So-net無料ブログ作成
検索選択

ホーソーンの『タングルウッド物語』 _Tanglewood Tales_ by Nathaniel Hawthorne [ひまつぶし]

ホーソーンの Tanglewood Tales (1853) は同じくギリシア神話を少年少女向けの読み物に書き直した Wonder Book の続篇で、そのことは初版の長めのタイトルが "Tanglewood Tales, for Girls and Boys; Being a Second Wonder-Book" (あるいは表紙には "Another Wonder-Book") であったことに明示されています。タングルウッドはマサチューセッツ州バークシャー・・・・・・というと以前に記事「ジーン・ウェブスター/『あしながおじさん』関連地名 Place Names in Daddy-Long-Legs [Daddy-Long-Legs]」で書いたように、『あしながおじさん』でジュディーが2年生の夏に旅行する避暑地です。あと、どっかで書いたつもりになっていたけれど見つかりませんが、バークシャー丘陵内の Greylock (最高峰)や Lenox (町の名)というのはメルヴィルやホーソーンの読者にはなじみの地名です。そしてレノックスの町の、ホーソーンが住んだあたりの地所がのちにホーソーンに因んでタングルウッドと呼ばれることになりました。

 ホーソーンが1850年の春3月、有名な『緋文字』の出版のすぐあとにTappan という人からコテッジを借りてレノックスに一家で移り住み、1年半ちょっと暮らします。バークシャー時代、ホーソーンの筆は最盛期と言ってもよく、序文が有名なThe House of the Seven Gables (1851)もThe Blithedale Romance (1852) もここで書かれました。でも1851年11月にはまた引っ越してしまいます。どうもホーソーンはここの土地と合わなかったみたい。でもメルヴィルと出会ったのもこの地で1850年8月のことです。

NathanielHawthorne'sCottageinLenox.jpg
Nathaniel Hawthorne's Cottage at Tanglewood Where He Wrote The House of the Seven Gables (Photo:Christopher Rennie)
image:
PostersGuide

 この土地の子供たちに語り聞かせるかたちで Wonder-Book は語りが構築されていますけれど、次女は1850年にレノックスで生まれたばかりとはいえ、長女の Una と長男の Julian Hawthorne はもう本が読めるくらいの年になっていたでしょうから、子供向けの本というのを一見 grim で sober なホーソーンが子供たちへの愛情から構想したのでしょうか。それとも売れ筋市場を予想したのでしょうか。ともあれ、Wonder-BookTanglewood Tales は(現代の研究者にはまともに読まれないけれど)一般・子供読者には19世紀後半よく読まれる本となりました。Boys and Girls じゃなくて Girls and Boys という順序は、女子(読者)のほうを上に置いているんでしょうか。

Una_and_Julian_Hawthorne_c1850.png
Julian Hawthorne (1846-1934) and Una Hawthorne (1844-77)  c.1850
image via Wikipedia <
http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/6/62/Una_and_Julian_Hawthorne_c1850.png>

 1852年に A Wonder-Book for Girls and Boysを、翌1853年に Tanglewood Tales をボストンの出版社 Ticknor から出版しますが、管理人のタッパンがホーソーンを記念してコテッジの名をタングルウッドとした。それからあたりの別荘もタングルウッドと名づけ、それが代がくだって1930年代にボストン交響楽団の最初の当地でのコンサート後に土地ごと寄付されて、音楽と結びついた地所の名として知られるようになったみたい。

  ということで、いまはジャズやクラシックの音楽祭で有名ですかね。

  さて、ウォルター・クレインが挿絵を描いている Wonder-Book のほうにだけ目が向いていて、Tanglewood Tales を見なかったのですけれど、そちらに Proserpine (Persephone) の話が入っていました。そして Golden Fleece の話もそちらに入っておったのでした。

Tanglewood Tales

The Wayside―Introductory
1.  The Minotaur
2.  The Pygmies
3.  The Dragon's Teeth
4.  Circe's Palace
5.  The Pomgranate Seeds
6.  The Golden Fleece

ウィキペディア(英語)は丁寧に関係を書いています。――

Tanglewood Tales for Boys and Girls (1853) is a book by American author Nathaniel Hawthorne, a sequel to A Wonder-Book for Girls and Boys. It is a re-writing of some of the most famous of the ancient Greek myths in a volume for children.

