So-net無料ブログ作成

ジェマイマとサミュエル姉弟 Jemima Montagu and Samuel Crewe [Marginalia 余白に]

前のいくつかの記事を訂正したのですけれど、1661年7月3日にピープスが晩御飯をご一緒する奥様は自分の奥様ではなくて人の奥様でした。

                            DIARY OF SAMUEL PEPYS.                               
                                 
JULY 1661

3rd.  To Westminster to Mr. Edward Montagu about business of my Lord's, and so to the Wardrobe, and there dined with my Lady, who is in some mourning for her brother, Mr. Saml.  Crew, who died yesterday of the spotted fever.  So home through Duck Lane' to inquire for some Spanish books, but found none that pleased me.  So to the office, and that being done to Sir W. Batten's with the Comptroller, where we sat late talking and disputing with Mr. Mills the parson of our parish.  This day my Lady Batten and my wife were at the burial of a daughter of Sir John Lawson's, and had rings for themselves and their husbands.  Home and to bed. <http://www.gutenberg.org/files/4131/4131-h/4131-h.htm>

(下線・太字部分は『あしながおじさん』の4年生2月15日の手紙で引用されている箇所)

  ウェストミンスターに行って Edward Montagu と会った、その奥様がmy Lady です。ここでMr. エドワード・モンタギュー Edward Montagu (27 July 1625 – 28 May 1672) はサミュエル・ピープスの父親のいとこにあたる人で、のちにサンドイッチ伯爵になる人――Wikipedia "Edward Montagu, 1st Earl of Sandwich"  参照。

Lely,Peter_EdwardMontagu.jpg
Edward Montagu (1625-72) by Peter Lely

   1642年11月7日に同い年の Jemima Crew(e) と17歳で結婚します。Jemima はJohn Crew(e) (1598 -12 December 1679) の娘。ジョン・クルーは1661年4月に王政復古における功績により"Baron Crew of Stene " の称号を与えられ、やがて政界を引退しますが、金持ちで邸宅に人を呼んで歓待したらしい。娘のJemima [Jemimah, Jamima] (1625-74) は1642年に Edward Montagu と結婚して、10人か11人の子供を産みます。

    サミュエル・ピープス(23 February 1633 – 26 May 1703) は親戚である Edward Montagu に雇われ、モンタギューの推挙により海軍省の長官の職に就くわけでした。

    WEB サイト The Diary of Samuel Pepys: Daily entries from the 17th century London diary は、いろいろな情報を盛りこんでいて、ちょっと驚倒しそうなくらい(日記へのreferences など)なのですが、Encyclopedia の People のなかの "Jemima Mountagu ("my Lady," Countess of Sandwich)" の項目は、いろんな人による書き込み (discussion) もあって、以下のような情報も得られました。――ピープスは8つほど年上で日記執筆時には8人の子持ちであった Jemima を慕っていたけれど、そもそも1643年ごろ(ピープス10歳、ジェマイマ18歳)には知り合いであったらしいこと、ジェマイマはピープスを家族のひとりのように考えて、子供の世話を任せたり金を借りたり、信頼が篤かったこと、またピープスのほうは理想の女性としてジェマイマを捉えていたこと。

mw81620(Jemimah).jpg
Jemima Montagu (1625-74) (18世紀の肖像) © National Portrait Gallery, London
image via National Portrait Gallery - Person - Jemimah (Crew), Countess of Sandwich <
http://www.npg.org.uk/collections/search/person.php?LinkID=mp53357> 

  1661年に spotted fever で亡くなる弟の Samuel について Encyclopedia はそれほど詳しい 情報を与えてくれていません(Wednesday 3 July 1661 の注釈は豊富ですが)。1658年にオックスフォード大学でMA を取った神学者で、1661年未婚で亡くなったことくらいです。生年も書かれておらず(ちなみに彼はウィキペディア記事の"John Crew" の子供のなかにも入っておらず)。

  それでも、検索をしつづけたら、肖像が見つかりました。エドワード・モンタギューの肖像を描いたのと同じJohn Lely の筆です――

Weiss2622009T121445(SirPeterLely,SamuelCrewe).jpg
image via Weiss Gallery <http://www.weissgallery.com/Sir-Peter-Lely-1618-1680-Samuel-Crew-1660-DesktopDefault.aspx?tabid=52&tabindex=51&objectid=171660&categoryid=2636>

Samuel Crew (?? - 1660) と、没年を間違えているところがあやしいかなしいですけれど。 

Oil on canvas: 30 x 25 in. (76.2 x 63.5 cm)
Signed with monogram 'PL' (lower left)
Painted circa 1650-52

あと、あれこれ書かれているなかで、サミュエル本人に関わるのは以下のところでしょうか。――



The sitter is an adolescent Samuel Crew, a member of a gentry family from Northamptonshire, who were to commission a number of family portraits from Lely during the 1650s. His parents were John Crew of Stene (1598-1670), M.P. and Speaker of the House of Commons (1623-5) and Jemima Waldegrave (1602-1675), the daughter and co-heir of Edward Waldegrave, of Lawford Hall, Essex. Little is know[n] about his life except that, as with his elder brother Nathaniel (1633-1721), Samuel chose an ecclesiastical life, becoming a reverend of the Protestant clergy.

