながら、あちこちに増殖しているのですけれど。それだけに、たいへん問題だと思うのです。


脚の話 (1)――百足図 Leg Stories: Centipede Pictures [Daddy-Long-Legs]

「カリフォルニア時間」というブログを2008年4月に始めたころに、ブログのありようについていろいろ教えを受けた、アメリカ在住の美女が、昨年日本に一時里帰りして、そのときにはじめは大人数で飲んでいたのが、何段もハシゴをして(たぶん5段くらい)、なぜか明け方までつきあってもらって、ふたたびブログのありようを相談させてもらった際に、口から半分は出まかせで、『あしながおじさん』は脚の話である、というようなことを言いました。それと合わせて、『あしながおじさん』における神問題と脚の話がつながる、という予感めいたものを語り、いずれにしてもいずれもぜんぜん同意を得ることなく終わった(まあカラオケで歌った「恋の予感」みたいなものだったし)のですけれど、これから書くから、と無謀な先生いや宣誓をしたような記憶がかすかに罪悪感めいたものと共に残っているのでした(です)。

  以上で前口上は終わり。

  あ、いや、もう少し書くと、そのときブログについて別に話したのは、自分(モーリちゃんの父)的には、「カリフォルニア時間」を読み返してみると、自分でおもしろいのは、モーリちゃんとのクイズみたいな記事であって、それを書けなくなったいまの「学問」的状況はなんだか自縛的で問題かなあ、ということでした(たしか)。アメリカにいたから書けたということと、(それと同じことですが)生活状況が変わってしまって日常生活を書くと、日本の個人的状況・人間関係があらわになってイヤだな、みたいな。ブログは日記だと規定した自分であったはずなのに。ああそれなのに。

  閑話休題(自爆)。

  それなりに論理を組み立てたいのですが、まだ思案中w。でも、(1) と書いたからには突き進みますよ、はい。できうるならば自分を崩しながら。

  まずはカタイ話ではなく、図から。

  8本足のザトウムシ(アシナガオジサン) (Penguin Classics 8) と昆虫のコガネムシに擬せられる理事 (Penguin Classics 41) のあいだに出てくる多本足の存在はムカデです。漢字では百足、英語は同様に「百の足」を意味する "centipede" です。実際にはさまざまな本数のムカデが存在し、100というのは「多数」の意味でしかないのは承知しておりますが、下の引用にあるように、「百本足」という名称にのっとった記述をジュディーはしています。

WS000383.JPG

   寮(ファーガスン・ホール)は、建物が古いのと、ツタが壁を覆っているために、いっぱいムカデがいて、学生たちを悩ませているのですが、このときは、手紙を書いているジュディーのそばに天井から落ちてきて、ジュディーとびのく拍子にふたつカップをテーブルから落としてしまいます。叫び声を聞きつけてサリーとジュリアのみならず廊下のむかいの4年生もジュディーの部屋に入ってきて、サリーがヘアブラシ(ジュディーの)でムカデを叩き、マエのほうは死んだけれど ("killed the front end")、うしろの50本 ("the rear fifty feet")はたんすの下へ逃げていきます。

  ジュディーは、ムカデを "dreadful creatures" と呼び、ベッドの下にトラがいるほうがまだましだ、とも書きます(Penguin Classics 36)。

  これが1年生4月か5月の月曜日。ところが、1年後の5月か6月の木曜日の手紙 (Penguin Classics 72) では、小鳥とリスとムカデと一緒にお茶をしていて、ムカデにむかって、「ムカデ夫人さん、おひとつ、おふたつ?」("My dear Mrs. Centipede, will you have one lump or two?" と言いながらカップをさしだす絵が描かれています。

WS000386.JPG

   手紙の本文は短いもので、この絵を導入するダッシュの前に、実験棟から戻ったら、リスがティーテーブルに「座って」ひとり勝手にアーモンドを食べていたことを書き、「天気が暖かくなって、窓が開けはなしなので、こういう種類の訪問者たちの接待をわたしたちはしています――」("These are the kind of callers we entertain now that warm weather has come and the windows stays open―") と記して、あとは上の絵が載っているのです。

WS000385.JPG

   now that = since (理由)

  "we" と書いてはいますけれど、チャイナ服のように見える服を着たわたし=ジュディーが接待しているのは明らかで、ムカデとの和解はなぜ起こったのか(理由)、がひとつの問題なのですが、それはマタにして、百足図で気になるのは、第一に、頭がでかく描かれていることです。これはムカデの知性を認めたということなのでしょうか? それとも最初の図は、そもそもサリーによって分割されたのちも生き残った半分を描いていたということなのでしょうか? それと付随して、第二に、足の向きの問題があります。第二のムカデ図を見ると、椅子に腰掛けて、垂直に立っている部分は、重力によって、足が下向きになる、ということは考えられますが、椅子の上の水平部分も、足の折れ方は同じ方向です――

 (頭 〈〈〈〈〈〈〈〈〈〈〈〈〈〈〈〈〈
    〈〈〈〈〈〈〈〈〈〈〈〈〈〈〈〈〈  尻)

  そうすると、第一のムカデ図で、左側が頭の側で、右側が尻の側、ということにならないでしょうか。なりますね。ならば、やっぱり頭がなかったのでしょうか? あと、じゃあ、右の端のコックさんの帽子みたいなかたちに丸まっているのは小さい頭ではなくて、何?

  はい、数をかぞえました。第一のムカデ図の上半分にある足の数は31本、下半分は34本。

  あらためてテクストを読むと、 "It was caused by a centipede like this:" と書かれています。「それ〔叫び声〕は、こんなムカデによって引き起こされたのでした――」。そうすると、この図は半分になる前のムカデだった、と考えるのが自然だと思われます(100に満たないのは、上下の足数が合わないことでほのめかされるように、アバウトな絵だから)。

  ちなみに第二のムカデ図では、むかって左側の足の数はおよそ20本くらい、右側は24~25本くらいしかないようです(目が疲れました)。しかし、これが、同様にアバウトさ故なのか、それとも一年前に生き残ったムカデの半分だということを示唆するものかどうかは不明です。

  ううむ。これが脚の話で、神問題にどうやってつながるのでしょう(我ながら不安だわ~w)。


ムカデの生態 Centipedes [Marginalia 余白に]

「脚の話(2) 」とする内容ではないので、余白に書き留めます。

  ムカデは広義にゲジみたいなものまで入れるといろいろな種類があるのですけれど、いずれにしてもムカデ類は節足動物の仲間です。節足動物には昆虫もクモ類も入るわけですが、日本語のウィキペディアを見ると、全体としていろいろな分類が提案されているようですが意見の一致はないのだそうです(ほんとかどうか知りません)。いっぽうで、いちおう新らしめの分類においては、ムカデは多足亜門 Myriapoda に、ヤスデ綱(倍脚綱)Diplopoda などと一緒に ムカデ綱(唇脚綱)Chilopoda として位置づけられています(旧分類だと大顎亜門 Mandibulata として昆虫綱 Insecta甲殻綱 Crustacea とも一緒だったのが、どうやら見たところ足の多さを名称とする門にいれられてコガネムシやエビ・カニとは違う網におさまっているようです(しろうとの目から見て)。myriapoda というラテン語のmyria は"many" でpoda は "legs" であることは確かです。chilopodachilo というのは "lip" 唇という意味ですが、唇足とはなんぞや。どうやら口の後ろの体節がアゴとかも含めどういうふうに足の体節から形成されるかで名前ができているようです(頭部の次の体節に歩肢がなくてアゴができているとか)。よくはわかりません。

