So-net無料ブログ作成
検索選択

希望という名の夜汽車 A Night Train Named Hope [歌・詩 ]

(山下達郎の)希望という名の光について考えていたら希望という名のあなたのことを思い出していた今日この頃。(岸洋子の)「希望」の話者はなんで毎日のように汽車に乗っているのだろう、という疑問に頭を揺らしていたら、希望という名の夜汽車の歌が浮かんだ。つなぎに書き留めておこう。

「夜汽車」   欧陽菲菲    1972(昭和47)年8月5日発売
作詞 橋本 淳  作・編曲 筒美京平
希望という名の夜汽車にゆられ  女心は何処まで行くの 
夜汽車 -  欧陽菲菲 歌詞情報 goo音楽     ○Live

「希望」  岸洋子  1970(昭和45)年4月1日発売
作詞 藤田敏雄  作曲 いずみたく
希望という名のあなたをたずねて  遠い国へとまた汽車にのる
希望 - 岸洋子 歌詞情報 goo音楽   ○Live

  夜汽車は演歌だけでなくポップスでもフォークソングでもかつては愛好されたイメジですから、どこに出てきても不思議はないのでしょうけれど、岸洋子が膠原病を再発して1970年の紅白歌合戦には出られず、翌1971年の紅白に「希望」を歌唱しているわけで、69年のフォー・セインツ(ちなみに彼らは1970年秋に解散)、70年のザ・シャデラックスと競作となった「希望」は強くひとびとの心と頭に刻まれていたでしょう。作詞家の橋本淳にも。

  そうすっと、なんらかの解釈なり応答みたいなもの、あるいはパロディー的思考が含まれていてもおかしくないのかもしれないと思われてきます。――アップテンポにしたことが曲としての明瞭な違いですけれど、「希望」が実は目的なのではなくて目的をもつことが希望なのだとか(これは「青い鳥」的「聖杯」的モティーフであるw)、毎日汽車に乗っているのは女「心」なのだとか。心の旅。あー、だから。

  橋本淳の顔は浮かぶけれど、仕事の総体をぜんぜん意識したこともなく、よーわからんですけれど、つらつら思うに、ブルーコメッツの「青い瞳」「青い渚」「ブルー・シャトウ」の青のシリーズとか、渚ゆう子の「雨の日のブルース」「風の日のバラード」とかあと、弘田三枝子の「渚のうわさ」「枯葉のうわさ」とか・・・・・・なんかインターテクスチュアルな感性があるような気がする(マー、誰でもそうかもしらんが・・・・・というか間テキスト性の定義にもよりますか・・・・・・結局(セルフ・)パロディー的遊び心がかな)。

61BRKI+1lkL__SL500_AA300_.jpg 61uPXgLk-RL__SL500_AA300_.jpg
橋本淳作品集 (2009)
image via Amazon.co.jp

  いま橋本淳と「書く」とジュンじゃなくてアツシで、マジレッドの子なのですね。――

HashimotoAtsushi.jpg
忍術学園六年生で善法寺伊作役の橋本淳
image via ザテレビジョン


nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 3

shj

手塚治虫の「ブラックジャック」の最終話が、「人生という名のSL」というタイトルでした
この頃「~という名の」という言い回しと、人生を列車にたとえるのと、両方流行りだったのですかね
by shj (2011-08-18 23:49) 

morichanの父

shj さま、
コメントありがとうございます。
(1) 「~という名の」は、どうやら今日に至るまで歌謡曲で愛好されている言い回しのようです。BJに影響されたらしい馬場俊英の「人生という名の汽車」や氷川きよしの「希望という名の最終列車」みたいに、先行する音楽ならびに他の大衆文化からの意識的・無意識的な反復・継承は、よりポップに「欲望という名の Paradox」(ZIGGY)、「自由という名の Restriction」(兵部京介)、あるいは「愛という名の贈りもの」(元ちとせ)、「繁という名の縄のれん」(神野美伽)など、意味不明なないし不要な飾り言葉的に多用されてきたようです。これにテネシー・ウィリアムズの『欲望という名の電車』の誤解的連想がかぶさっているのかは調査中です。
(2) いっぽうで「人生は旅」というのは、キリスト教その他ヨーロッパ宗教のpilgrimage 的人生観としてあり、日本ならびに中国の、必ずしも宗教的とは言えないけれど、月日は百代の過客として時間のほうを旅人と見つつ、時間を生きる人間も旅人みたいな主客同一的人生観としてあるのでしょう。ただ、汽車や列車は、たとえばアメリカだと(もちろん文化の伝播や農業を含む産業の発展に大いに貢献したわけだけど)20世紀初頭のフランク・ノリスの『オクトパス』みたいに、タコ=悪魔的な、人間を搾取するものとして産業主義の象徴としての鉄道として見られたり、それ以前には、田園の静謐を乱す、「楽園の中の機械」の象徴としてあったのに対して、日本では文明開花以降、日本の未来や成功や夢、それと重ね合わせられた個々人の未来や成功や夢と肯定的につながるところが大きかったのじゃないかしら。故郷を喪失させて都市化された人間をつくりだす装置というよりも、むしろ故郷へ回帰させてくれる、あるいは往還させてくれる旅の友。自身の夢や願望(や、ときには失意)と一体化する旅人として汽車はあったのではなかろうか。さらに夢想がこうじると現世を離れて未来や宇宙へ、あるいは夢の世界へ人を連れて行ってくれるものとしての汽車。
  さめた頭で考えると1970年前後というのは高度経済成長期の、都会の夢と人生の希望と故郷喪失と「汽車」がつながっていて、でも個別の夢が実現しなくても一般化したり(人生は旅だから)、普遍化したり(人生は旅だから)、励まし合ったり(人生は旅だから)するというようなかたちで「汽車」が比喩や象徴として好んで用いられたのかしら。
by morichanの父 (2011-08-19 15:59) 

shj

ふむふむ なるほど 確かに日本の列車は暗くはないのかもしれません 集団就職とか銀河鉄道とか寂しげな感じはあるけど、悲壮ではない、のかな
今博論でちょうど列車のことが出てきて、ああThe Machine in the Gardenを読まなくちゃ、と思っていたので、何だかいい頭の体操になりました

それにしても「繁という名の縄のれん」て 笑
by shj (2011-08-20 16:42) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。