兄のナサニエル(この人は教会のビショップになっています)と同様に牧師職を志したと。これを信じれば1633年以降の生まれで、Jemima の弟ということになります。

  とりあえずよかった、よかった。

  ところが、もう一枚、今度はナサニエルの肖像が見つかってしまいました。――

Lely,Peter_PortraitofNathaniel-d5159374l.jpg
image via Christie's <http://www.christies.com/lotfinder/lot_details.aspx?intObjectID=5159374>

   やっぱりJohn Lely の作品。

Lot Description

Sir Peter Lely (Westphalia 1618-1680 London)
Portrait of Nathaniel, 3rd Baron Crew of Stene, later Lord Bishop of Durham, when a young man, half-length, in a slashed black doublet and a lawn collar
signed with monogram 'PL' (lower left)
oil on canvas
30 x 25 in. (76.2 x 63.5 cm.)
in a carved and gilded frame

  ナサニエルは2rd Baron になった兄の John Crew (父親と同名)に子ができなかったので、かわって 3rd Baron になったことはWikipedia に書かれています。けど。

  どういうことでしょうか??????

  ということで、肖像はどちらのものか不明です。

  一方、さらに調査を続けているうちに、家系図を詳しく書いているサイト "Descendants of Johannes Crew de Nantwiche" にサミュエルの記載を見つけました。このページのGeneration No. 5――

Children of JOHN CREWE and JEMINA WALDEGRAVE are:

21. i. THOMAS6 CREWE, b. 1624; d. 1697.

ii. JOHN CREWE, b. Abt. 1628.

22. iii. EDWARD CREWE, b. Abt. 1630; d. 1680.

iv. SAMUEL CREWE, b. Abt. 1632; d. 1661.

23. v. WALGRAVE CREWE, b. 1637; d. 1673.

vi. ANNE CREWE, b. Abt. 1640; d. September 27, 1708; m. (1) SIR HENRY WRIGHT; d. February 05, 1662/63; m. (2) EDMUND PYE.

vii. NATHANIEL CREWE, b. January 31, 1632/33; d. September 18, 1721; m. (1) PENELOPE FROWDE, December 21, 1691; b. 1656; d. March 09, 1698/99; m. (2) DORTHY FOSTER, July 23, 1700; b. 1673; d. October 16, 1715.

viii. JEMIMA CREWE, b. July 17, 1625; d. 1674; m. SIR EDWARD MONTAGU, November 07, 1642; b. July 27, 1625; d. May 28, 1672.

More About SIR EDWARD MONTAGU:

Occupation: 1st Earl os Sandwich

  iv. の Samuel Crewe, b. Abt. 1632; d. 1661 です。"Abt" は "about" で、アバウトに1632年ごろということですが、これは vii. のNathaniel Crewe の生まれた1632/33年の1月31日とシンクロしています(つうか、ナサニエルのほうが elder だという上の Weiss Gallery の記述が正しければ、サミュエルのほうが早く生まれるということはありえず・・・・・・双子だったんでしょうか?

  画家のJohn Lely は二人の同じ絵を描いたとか(w)

////////////////////////////////

"Edward Montagu, 1st Earl of Sandwich" Wikipedia <http://en.wikipedia.org/wiki/Edward_Montagu,_1st_Earl_of_Sandwich>

"Jemima Mountagu ("my Lady," Countess of Sandwich)" <http://www.pepysdiary.com/p/115.php#discussion> 〔Encyclopedia, The Diary of Samuel Pepys: Daily entries from the 17th century London diary

"Samuel Crew (Pepys' Diary" <http://www.pepysdiary.com/p/2765.php>

"Descendants of Johannes Crew de Nantwiche" <http://crewfamily.com/descendants_of_ramulphus_crewe.htm> 〔他にない詳しい情報があります〕

"The Weiss Gallery - Object Detail - Samuel Crew (?? - 1660) - Sir Peter Lely (1618-1680) <http://www.weissgallery.com/Sir-Peter-Lely-1618-1680-Samuel-Crew-1660-DesktopDefault.aspx?tabid=52&tabindex=51&objectid=171660&categoryid=2636> 〔The Weiss Gallery Current Collection 〕 

"Sir Peter Lely (Westphalia 1618-1680 London) | Portrait of Nathaniel, 3rd Baron Crew of Sterne" <http://www.christies.com/lotfinder/lot_details.aspx?intObjectID=5159374> 〔Samuel ではなくてNathaniel の肖像としている Christie's

サミュエル・ピープスの1660年の日記 <http://infomotions.com/etexts/gutenberg/dirs/4/1/2/4125/4125.htm>

サミュエル・ピープスの1661年の日記 <http://www.gutenberg.org/files/4131/4131-h/4131-h.htm>

 


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。