  英語のウィキペディアの "Centipede"日本語のウィキペディアの「ムカデ」も、なんだかカラフルな種の写真を載せていて、違和感があります。自分がむかし日本海の田舎の家で見た(子供の目ではありましたが、15~20センチくらいありました)のはオオムカデ目・オオムカデ科のトビズムカデではなかったか、と思います。これは日本では最大になるムカデのようですが、英語のリンクを見ると、"Chinese red-head centipede" となり、東アジアとオーストラリア周辺でみられる種類のようです(漢方で蜈蚣ゴコウと称される)。

  渡辺塾の「ムカデ」のページは、刺されたりひっくり返したりしてムカデを撮影し、かつ途中から英文混じりで解説・ルポルタージュしていますけれど、Scolopendra すなわちトビズムカデですので、日本の話でしょうか <http://www.geocities.jp/faithfulwata/centipede/newpage1.html>。

  ムカデはいろいろな生息場所があるみたいですけれど、アメリカの建物内に出るムカデはどういうものなのでしょう。気になります。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・

  図書室にこもって調べた結果、北アメリカの家に出るのはScutigera coleoptera という種みたい(自信20パーセント)。でも再びWeb で確認しようとすると、ゲジの一種だと書いている日本語のサイトがあったりするので、よくわかりませんが、はじめは足の数が少なくて、成長するにつれてどんどん数が増えるようです。そして動きが早くて、ゴキブリやハエをつかまえる。で、これは "the house centipede" とも呼ばれるようです。それから "the garden centipede" と呼ばれるのが北アメリカでもっともよく見られる種類のようですが、数インチを超えることはめったにない小さい種のようです。

  あ、英文ウィキペディアに Scutigera coleoptera 、ありました。あ、対応する日本語ウィキペディアではゲジです。えー、なんだよ~。15対しか足ないし、胴は短いし・・・・・・。

800px-Centipede_Stalk.jpg
"House centipede stalking a spider" image via Wikipedia <http://en.wikipedia.org/wiki/Scutigera_coleoptrata>

   しかし、どうころんだって、これはジュディーが描いているムカデではないですよね。

WS000383.JPG

 半分じゃなくて四分割したって長さが足りないです。Scutigera coleoptera としてもっとムカデっぽい画像を載せているページもありますが、それはまちがいかもしれませんし、そもそももはやScutigera coleoptera にこだわってもしょうがないかもw。

  ただ、おそらくまちがっていないのは、"house centipede" と呼ばれることの多い種としてScutigera coleoptera がいますが、ジュディーが遭遇しているのはそれではない、ということです。そして、ゲジにしろムカデにしろ、クモやムシを食べる(当然おとなしいザトウムシも食べる)predator、carnivore であることです。そしてザトウムシと違って毒をもっています。(ザトウムシ=daddy-long-legs については「アシナガトウサン――ダディーロングレッグズ (2) Daddy-Long-Legs [Daddy-Long-Legs]」を参照)。

  で、しょうがないので、イメジと、動きと生態を把捉すべく、現時点ではでかいムカデの映像を参考にはっておくことにします。気持ち悪いものが苦手なひとはここから下は見ないほうがいいかもしれません。スペースをあけておきます。どうやら有名な『ナショナルグラッフィック』の提供のようなのですけれど。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


"Centipede vs. Snake" (1:52) posted by NationalGeographic on June 2, 2008.


"Giant Centipede" (3:20) posted by NationalGeographic on July 12, 2007.

  あしからず。


脚の話 (2) ――詩の歩格や詩脚についてムカデのむこうに透視するの巻の上 Leg Stories (2): Foots, Meters, and Centipedes Pt.1 [Daddy-Long-Legs]

『あしながおじさん』の1年生4月か5月の月曜日の手紙に描かれたムカデ図を眺めていたら、それが文中で1行をなして、かつ、センテンスの一部であることがわかりました。――

WS000383.JPG

  絵の次の行が "only worse." と、only が大文字ではなくて小文字で始まり、worse のあとにピリオドがついています。この "only worse." を翻訳者のなかには「しかもおそろしいことに、さっきの最後の文を書きおえて、次に書くことを考えている最中に、このムカデが、ポトッと、手もとにおちてきたんです。」とか、「それよりもっと恐ろしいことには、ちょうど最後の一行を書き終って次に何て書こうかと考えていたときに――ぱたり――とそれが天井から落ちてきて私のそばに着陸したのです。」とか、次のセンテンスとくっつけて訳しているひともいますけれど、worse の比較は百足図に対するものであって、(こんなの like this だったけれど――ムカデ図登場――)「でももっとひどい〔いやな worse<bad=nasty〕。」という意味です。だから、しつこく書くと、この図の入ったセンテンスは、

It was caused by a centipede like this: [百足図] only worse.

なのでしょう。

  ううむ。いや、インデント(頭下げ)した引用を含んで、

It was caused by a centipede like this:

     [百足図]

only worse.

  というのが精確かしら。いや、そんなセンテンスの表記はないですか。ともあれ、百足の頭だか尻だかにピリオド [.] なりセミコロン [;] なりコンマ [,] なりが絵なのでそもそも付けがたいし判別不能なのはさておき――気持ち的にはセミコロンくらいほしいような――、only が Only でないのは確実。ゆえに、逆に言えば、"only worse." は次のセンテンスではなくて、その前の部分とくっついてセンテンスを成すということも確かです。

   足がもつれた感じなので出直してきます(ほんとは買物と夕飯タイム)。

//////////////////////////////

過去の百足記事――

脚の話 (1)――百足図 Leg Stories: Centipede Pictures [Daddy-Long-Legs]

ムカデの生態 Centipedes [Marginalia 余白に]


脚の話 (3) ――詩の歩格や詩脚についてムカデのむこうに透視するの巻の中 Leg Stories (3): Foots, Meters, and Centipedes Pt.2 [Daddy-Long-Legs]

承前 

英詩についていくらかかじったことのあるひとはごぞんじであろうことばに、詩脚という、ワープロでは変換してくれないことばがあります。逆に言うと、ふつうのひとは聞いたことのないことばであり、知りもしない概念ではないかとも思います。
  英語では単に foot です。詩脚というのは簡単にいうと、音節の配列パタンです。が、それでは簡単すぎてかえってわからないので、もう少し説明します。一般に音節のなかの母音(目に見える文字でいうと母音字)は強く読まれたり弱く(あるいはストレスがなく)読まれたりするわけですけれど、それによって文のリズムがつくられます。詩ではその調子をそろえて作り、また読むことが一般に散文よりも行なわれてきました。そのリズムの単位が詩脚です。強弱・強弱・強弱・強弱・・・・・・とつづくのは「強弱」格で trochaic foot [=trochee] といいます。弱強・弱強・弱強の「弱強」格の詩脚は iambic foot [=iambus]。個人的に聞いたことはないですが「音歩」という日本語もあるようです。
  ついでに雑学的に書きますと、「強弱格」をいう trochee の語源のギリシア語の意味は "running" です。 走っちゃってます。強弱格は、ギリシア、ラテン詩において、軽快な調子の詩に用いられました。英詩においても躍動感を出す場合に用いられることがあります。しかし一般的には、リズムは強→弱へと移るので、終止する感じを生み、沈鬱で物悲しい気分を表わすのに適している(といわれます)。英詩には強勢で始まる語が少ないため、trochaic foot のみで書かれたものは少ないのだそうです。いっぽうで、英詩の最も基本的な foot であるのが「弱強格」と訳されるiambic foot です。これは自然で重厚で落ち着いた感じを伴う(といわれます)。また、詩行の終わりが強勢で終わるため、そこからの解放という心理的欲求が生じ、次の行へとつながりやすい(といわれます)。詩行の連続する長篇詩にこの iambic foot が多く用いられるのはそのためだろう(といわれます)。
  音楽との類推でいうと三拍子の詩脚もあって、強弱弱格はdactylic foot 、弱弱強格は anapaestic foot です。anapaestic は「ひっくりかえした」という意味ですけれど、dactylic のうらがえし、という含みです。しかし、少なくとも英詩でいうと、頻度的には強弱弱格のほうがだいぶ低いです。anapaestic foot は、はじめの二つの弱音節が早く読まれるので、しばしば軽快なスピードを生み出すのに役立つ(といわれます)。強弱弱の dactylic は重苦しいリズムを作り出す効果をもつ(といわれます)。
  もちろん、組み合わせの問題としては、「強強」格というのもあります (spondaic foot)。「弱弱」格もあります (pyrrhic foot)。それから amphimaceric foot 「強弱強」格、amphibrachic foot 「弱強弱」格も、あんまり用いられないけれども他の型のなかで変化をもたせるたために入れられたりします。「強強」があるなら「強強強」と強気の歩脚もありそうなものですが、寡聞にして知りません(あっても不自然なことは確かでしょうが・・・・・・すいません、話がそれそうなので戻します)。