The book covers the myths of:

 

 

//////////////////////////////////////

☆Nathaniel Hawthorne.  Tanglewood Tales, for Girls and Boys; Being a Second Wonder-Book.  Boston: Ticknor, Reed, and Fields, 1853. [1st American edition.  With fine [というかfive] illustrations.] Google E-Book <http://www.archive.org/details/tanglewoodtales01hawtgoog>; MSN <http://www.archive.org/stream/tanglewoodtalesf00hawt5#page/n11/mode/2up>

tanglewoodtales(1853).jpg

★With illustrations by George Wharton Edwards.  Tanglewood Tales.  Boston: Houghton, Mifflin, 1889.  <http://www.archive.org/stream/tanglewoodtalesf00hawt2#page/n7/mode/2up>

tanglewoodtalesf00hawt2_0168.jpg
Headpiece to "The Golden Fleece."  Illustraed by George Wharton Edwards.   p. 154

☆A Wonder-Book for Girls and Boys (Including "Tanglewood Tales").  With Illustrations.  London: George Routledge and Sons, 1868. 〔These Stories are also published in two separate vols., price 2s. each, cloth, as―I. A WONDER-BOOK FOR GIRLS AND BOYS. WITH FOUR ILLUSTRATIONS.  II. TANGLEWOOD TALES: A SECOND WONDER-BOOK. WITH FOUR ILLUSTRATIONS〕  213+261pp. <http://www.archive.org/stream/wonderbookandtan00hawt#page/n7/mode/2up

★With illustrations by Maxfield Parrish.  A Wonder Book and Tanglewood Tales for Girls and Boys.  New York: Duffield, 1910.  <http://www.archive.org/stream/wonderbookandtan00hawt#page/n7/mode/2up>

wonderbookandtan00hawt_0393.jpg 
The Argonauts in Quest of the Golden Fleece (From the original in the collection of Harry Payne Whitney, Esq're New York).  Illustrated by Maxfield Parrish.  p. 340.   

★With illustrations by Milo Winter.  Tanglewood Tales.  Chicago: Rand McNally, 1913.  283pp.  <http://www.archive.org/stream/cu31924022254167#page/n7/mode/2up>

tanglewoodtales00hawtiala_0321.jpg
Jason caught the fleece from the tree.  Illustrated by Milo Winter.  Opposite to page 282.

★With illustrations by Virginia Frances Sterrett.  Tanglewood Tales.  Philadelphia: Penn Publishing, 1921.  <http://www.archive.org/stream/tanglewoodtales00hawt#page/n7/mode/2up>

tanglewoodtales00hawt_0319.jpg
"What Is it?" Asked Jason.  Illustrated by Virginia Frances Sterrett. Between pp. 256-257.

★With illustrations by Edmund Duluc.  Tanglewood Tales.  London and New York: Hodder and Stoughton, c1918.  245pp.  <http://www.archive.org/stream/tanglewoodtales00hawt2#page/n7/mode/2up> 〔このエドマンド・デュラック挿画を使った邦訳が神宮輝夫訳『ギリシア神話物語』上下 (新書館)〕

tanglewoodtales00hawt2_0249.jpg
He caught one of them by the horn and the other by his screwed-up tail. p. 233.
  Illustraetd by Edmund Duluc.  Opposite to page 209.

★Anonymous Illustrator. Tanglewood Tales. London and Edinburgh: William Blackwood and Sons, 1894 [Blackwoods' Educational Series]. 160pp. 〔タイトルとはずれがあり、Wonder-Bookから3篇、Tanglewood Tales から3篇〕 <http://www.archive.org/stream/tanglewoodtales00hawtgoog#page/n7/mode/2up>
tanglewoodtales00hawtgoog_0007.jpg
frontispiece. 

 

 


nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 1

morichanの父

kaoru さん、おはようございます。どうもありがとうございます。
by morichanの父 (2011-02-27 12:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。