So-net無料ブログ作成
検索選択

ブルー(憂鬱)を吹き飛ばす本 Books to Dispel the Blues [Daddy-Long-Legs]

1913年7月29日のオーストラリアの South Australia 州の州都の Adelaide 市の The Advertiser 紙の新聞記事より――

BookstoDispeltheBlues(TheAdvertiser,Adelaide,SA,31July1915).JPG

BookstoDispeltheBlues(TheAdvertiser,Adelaide,SA,31July1915)b.JPG

 

 

BOOKS TO DISPEL THE BLUES.

COBB'S BILL OF FARE―By Irvin S. Cobb.  Each course is full of laughter.  Exquisitely funny.  Illustrated. [New York: George H. Doran, 1912, 1913 <http://www.archive.org/stream/cobbsbilloffare00cobbiala#page/n5/mode/2up>]

DADDY LONG-LEGS―A Full of Smiles Book, by Jean Webster.  The whole thing is delicious, the oddest, merriest, tenderest story that has come along for many a day.  〔繰り返し書いてきたように、正しいタイトルはすべてハイフンでつないだ Daddy-Long-Legs なのだけれど、このような綴りかたでリプリント版がしばしばつくられてきたのでした(それは蟲の表記が正しくは daddy long-legs であるというのが原因でしょう(いちおー「ワードニックとワードテック Wordnik and Wordtheque 」参照)) New York: Century, 1912 <http://www.archive.org/stream/daddylonglegs00websrich#page/n7/mode/2up>; 1913年のリプリント <http://www.archive.org/stream/daddylonglegs00websgoog#page/n8/mode/2up>〕

THE ADVENTURES OF MR. WALLABY JOHNSON, Commercial Traveller―By Oliver Booth; illustrated.  〔Oliver Booth というのはどうやらオーストラリアの作家のようだが不詳〕

PERKINS OF PORTLAND―By Ellis Parker Butler.  "One of the most amusing books we have ever had the good fortune to laugh over." ―"Daily Mail." [Boston: Herbert B. Turner, 1906 <http://www.archive.org/stream/perkinsofportlan00butlrich#page/n7/mode/2up> <http://www.archive.org/stream/perkinsportland00presgoog#page/n8/mode/2up>; as Mr. Perkins of Portlannd (Toronto: Copp Clark, n. d.) <http://www.archive.org/stream/mrperkinsportla00butlgoog#page/n0/mode/2up>]

SHORT CRUISES―A Laughter-Provoking Novel, by W. W. Jacobs; illustrated.  [New York: Charles Scribner's Sons, 1907 <http://www.archive.org/stream/shortcruises02jacogoog#page/n0/mode/2up>; New York: Charles Scribner's Sons, 1909 <http://www.archive.org/stream/shortcruises00jacogoog#page/n10/mode/2up>; New York: McKinlay, Stone and Mackenzie, 1907 <http://www.archive.org/stream/shortcruises01jacogoog#page/n6/mode/2up>]

COURTIN' CHRISTINA―The Story of Wee MacGreegor's Courtship.  By J. J. Bell.  In this delicious little book Mr. Bell shows Wee MacGreegor in love, very gentle, very human, and tenderly touched with true humor is the story of Christina's conquest of Wee MacGreegor's heart.  〔この本のE-book は現在のところ見つからないけれど(Cf. Amazon のペーパーバック)、シリーズの一作で前作の Oh! Christina! (New York: Fleming H. Revell, 1909) <http://www.archive.org/stream/ohchristina00bell#page/n5/mode/2up> 〕

 


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 4

shk

これって、何か元気を出さなきゃいけない状況が当時のアデレードにあったんでしょうか
それとも別に、関係ないのかな
by shk (2011-03-22 02:03) 

shj

あ、前のコメントの名前まちがった。
by shj (2011-03-22 02:04) 

morichanの父

そーいわれるとわからんです。実はこないだのshkさんの鬼は外の邪気(邪鬼)払いみたいなノリの catchphrase かなーと思って書きました(半分はウソです)。
by morichanの父 (2011-03-23 02:59) 

morichanの父

あ、前のコメントの名前まちがった。 えーと、いま『三国志』を読んでいるのですけれど、ブルーはChina の伝統における「陰気」かなとか。
by morichanの父 (2011-03-28 23:50) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。