  〔25日追記――いちおうウィキペディアの「韻脚」という項目で説明があるのでリンクしておきます。詩の実例があがっているのでわかりやすいと思います。「Molossus(強強強格。稀に)」と強気の三強が英詩でもあるのですね。・・・・・・同日夜 本筋じゃない部分を少しだけ薄くしてみました。〕

  で、英詩の勉強を続けますと、この詩脚が一行にいくつあるかを測るのが meter です。というかふつうにいうと、1行におけるfoot の数が meter です。詩学では「歩格」と訳されます。音楽では meter は「拍子」ですから、どうも捉える幅が違うような気がするのですけれど、いっぽうで音の強弱によるリズムの規則的な配置、ということはほとんど詩脚を、「格調」とか「韻律」という訳語にして meter のなかに捉える場合もあるのも事実です(逆に言うと meter はあいまいな用語です)。語源となったギリシア語のmetron は "measure" の意味ですけれど、メトロノームのメトロの語源でもありますよね。
  一歩格 monometer 、二歩格 dimeter 、三歩格 trimeter 、四歩格 tetrameter 、五歩格 pentameter 、六歩格 hexameter 、七歩格 heptameter 、八歩格 octameter といったぐあいです。(foot の分類でも使われる「格」というのはどういう意味なんでしょう。meter の訳語とも思われんのですが。「法則」とか「規格」なのでしょうかね。)
  で、英詩は、あるいは英詩の詩行は、この詩脚と歩格の組み合わせによって分類されます。
   例)  iambus × 4  = iambic tetrameter
          iambus × 5  = iambic pentameter
          anapaest × 3 = anapaestic trimeter
  
  
  では、英詩講座はこれでおわります。

 

 

 

  ・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

  ところで、興味深いのは、脚の問題です、もちろん。英詩では音の強弱によってリズムが形成され、そのリズムが foot とされ、その脚が集合して詩行をつくり、整然と進行していくというイメジです。なんで脚なのか、というと古典詩学を継承しているから、というのが理由であって、もちろん詩学というのは文学の中で例外的に学問的なところがありますから、古い概念に由来する用語をもっていてもぜんぜん不思議ではありません。しかし、古典詩学においては、音の強弱ではなく長短にもとづいて詩脚が測られ、また、複詩脚が韻律の単位であったということは、英語詩との大きな違いであり、かつ興味深いところです。つまり、ぶっちゃけていえば、脚の長短があったし、基本一対の脚を想定した、ということです。複詩脚の英語は dipody ですが、pody のもとのギリシア語のpod は、ムカデの centipede の pede (こっちはラテン語がもとでしょうけれど)と同じで、足 foot の意味です。古典詩で trimeter は2 x 3 で六歩格、英詩で trimeter は文字通りに三歩格です。

  いささか乱暴に(かつ、気がする程度の語りで)脚の比喩を語れば、英詩では一行に foot がいくつあるか、というのは数の問題でしかないし、別に脚と呼ばないでもいいような気さえします(それは本来的に詩において比喩であっただろう「脚」が比喩として生きていないからです)。しかし、古典詩では、一対の脚で、歩いたり走ったりしながら進んでいくというイメジが強くあるような気がします。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

 

  と、ここまでくると、ジュディーが描いた百足図に詩のイメジを透視することが自然にできるのではないでしょうか。音節ならぬ体節に対の脚を付けて進む節足動物ムカデに詩行の隠喩を透視することが――

WS000383.JPG

できませんか。まあ、透視というのはふつうのひとにはむつかしいもののようですw。

 

 

///////////////////////

   昨日から一日考えて、詩学のおさらいをしたり、途中で何度もページが飛んで消えてしまったり、パソコンがダウンしたりして、内容のないようなわりに疲弊しました。その「下」が書けるかわからないので、メモ的に思いつきを書きとめておきます。

  1)  ジュディーは英詩の勉強をしているのは明らかです。言及・引用されるのはバイロン、ワーズワース、シェリー、テニソンなどのロマン主義的詩人を中心に、マシュー・アーノルド、エミリー・ディキンソン、そしてシェイクスピアやマザーグースやたぶんロングフェローなど。同時にラテン語の勉強をし、ラテン詩を読んでいるのも事実です(はっきり読んでいると名指されるのはローマの抒情詩人カトゥルス)。

  2)  とりわけアメリカのロマン主義詩人ポー(この『あしながおじさん』には言及がありませんが、『続あしながおじさん』と『パティーが大学生だったころ』と『おちゃめなパティー』にはポーへの言及があります(詩ではないけれど))の詩と詩論で有名なこととして、詩が音楽の状態をめざすとか、あるいはそれも契機として反現実の願望なり天上的な憧れなりを示すというのは、とくにロマン主義の詩において顕著な特徴かもしれません。ジュディーはロマン主義とリアリズムのあいだで揺れるのだけれども、まずはリアリズムからだという決断を小説家としてはします(4年生4月4日の手紙)。

  3)  小説が地上的なものを扱う度合いが詩に比べれば強く大きいのが事実でしょうが、地上を這う存在であるムカデは文学的な比喩になりうるのだろうか(疑問)。とりあえず、古典詩学の、地上を歩く詩行のイメジは、天上的・音楽的状態を希求するロマン派的、(ポー的)音韻重視的詩学とは違うリアリティーを喚起するのかしら、文体的比喩として。

  4)  詩をやっているほうのアメリカの美女に聞いてみたいとこ・・・・・あ、このへんでやめておきます。

////////////////////////////////

1月31日朝付記――下ではないですけれど、「「六行目に脚が多すぎる」――ムカデ図への伏線――脚の話 (7) "The Sixth Line, Which Had Too Many Feet": Leg Stories (7)」を書きました。
  それから、以下の記事もそのまえに書きました。――「千本足――脚の話 (4) Thousand Legs: Leg Stories (4)」、「千本足パート2――脚の話 (5) Thousand-legged Worm, Part 2: Leg Stories (5)」、「足のむくまま、またはムカデの方向――脚の話 (6) As the Feet Will Carry: Leg Stories (6)」、「世界滑稽名作集の『蚊とんぼスミス』のムカデ  Centipedes in "Katombo Smith"」、「『蚊とんぼスミス』のムカデ(補足)  Centipedes in "Katombo Smith" [Daddy-Long-Legs] Translated by Azuma Kenji


拝啓繋柱様 Dear Hitching-Post [Daddy-Long-Legs]

『あしながおじさん』1年生9月24日付のジュディーの最初の手紙。ジュディーは、 "Dear Kind-Trustee-Who-Sends-Orphans-to-College," と、長い語句をハイフンでつないで一語にしたユーモラスな頭書きで始めて、自分が知っているのは①背が高い、②金持ち、③女の子嫌い、という3点のみで、そのうち不変なのは①の背の高さだけなので、"Dear Daddy-Long-Legs" と呼ばせてもらいます、と、一年前の「ザトウムシ」のような影のエピソードは伏せたままに呼び名を設定し、手紙の終わりに、あらためて"To Mr. Daddy-Long-Legs Smith." と締めくくります。

  その途中で、ジョン・スミスという名前について不満を述べるところに出てくる「繋ぎ柱」について。

But how can one be respectful to a person who wishes to be called John Smith?  Why couldn't you have picked out a name with a little personality?  I might as well write letters to Dear Hitching-Post or Dear Clothes-Pole [イギリス版はClothes-Prop]?  (Penguin Classics 13)
(でもジョン・スミスなんて呼ばれることを望んでいるひとに、どうして「かしこ」まったりできるでしょう。どうしてちょっと個性のある名前を選びだせなかったのですか。これではまるで馬繋ぎ柱さまとか物干し柱さま宛てに手紙を書いているようなものです。)

  hitching post は馬などを繋ぐ柱のことで、縄をつなぐワッカがあるのが基本形のようです。で、もともと、おそらく田舎では木製かと思われます。

hitchingpostlarge.jpg
"Ol' Hitching Post" image via Welcome to Parksley, Virginia <http://www.parksley.com/seeus.shtml>

Hitching%20post.jpg
image via PN City Library <http://citylibrary.pncc.govt.nz/modules/gallery/gallery_popup.php?gallery_id=29&image_id=5260>

  ただし、複数の柱を横木でつないだのも hitching post のようです――
HitchingPost2528130253_3229015940(RobZabroky).jpg
"The Hitching Post" image via Pixel This - Wildlife Photography by Rob Zabroky" <http://photographyrobzabroky.blogspot.com/2009/09/hitching-post.html>
Downtown_Hartford_early_1900s.jpg
"Main Street, Hartford, Michigan in the Early 1900s" image via A Pictorial History of Hartford, Michigan <http://www.hartfordmichigan.com/hartfordhistory/business%20district/Main%20Street%20in%20Hartford%20early%201900s.htm

  うーん、見にくいですね。19世紀初頭のミシガン州ハートフォードの本町通り。

  アンティークとして取り引きされる鉄製の馬繋ぎ柱その1――
HitchingPost(Philadelphia,19c-953_photo1.jpg
"Hitching Post, Antique Cast Iron Horse, Wm. Adams Fdy. Philadelphia, 19th C." image via Aileen Minor <http://www.aileenminor.com/inventory_details.cfm?item=953>

  19世紀東部ペンシルヴェニア州フィラデルフィアの鉄製の "horse head" のデザインの馬繋ぎ柱。

  アンティークとして取り引きされる鉄製の馬繋ぎ柱その2――
Hitching-Post-IMG_9599.jpg
image via Comollo Antiques & Fine Art, Manchester Vermont <http://www.comollo.com/pages/garden.html>

  これはいつごろのものかわかりませんが、北東部ヴァーモント州のもの。シンプルです。

  御影石の馬繋ぎ柱――
GraniteHitchingPost.jpg
image via Old Town Temecula Candlelight Walking Tours Photo Gallery <http://www.oldtemeculacandlelighttours.com/photo_gallery.htm>

  都市の街路に立てられてた鉄製の馬繋ぎ柱――
3031624848_a88d28bcbf.jpg
image via flickr <http://www.flickr.com/photos/brevity/3031624848/>
  サンフランシスコのNeil さん撮影。

  現在はさかんに装飾用にアンティーク(まがい)として製造されているようで、中国のカタログ――
HitchingPost(madeinChina)7.jpg
image via Cast Iron Horse Head Hitching Post - Batou Hengsheng Casting Co., Ltd <http://www.ecplaza.net/product/83629_212037/cast_iron_horse_head.html>

 

変わった馬繋ぎ柱その1(手)――
HitchingPost-2008-02-05__11-20-16Image1.jpg
image via Antique and the Arts Online <http://antiquesandthearts.com/Antiques/CoverStory/2008-02-05__11-20-16.html>

変わった馬繋ぎ柱その2(顔)――
HitchingPost-7085444(comollo).jpg
image via Comollo Antiques & Fine Art, Manchester Vermont <http://www.comollo.com/pages/garden.html>

    同じ手紙でジュディーは、一日の生活が鐘で規則正しく決められていて、 "fire horse" 消防馬のようだ、とぐちっています。消防馬について前に書いたように、1910年代に次第に消防馬は消防車に代わっていきました。1900年から1910年前後というのは、馬から自動車への転換の時期で、『あしながおじさん』では、ジュディーはとりわけロック・ウィローでは馬車に乗っていますが、やってくるジャーヴィス坊ちゃまは自動車に乗っているようです。

  時代は流れて今は自転車用の hitching post があるようです。
BikeHitchingPost-thule934.jpg
  『あしながおじさん』を読んでいると、なんとなくイギリスが舞台の『チップス先生さようなら』を思い出すことがあるのですけれど、「新しい女」が自転車に乗っていたころにジュディーやジーン・ウェブスターは自転車乗らなかったのかなあ、と思ったりもします(大きなお世話か)。

///////////////////
Frances McQueene-Jones Mascolo, "Horsing Around: Nineteenth Century Cast Iron Hitching Posts" <http://antiquesandthearts.com/Antiques/CoverStory/2008-02-05__11-20-16.html> 〔Antiques and the Arts Online

1月27日夜追記――辞書の話を加えた補足的な記事「馬繋ぎポスト Hitching Post or Horse Post」を書きました。

3月7日夜追記――あんまり補足的ではないなかば回顧的な記事「ヴァージニア州リッチモンドのガートルード・スタインと古い馬頭馬繋ぎ柱 Gertrude Stein, Richmond, Virginia, with an Old Horse-Head Hitching Post [カリフォルニア時間補遺]」を書きました。

 

 


千本足――脚の話 (4) Thousand Legs: Leg Stories (4) [Daddy-Long-Legs]

詩脚と歩格の話のつづきはまだまとまっていませんが、ムカデの話の基のところに戻って説明をすることがありました。「脚の話 (1)――百足図 Leg Stories: Centipede Pictures」で書いた、「ムカデとの和解はなぜ起こったのか(理由)」という疑問の答えです。1年生の春には、嫌悪していたムカデと2年生の5月にはお茶しているのはなぜか。

  それは、ひと月前の4月11日の手紙にヒントがあるのではないかと考えます。その手紙は、前日の4月11日に、"Dear Mr. Rich-Man" 宛てに50ドルの小切手(これは都会のニューヨークに出た興奮から、どれでも好きな帽子が買えたら、、とかその前の手紙でジュディーが書いたのにあしながおじさんが反応したものです)を突っ返して、自分は物乞いをしたのではない、必要以上の慈善なぞごめんだと書いた手紙を投函してしまった、そのことを反省して書いたものです。――

                                           11th April

Dearest Daddy,

Will you please forgive me for the letter I wrote you yesterday?  After I posted it I was sorry, and tried to get it back, but that beastly mail clerk wouldn't give it back to me.
     It's the middle of the night now; I've been awake for hours thinking what a Worm I am―what a Thousand-legged Worm―and that's the worst I can say!  I've closed the door very softly into the study so as not to wake Julia and Sallie, and am sitting up in bed writing to you on paper torn out of my history note-book.
     I just wanted to tell you that I am sorry I was so impolite about your cheque.  I know you meant it kindly, and I think you're an old dear to take so much trouble for such a silly thing as a hat.  I ought to have returned it very much more graciously.
     But in any case, I had to return it.  It's different with me than with other girls.  They can take things naturally from people.  They have fathers and brothers and aunts and uncles; but I can't be on any such relations with any one.  I like to pretend that you belong to me, just to play with the idea, but of course I know you don't. I'm alone, really―with my back to the wall fighting the world―and I get sort of gaspy when I think about it.  I put it out of my mind, and keep on pretending; but don't you see, Daddy?  I can't accept any more money than I have to, because some day I shall be wanting to pay it back, and even as great an author as I intend to be won't be able to face a perfectly tremendous debt.
     I'd love pretty hats and things, but I mustn't mortgage the future to pay for them.
     You'll forgive me, won't you, for being so rude?  I have an awful habit of writing impulsively when I first think things, and then posting the letter beyond recall.  But if I sometimes seem thoughtless and ungrateful, I never mean it.  In my heart I thank you always for the life and freedom and independence that you have given me.  My childhood was just a long, sullen stretch of revolt, and now I am so happy every moment of the day that I can't believe it's true.  I feel like a made-up heroine in a story-book.
     It's a quarter past two.  I'm going to tiptoe out to post this off now.  You'll receive it in the next mail after the other; so you won't have a very long time to think bad of me.

                           Good night, Daddy,
                           I love you always,
                                               JUDY

(きのうあなたに書いた手紙をどうか許してくださいますか。投函してから後悔し、とりもどそうとしたのですが、いまいましい郵便屋さんがどうしても返してくれなかったのです。
  いま真夜中です。何時間もベッドの中で、自分はなんというムシみたいな人間なのか――ムシケラもムシケラ千本足のムシケラだ――と考えつづけていました――これ以上の悪口知らないです! いま、ジュリアとサリーを起こさないように勉強部屋に通じるドアをそっとしめて、ベッドの上にすわって、歴史のノートから引き裂いた紙に手紙を書いています。
  送ってくださった小切手のことで、たいへん失礼をしてしまい申し訳ありません、とただお伝えしたかったのです。あなたが親切な気持ちからなさったことはわかっています。たかが帽子のようなつまらないものに骨を折ってくださるなんて、あなたはやさしいおじいちゃまなんだと思います。もっとずっとやさしく心をこめてお返しするべきでした。
  しかし、いずれにしても、わたしはお返しせねばならなかったのです。わたしと他の女の子たちではちがうのです。彼女たちはひとから自然にものを受けとることができます。父親がいて、兄弟がいて、おばさんやおじさんもいるのです。でも、わたしは、誰ともそういう関係ではありえないのです。あなたが私の身内だと (you belong to me) いうふりをするのは好きです、ただそう考えて楽しむだけですけれど。でももちろんあなたがわたしの身内ではないことはわかっています。わたしはひとりぼっちなんです、ほんとうに――壁を背にして世界と戦っているんです――そう考えるとわたしはなんだか息が切れてあえいでしまいます。わたしは頭からそういう考えををとりはらって、ふりを続けるんです。でもわかるでしょう、ダディー。わたしが必要以上のお金を受け取れないのは、いつの日か、お金をお返ししたくなるでしょうし、わたしがいくらココロザシどおりに大作家になったとしても、カンペキに度し難い借金にはたちうちできないからなのです。
  きれいな帽子とかなんかはわたしはあればそれは好きです。でもその支払いのために未来を抵当にいれてはいけないんです、わたし。
  無作法なわたしを許してくださいね。わたしにはひどいくせがあって、思いついたことを衝動的に書いてしまうので、手紙を投函してからあとのまつりとなるのです。でも、ときどきわたしが無思慮で恩知らずに見えても、決してほんとうではないんです。心の中では、いつも、わたしに人生と自由と独立を与えてくれたあなたに感謝しているのです。わたしの子ども時代は、ただ長く、むっつりした反抗の連続にすぎなかった。でも今、わたしは一日の一瞬一瞬がとても幸せすぎて、ほんとうのことだと信じられないくらいです。物語の本のなかのつくられたヒロインみたいな気持ちです。
  2時15分です。いまから忍び足でメールシュートまでいってこれを投函します。先の手紙のすぐ次の便で着くでしょう。ですから、わたしのことを悪く思う時間はそんなに長くはないでしょう。
                  おやすみなさい、ダディー
                  大好きです       ジュディー)

  この手紙はたぶんここまででいちばんマジな手紙で、泣けるところもあって、つい全部訳してしまいました(適当な日本語ですけれど)。

  足の話はどっかへ頭から飛んでしまいました。

    ではマタあしたに。

///////////////////

つづきです――「千本足パート2――脚の話 (5) Thousand-legged Worm, Part 2: Leg Stories (5)

前の記事です――「脚の話 (1)――百足図 Leg Stories: Centipede Pictures」「ムカデの生態 Centipedes」「脚の話 (2) ――詩の歩格や詩脚についてムカデのむこうに透視するの巻の上 Leg Stories (2): Foots, Meters, and Centipedes Pt.1」「脚の話 (3) ――詩の歩格や詩脚についてムカデのむこうに透視するの巻の中 Leg Stories (3): Foots, Meters, and Centipedes Pt.2


千本足パート2――脚の話 (5) Thousand-legged Worm, Part 2: Leg Stories (5) [Daddy-Long-Legs]

前の記事「千本足――脚の話 (4) Thousand Legs: Leg Stories (4)」で全文を引用した『あしながおじさん』2年生4月11日の手紙の冒頭で、ジュディーは自分を "Worm" と呼び、さらに最大級のひどい呼び方として "Thousand-legged Worm" だと言っていました。――

It's the middle of the night now; I've been awake for hours thinking what a Worm I am―what a Thousand-legged Worm―and that's the worst I can say! 
(いま真夜中です。何時間もベッドの中で、自分はなんというムシみたいな人間なのか――ムシケラもムシケラ千本足のムシケラだ――と考えつづけていました――これ以上の悪口知らないです!)

  worm というのはムシですけれど、昆虫というよりは芋虫、毛虫、青虫、ウジなど昆虫類の幼虫、そしてミミズやヒルや回虫などの蠕虫、さらに地虫やフナクイムシやクルマムシなどの節足動物――ようするに地を這ういろんな生き物を指すことばです(漢字の「蟲」の感じ)。
  比喩的には、「虫けら同様の人間」、「うじ虫」、さらに英語で少し独特な比喩として「みじめなひと」とか「しいたげられたひと」という意味で使うこともあります。旧約聖書「詩篇」22章6節には "I am a worm today." という文がありますが、これは「今日は少しも元気がない」という意味合いの表現として使われています。しかしもとは、ヘビかどうかはともかくイヤなムシのイメジです――"But I am a worm, and no man; a reproach of men, and despised of the people." [ふたつめのof=by] 文語訳聖書――「然(しか)はあれどわれは蟲にして人にあらず 世にそしられ民にいやしめらる。」
  しかし、古い英語としては、ヘビのことも worm といいました。エディソン (E. R. Eddison, 1882-1945) の有名なロマンス小説 The Worm Ouroboros (1922) の worm はヘビの意です。

1stcover.jpg
E. R. Eddison, The Worm Ouroboros (London: Jonathan Cape, 1922)

  しかし、このKeith Henderson 画の初版のカヴァーもそうですけれど、一般にウロボロス(「宇宙蛇)の絵がヘビだけでなくトカゲやドラゴンだったりするように、そもそもヘビ serpent や竜 dragon の範疇自体があいまいです。また、古語としての英語のworm は snake、serpent 、dragon のいずれも指しうることばでした。
  ハーマン・メルヴィルが『白鯨』のなかで議論を展開しているように、英雄神話のなかの竜や蛇=リヴァイアサン=鯨という等価も成り立つかもしれません。そうするとキリスト教的には、人間に悪しき知恵を与えた存在であるヘビは、それゆえに反天上的な「悪」の化身として忌むべき存在、退治されるべき存在となります。しかし人間が時間内に落ちることによってまさに人間になる、その条件を与え、知識を与えたのもヘビなのだから、キリスト教から異端とされた知の系譜のなかには、ヘビを忌まない考え方もでてきます。ヘビがいなければ今がないからです。今ない。

  閑話休題。

  ヘビ=邪悪の問題は、最高の大天使であったルシファーが堕ちてサタンとなるという話(これは「イザヤ書」14章12節 (How art thou fallen from heaven, O Lucifer, son of the morning! あしたの子明星よ いかにして天より隕(おち)しや) の誤解からとされていますけれど、はたしてどうか)とともに、善と悪の問題を考えるうえで頭を悩ませるところが大きく、考えてもわからんところもありますので、またいつか。

  閑話休題

  もともとヘビの話ではありませんでした。千本足です。

  まず、部屋に出る百足をジュディーが忌み嫌っていた事実がありました。自分が手紙に描いたムカデよりもっと実物は worse だとも書いていました。(また同じ絵を出します)――

WS000383.JPG
Jean Webster, Daddy-Long-Legs (New York: Century, 1912), 75

  百足はおそろしい生き物 dreadful creatures だ、とジュディーは言います。これが1年前の1年生のころ。

    千本足の虫というのは、数式でいうと、

       百足×10=1000(本足)

  の nasty さです。the worst です。この自省から、翌月のムカデ夫人の図が生じるのではないでしょうか。(また同じ絵を出します)――

WS000386.JPG
Jean Webster, Daddy-Long-Legs (New York: Century, 1912), 155

///////////////////////////////////////
E. R. Eddison, The Worm Ouroboros 朗読 LivriVox <http://www.archive.org/details/worm_ouroboros_jm_librivox>

The Worm Ouroboros, by E. R. Eddison, [1922], at sacred-texts.com <http://www.sacred-texts.com/ring/two/index.htm> 〔Internet Archive にはなぜか音源しか見つからないのですが、Internet Sacred Text Archive <http://www.sacred-texts.com/index.htm> にE-text がありました〕


馬繋ぎポスト Hitching Post or Horse Post [Marginalia 余白に]

『あしながおじさん』の最初の手紙の一節。

But how can one be respectful to a person who wishes to be called John Smith?  Why couldn't you have picked out a name with a little personality?  I might as well write letters to Dear Hitching-Post or Dear Clothes-Pole [イギリス版はClothes-Prop]?  (Penguin Classics 13)
(でもジョン・スミスなんて呼ばれることを望んでいるひとに、どうして「かしこ」まったりできるでしょう。どうしてちょっと個性のある名前を選びだせなかったのですか。これではまるで馬繋ぎ柱さまとか物干し柱さま宛てに手紙を書いているようなものです。)

  記事「拝啓繋柱様 Dear Hitching-Post」の補足です。 

  OED こと『オックスフォード英語大辞典』では動詞 hitch を見出し語とした記述に派生語として(具体的には 5. a. trans. To catch as with a loop, noose, or hook; to fasten, esp. in a temporary way (and against force acting in one direction). Also fig. の意味がもっぱらと思われますが) hitching ならびにその連語が挙がっています。――"Hence hitching vbl. n. (also attrib. as in hitching-bar, -clamp, -post, -strap, -weight, i.e. one used in tethering a horse); hitching ppl. a." (vbl. n. は動名詞、ppl. a. は現在分詞の形容詞 )
   それで、特にアメリカ英語とか考えていなかったのですけれど、とりあえず "hitching-post" の最初の用例はアメリカのペンシルヴェニアがらみのものです。――

1842 J. L. SCOTT Jrnl. Missionary Tour Pennsylvania (1843) vi. 68 When at the door they alighted, and he rode off to the ‘hitching post’.

   アメリカニズム(アメリカ語・語法)の辞典のひとつ、Mitford M. Mathews の A Dictionary of Americanisms on Historical Principles (U of Chicago P, 1951) を見てみたら、OED に載っていない連語も含めて、いろいろとアメリカ英語に入れていました。――

[この細い星印は、コトバ自体(この場合は "hitching")はアメリカ起源ではないという意味です]hitching, n. attrib.  Designating objects to which horses and mules [ラバ] may conveniently be hitched, as (1) hitching bar, (2) pole, (3) post, (4) rack, (5) rail.

  なるほど、これだけいろんな名称があるなら、横木タイプのものは hitching bar とか hitching rail とか呼ばれただろうし hitching rack というのも幅があって柵みたいな形状なのだろうな、と推測されます。同時にやはり、ことばからすると hitching pole や hitching post は本来的には一本の棒・杭・柱というイメジ、そして、なんか post のほうは垂直に立っているという感じですよね。仮に総称として hitching post がありだとしても、です。
  用例が順に挙がっているのですが、その (1) の最初のもの(1787年の用例)はスクウェア・ブラケットに入っていて、語源的なことと関わるという含みです(間が4メートルくらいで地面にさした2本の杭 (post) の上に横木を渡して、そこに馬の綱をかける釘(Pin)みたいなものを等間隔で打ちつけてある)。――

(1) [1787 ATTMORE Journal 37  There was a place for horses to stand, composed of two posts set in the ground at about 15 feet distance from each other on the tops rested a cross piece with Pins at intervals for fastening the Bridles, here stood a dozen horses.]  1877  CAMPION On Frontier 128 Beyond the fire, at a similar distance from it, a 'hitching-bar was put up, to fasten horses and mules to. ― (2) 1914 BOWER Flying U Ranch 63  [They rode to the hotel, tied their horses to the long hitching pole there and went in. ― (3) 1843 J. L. SCOTT Journal 68  When at the door they alighted, and he rode off to the 'hitching post.'  1948 Newsweek 30 Aug. 19/1  No ex-governors will put a halter or bridle on me and lead me to a hitching post. ― (4) 1904 HARBEN Georgians 146  Eric rode up to a hitching-rack and dismounted.  1947 CHALFANT Gold, Guns, & Ghost Towns 69  There [he] saw tied to a hitching rack a horse to which he took a fancy, so he mounted it and rode off.  〔ここにあるスペース・改行の理由は不明〕
   (5) 1920 J. GREGORY Man to Man 103  A dozen saddle-horses were tied at the hitching-rail.  1948 Sat. Ev. Post 21 Aug. 99/2  An hour later, he leaned on the hitching rail at the post office and wished he could simply die and have it over with.

   (2) の1914年の用例の hitching pole は "long" と形容されており、水平方向に長いのでしょう。(3) の hitching post は用例(最初のはOED と同じ用例です)だけでは水平か垂直かわかりませんが、公共の場ではなくて家の玄関にあるのだとしたら1本の棒の hitching post なのかな、という気はします(気がするだけです)。

  そして、つぎのようなイラストが載っておるのでした。――

HitchingPost,DictionaryofAmericanisms(1951).jpg

  はじめ見たとき、なんやこれ、と思いました。まちがってるんじゃないの、とも。でもちゃんと "Hitching post or horse post" と書いてあります。or は「あれかこれか」ではなくて、「イコール」です。野球選手(マウンドの上のピッチャーかなんか)かと思ったのですが、ジョッキー(騎手)なのですね(目医者かな)。

 


足のむくまま、またはムカデの方向――脚の話 (6) As the Feet Will Carry: Leg Stories (6) [Daddy-Long-Legs]

ムカデというのは後ろに進まず、前進あるのみなので、戦国武将の装身具の意匠に用いられることもあったのだそうです。そんなことを思いながら『あしながおじさん』の挿し絵を眺めておったのですが、日本の翻訳書のなかには、基本原作者ジーン・ウェブスターの挿画をトレースしながらも、もとの絵では白くとんがった部分を黒くふくらました絵があります(岩波系と旺文社文庫など)。

EndoHisako,trans.Daddy-Long-Legs(IwanamiShonenShojoBungakuZenshu12[1961]p.40top.jpg

  左端の、マッチ棒の頭みたいになっているところです。元の絵はヨウジみたいに白くとんがっていたのですが。で、これの理由や源泉はどこにあるのかわからない。わからないのですが、もしかすると、絵を作成したひとに、何か考えがあって書き加えたのかもしれません。

  それで、あらためてムカデの方向が気になったのでした。

  実は、このムカデが左向きであれ右向きであれ、調べてみた20くらいの翻訳はほとんどどれも原画と同じ向きのままです。

  けれども、一冊は反転し、もう一冊は垂直方向にねじっていました。後者は実は東健而の本邦初訳(のリプリント)なのですけれど、それは話がねじれそうなので別の機会にして、前者の反転した挿し絵のことについて書きます。

  正進社名作文庫10に白木茂による抄訳でおさめられた『足ながおじさん』(正進社、1970)です。――

SeishinshaMeisakuBunko10,p.48small.jpg

  批評のための引用のつもりなのですが、著作権が気になるので、小さな画像にし、文字はぼかします。

  特に童話とかで、話の進行と登場人物の向きが関わっているような挿し絵で、左右を反転させて翻訳をつくるということは、むかしから行なわれてきたことで、児童文学の翻訳者などが講演とかで話すネタのひとつになっていたりします。あと、これは日→英などの逆方向ですが、漫画の翻訳でも一括して反転させることがしばしば行なわれてきました。

  『あしながおじさん』の生き物の挿し絵をパラパラ眺めると、特に右向きになっているわけでもなく、むしろ左向きのカメとか馬とか恐竜とかが目にとまります。だから全体としては挿し絵の向く方向はないのでしょう。

  けれども、この百足図については、記事「脚の話 (2) ――詩の歩格や詩脚についてムカデのむこうに透視するの巻の上 Leg Stories (2): Foots, Meters, and Centipedes Pt.1」でも書いたように、文章のなかにラインとして組み込まれている趣きがあります。

  正進社文庫の訳者、あるいは訳者と挿絵画家(というか編集者?)は、なに(か)を考えて反転させたのでしょうか。他の箇所の挿し絵は反転されてはおらんのですが。

  そして、文章のまんなかにこの百足図を取り込んでいるところもこの本は例外的で、他の翻訳はページの上や下のすみに置くのがふつうで、ページが違ったりもしています。もとの英語では

[. . .]  It was caused by a centipede like this:
[百足図]
only worse. [. . .]

   というかたちでした。もっとも正進社文庫の訳も、こういう位置関係は崩していて、あるべき(と自分には思われる)位置に置かれているわけではありません。細かくいうと――再び例の原文ページを出します――

WS000383.JPG
Jean Webster, Daddy-Long-Legs (New York: Century, 1912)

――細かくいうと、原文では、「にくらしいムカデのせいよ、この絵よりも、よっぽど、いやらしいやつだわ。」の「にくらしいムカデのせいよ。」は「・・・・・・〔あたしの部屋に、と〕んできました。」にあたる文とつづけて同じ段落に入っていたのを、翻訳は "It was caused ... " から改行しています。

  そして、8行の中央に反転したムカデ図を入れて、ページの最後の8行目の上半分の終わりで「たたき↘ 」として矢印指示を出し、「↘ つぶされ」と下半分の1行目に戻しています。〔19時付記――すいません。(よ)み直したら、ページの最終行は「すわ。」で、これはムカデラインからはみだしておりました。渦巻きぼかしで読めなくなっていますが、8行の下段の最終行は「くるほうが、よっぽどいいくらいで」です。〕

  これは、なんというか、ムカデ図の生かし方としてはとてもおもしろいと思います。

  それにしても、だとしても、いや、だからこそ反転が行なわれたのでしょうか? このムカデは左を向いているのでしょうか? 

  上下左右に斜めに反転と、頭がくるくるしたのでした。


フロアの曖昧性 Ambiguous Meaning of the Story of the Floor [Daddy-Long-Legs]

『あしながおじさん』1年生10月1日、最初の手紙から1週間後の、ジュディーからの2通目になる手紙に、部屋と建物の説明があります。――

My room is up in a tower that used to be the contagious ward before they built the new infirmary.  There are three other girls on the same floor of the tower―a Senior who wears spectacles and is always asking us please to be a little more quiet, and two Freshmen named Sallie McBride and Julia Rutledge Pendleton.  Sallie has red hair and a turn-up nose and is quite friendly; Julia comes from one of the first families in New York and hasn't noticed me yet.  They room together and the Senior and I have singles.  (Century 25-26 / Penguin Classics 14-15)
(わたしの部屋はかつて新しい診療棟が建てられる前に伝染病棟だった塔の高いところにあります。塔の同じフロアにあと3人女の子がいます。メガネをかけてていつもわたしたちにどうかもう少し静かにしてちょうだいって言っている4年生と、あとは1年生がふたりで、名前はサリー・マクブライドとジュリア・ラトレッジ・ペンドルトンといいます。サリーは赤毛で鼻がすこし上を向いていますがとてもフレンドリーです。ジュリアはニューヨークの一流の名家のお嬢さんで、まだわたしのことなど目に入っていないようです。ふたりが相部屋で、4年生とわたしは個室です。)

  この「塔」がたとえばペントハウスみたいな屋上階のことをいうのではなくて、ファーガスン・ホールを指していることは3ヶ月ほどたったクリスマス休暇の終わりのころの手紙で、"Four hundred girls live in Fergussen." (ファーガスンには400人の女の子が暮らしています)と書き、さらに、 "My tower is just a trifle lonely; when nine people occupy a house that was built for for hundred, they do rattle around a bit." (わたしの塔はちょっとばかりさみしいです。400人が住むように建てられた家を9人で占めていると、ちょっとガタガタ音を響かせて歩きまわる感じです。)と書いていることから確認できます (Century 56 / Penguin Classics 28)。クリスマス休暇でサリーもジュリアも、その他大勢の女の子たちも帰省してしまい、大きな建物に9人しか残っていないのでした。
  この400人という数字は4年生4月4日のサリーと一緒にいったロック・ウィロー農場からの手紙でも繰り返されます。――  

Our [Sallie's and my] nerves had got to the point where they wouldn't stand another meal in Fergussen.  Dining in a room with four hundred girls is an ordeal when you are tired.  There is so much noise [. . .]. (Century 273 / Penguin Classics 118-119)
(ファーガスンではもうこれ以上食事をするのが耐えられないほどわたしたちの神経はくたくたになっていました。疲れているときに、400人の女の子と同じ部屋で食事をするなんて拷問みたいなものです。騒々しいったらないんです・・・・・・。)

 

  そうすると、何階かはわかりませんが、たぶん建物の下のほうの階には、400人がいっせいに食事をとれる大食堂一室 (a room) があるわけです。だから、各階に4人しか住まないような日本の小さなアパートみたいなのが高層100階になっているわけではない。そうすると、同じフロアに4人しかいない、というのはなんだかあまりに不自然ではないでしょうか? 
  では、floor に別の意味合いがあるのでしょうか? 辞書を引いてもはっきりした説明は出てきません。OED オックスフォード英語大辞典を見ると、「床」の意味が先にあって、そこから「階 storey, story」の意味が出てきたらしいことはわかります。アメリカ辞書の権威ウェブスターに敬意を表して、1913年の国際版(W1 の改訂版)を引けば、以下のように、OED よりは細かく分類してはいます(5以下は省略)。

1. The bottom or lower part of any room; the part upon which we stand and upon which the movables in the room are supported. 〔それぞれの部屋の床〕

2. The structure formed of beams, girders, etc., with proper covering, which divides a building horizontally into stories. Floor in sense 1 is, then, the upper surface of floor in sense 2. 〔「建物を水平に分割して階 (stories) とする、梁(はり)、桁(けた)、そして梁や桁を覆う部分などから形成される構造」 この2の意味の上層表面部が1の意味のfloor ということになる〕

3. The surface, or the platform, of a structure on which we walk or travel; as, the floor of a bridge. 〔路面とかの面(という感じだと思います)〕

4. A story of a building. See Story.  〔建物の階〕
Webster's Rivised Unabridged Dictionary (1913) <http://machaut.uchicago.edu/?action=search&word=floor&resource=Webster%27s&quicksearch=on>

  で、結局よくわからないのですが、「階」というのではなく、それをさらに分割したユニットをフロアと呼ぶのではなかろうか、という想像(妄想?)だけが残っている状態です。どういう区切りかはわかりませんけど。
  「同じ階」「同じフロア」はおかしいのではないか、というおはなしです(自信30パーセント)。ちなみにジュディーが自分のアドレスとして最初の手紙の冒頭に記していたのは、"215 FERGUSSEN HALL" です。21階という信じられない高層なのかしら(ありえね~)。それとも、ヴァッサー女子大の最初の学生寮 Strong House の写真を見て考えると、建物がいくつもくっついてひとつになっている感じで、それぞれは一応フロアが別に構築されている、ということなのかしら(そうすると「タワー」という感じがあんまりしないですけど)。――

strong-wide.jpg
image via "Strong House - Residential Life - Vassar Colege" <http://residentiallife.vassar.edu/residence-halls/halls/strong.html>

  アメリカに住んでいるかた、知恵をいただけるとありがたいです。と書きかけましたし書いてしまいましたが、なんだか上に書いたようなことかもしれないという気がしてきました。このストロング・ハウスの収容人員は現在162名だそうですが、建築自体は"The house provided 100 single rooms and a dining room big enough for all of them." と書かれています。窓の数から勘定して住居部分が4階だとして、100÷4=25。これを縦に五つとか六つとかに割る構造になっていればシングル・ルーム4つだけで1「フロア」というのは成立しますね。


世界滑稽名作集の『蚊とんぼスミス』のムカデ  Centipedes in "Katombo Smith" [Daddy-Long-Legs] Translated by Azuma Kenji [Daddy-Long-Legs]

1919年、サイレント映画の Daddy-Long-Legs (邦題『孤児の生涯』)の出た年、の、たぶん暮れに出版された東健而の『滑稽小説 蚊とんぼスミス』は、その10年後、改造社の世界大衆文学全集の第34巻、東自身が編訳した『世界滑稽名作集』に『蚊とんぼスミス』としておさめられます(少しくわしくは、以前の記事「遠藤寿子と『蚊とんぼスミス』――東健而の『あしながおじさん』 (5) Azuma Kenji's Translation of Daddy-Long-Legs」「1919――『蚊とんぼスミス』――東健而の『あしながおじさん』 (4) Azuma Kenji's Translation of Daddy-Long-Legs」など参照)。
  大正9年玄文社刊の初版は、箱入りの秋草弥三郎の装丁ということで、挿し絵や全体のデザインがどうなっていたのか、実物を見ることがかなわず(キコウ本だし高いし国会図書館にもないのだもの)、わかりません。それで、以下のは、1929年の改造社版の場合の話です。

AzumaKenji,trans.Daddy-Long-Legs(SekaiTaishuBungakuZenshu34[Kaizosha1929]p57left.jpg
(クリックで少し拡大)

  上の行数でいうと、1行目の叫び声でひとつの段落。そして2行目からの段落の2行目から5行目までの3行の、上3分の1強くらいにムカデがタテ向きに挿画されています。「その声は、」は、百足図の行にかかっていますけれども、しかし、そのあとスペースがあって、明らかに文章中に組み込まれていることが了解されます。つまり、「その声は、」――スペース、改行――で行頭に目をやると百足図が眼に入り、そのうえで、「斯う言ふ百足のために出ちやつたのよ。」とつながるわけです。
  流石です。

  直角です。

  ラインをちゃんと読んでいます。

WS000383.JPG

///////////////////////

これまでの百足話――

脚の話 (1)――百足図 Leg Stories: Centipede Pictures

ムカデの生態 Centipedes

脚の話 (2) ――詩の歩格や詩脚についてムカデのむこうに透視するの巻の上 Leg Stories (2): Foots, Meters, and Centipedes Pt.1

脚の話 (3) ――詩の歩格や詩脚についてムカデのむこうに透視するの巻の中 Leg Stories (3): Foots, Meters, and Centipedes Pt.2

千本足――脚の話 (4) Thousand Legs: Leg Stories (4)

千本足パート2――脚の話 (5) Thousand-legged Worm, Part 2: Leg Stories (5)

足のむくまま、またはムカデの方向――脚の話 (6) As the Feet Will Carry: Leg Stories (6)


『蚊とんぼスミス』のムカデ(補足)  Centipedes in "Katombo Smith" [Daddy-Long-Legs] Translated by Azuma Kenji [Daddy-Long-Legs]

今朝、出がけに無理やり文章をこしらえてアップロードしていったのですが、タイトルが "Centipedes . . ." と複数になっていたので、補足して複数のムカデ図を貼っておきたいと思います(あと、予想外に飲みが早く終わったので、無事、千鳥足にもならずに帰宅したため)。

  ついでながら、前の前の記事に書いた、白木茂による抄訳の正進社文庫の挿画ですが、――

SeishinshaMeisakuBunko10,p.48sm.jpg

パラパラと全ページを眺めると、他にふたつの挿し絵は、同じように斜め矢印を使って逆Z運動を喚起しています。結局、上と下に配置するだけではなくて、ヴァラエティーをもたせるためにページの中にも何枚かは入れてみた、ということのようです。ですから、ムカデの左右反転は、この箇所だけに意匠が際立って現われたとも思われないので、偶然のことだったのかな、と思われました。

AzumaKenji,trans.Daddy-Long-Legs(SekaiTaishuBungakuZenshu34[Kaizosha1929]p57.jpg
東健而訳『蚊とんぼスミス』 (1929)

  東健而の場合は、たぶんに意識的な組み込み方だった、とほぼ確信しています(自信98パーセント)。だいたい、この改造社版は、挿し絵が小さいのですし、他の挿し絵は、手紙の本文との位置関係は必ずしも的確ではありません(これはその後の翻訳も同じですし、ペンギン・クラシックスも意外とそうです)し、2枚めの百足図は、キャプションもハショッっちゃっています。――

AzumaKenji,trans.Daddy-Long-Legs(SekaiTaishuBungakuZenshu34[Kaizosha1929]p117.jpg

  これは、原文では、1枚目の百足図のとき("It was caused by a centipede like this:")と似て、"These are the kind of callers we entertain now that warm weather has come and the windows stays open" (「天気が暖かくなって、窓が開けはなしなので、こういう種類の訪問者たちの接待をわたしたちはしています――」)というふうに、 "These" が絵の中の訪問者たち――リスとムカデとコトリ――を指し示しています。さらに、原作の挿し絵では、"My dear Mrs. Centipede, will you have one lump or two?" (ムカデ夫人さん、おひとつ、おふたつ?)と言うセリフが書き込まれていたのを、「変なお客が来るのよ」と、本文の訳文に呼応するキャプションに簡略化しています。

WS000386.JPG


  これと比べれば第一の百足図の取り組み方がいかに工夫を凝らしたたものかが理解されると思います。これはその後の翻訳のどれもができなかったことです。その代償は、ムカデの向きを曲げることでした。

WS000383.JPG

  つまり、縦書きだからといって目は縦方向に(だけ)進んでいくわけではなくて、左へ進んでいくわけです。英語の横書きの本は右へ(下へ)右へと進んでいきます。この改造社の百足図は、そういう意味ではアサッテの方向を向いているともいえるのですが、しかしそれゆえに際立って原作者ジーン・ウェブスターの挿画がいかに重要性をもつか、その意義や意図をあらわすものとなっているといえると思います。

  ちなみに、Project Gutenberg のE-text は以下のような「テクスト」を編んでいます。――

Daddy-Long-Legs-PG.jpg

  like this:    only worse.

    はっきりいって、ナンセンスです。


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。