So-net無料ブログ作成
検索選択

ジーン・ウェブスターが1年生のときのヴァッサー女子大の「カタログ」(1) 入学試験など The Vassar College Catalogue of the Academic Year When Jean Webster Was a Freshman [Marginalia 余白に]

ジーン・ウェブスターが入学した1897-98年度のヴァッサー女子大学の便覧 (catalogue) は、1897年11月付で大学の所在地ポーキプシー市の A. V. Haight という印刷屋が発行しています。

WS000278.JPG
Thirty-Third Annual Catalogue of the Officers and Students of Vassar College, Poughkeepsie, N. Y.: 1897-98 (Poughkeepsie: A. V. Haight, 1897)<http://www.archive.org/stream/annualcatalogue00collgoog#page/n647/mode/2up>

  下のほうに目次を書き留めますが、最初に載っている学事暦 (college calendar) を先に貼ってみます。――

CollegeCalendar,VassarCollege1997-98Catalogue.jpg
(クリックでボケて拡大)

  これを見ると、9月17日に大学修業課程 (college exercises) は(少なくとも暦の上では)既に始まっておるというのに、「カタログ」の発行が11月でいいんでしょうか? もっとも入学試験の日程が9月15日から18日となっていて、ありゃりゃ、17日とはやっぱり学事暦上のものでしかなく、ちょうど『あしながおじさん』の各学年の最初の手紙が9月24日とか25日とかであるように、すぐには授業は始まらないのかもしれません。そしてまた、教職員や在校生の名簿はともかく、新入生の名簿も記載するとなると、それなりの時間がかかるのも当然かもしれません。しかし・・・・・・オリジナル(1st Annual Catalogue)のように入学資格が記載されるのと同時に、もしも新入生の名簿が記載されるとなると、入学資格の記述は新入生につづくのちの受験生むけのものということになるのでしょうか。目次はつぎのようです。――

WS000294.JPG

  読みにくいので、書き写しました(なんかページ番号が波打ってますが)。――

CONTENTS.
                                                      PAGE.   
Calendar,   .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  4
Board of Trustees,      .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  6
Standing Committees of the Board,     .  .  .  .  .  .  .  .  .  .     7
Officers of Government and Instruction,   .  .  .  .  .  .  .  .  .    8
Preachers,     .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .       13
Non-Resident Lecturers,     .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .    14
Requirements for Admission to the Freshman Class,  .  .  .  .    15
Examinations,    .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .    20
Certificates,      .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .    21
Admission to Special Courses,    .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .    22
Painting and Music,   .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .    22
Courses for Teachers,  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .    23
Admission to Advanced Standing,  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .    23
Courses and Methods of Instruction,    .  .  .  .  .  .  .  .  .  .    24
Lectures,    .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .    57
Graduate Courses,    .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .    58
Fellowships,    .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .    58
Graduate Scholarships,    .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .     59
Degrees,      .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .    59
Prizes,    .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .      62
Scholarships,  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  63
Vassar Students' Aid Society,    .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  65
The College,     .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .   66
Expenses,     .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .   78
Correspondence,     .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .   80
Teachers' Registry,  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .   80
Students,     .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .    81
Alumnæ Associaton,    .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .    97

 1890年代の catalogue を見てみると、目次の並びには変化があるようで、たとえば1890-91 年の便覧だと、学生の名前の一覧 (Students) は最初のほうに出てきて、逆に学事暦 (Calendar) は最後についていたりします。そして、どうやら1865-66年版にあった "Conditions of Admission" (入学資格)は1890-91年版では "Requisites for Admission" に、1897-98 年版では "Requirements for Admission to the Freshman Class" (15ページ)に、名前と変えているようです。だとすると、受験生向けとか在校生向けとかなんとかいうより、その年度の規程や事実の記録という感じなんすかね。

  えーと、いまあれこれ読みふけってみたところ、15ページからの入学案内につづく 20(-21)ページの "Examinations" というのは入学試験そのものについての説明で、1898年新入生試験についての案内が載っているのでした。――

WS000296c.JPG
WS000297.JPG
(pp. 20-21)

    本学 (the College) で1898年6月1,2,3,4日と9月21,22,23,24日に実施。一年次の入学試験については(ということは、編入があるということです)、地方入試も実施されています――1898年5月の最終週から6月の第一週にかけて、Chicago, Cincinnati, Cleveland, St. Louis, Detroit, Louisville, Atlanta, Washington, Omaha, Denver, San Franciscoで。東部だけでなくて、中西部、南部、そして西海岸のサンフランシスコまで、地方入試を実施しておるのでした。なるほど、それでジーン・ウェブスターと同じ年の新入生に、サンフランシスコ出身の学生が二人おるわけですね。

  (寮の)部屋は試験が完了するまで入室できないとか、大学のそばのコテッジが宿泊施設として利用できるとか、在校生は金曜まで新たに入れない(?)〔年度末に部屋を空けねばならんということでしょうか??〕とか、会計の手続きを済ませるまで部屋には入れないとか書いてあります。

  しかし・・・・・・水曜から金曜(ないし土曜)にかけての3日間(ないし4日間)の試験で要求されている科目は、「ラテン語」「英語」、「幾何学」「歴史」、「ギリシア語、独語、仏語」「代数学」、「独語、仏語(第3外国語の場合[?])、となかなかたいへんそうです(くわしい課題が、"Candidates for the Freshman Class are examined in the following subjects" の見出しのもとに、15ページから20ページにかけて書かれています)。

  よくわからないのですが、この examinations は、2年次以上の編入の「審査」も含まれているようですし、新入生は基本的に試験を受けるらしいとはいえ、それはcertificateで免除されうるとも書かれています。certificate ――いろんな意味がありうるのですが、ここでは、高校の教育レヴェルとか、かつてヴァッサーに卒業生を送っている学校かとか、そういうのが証明されるような書類のことみたいです――で入学する女子がどれくらいいたのか、わかりません。応募の際にcertificates を皆送るような感じもありますし・・・・・・。今を考えると、一般にアメリカの大学だと、ある種の certificate 的な書類で入学すると思うのですけれど。ちょっとアメリカの大学の歴史について調べてみないと。

  で、application は部屋の確保のために早めに、とも前のほうには書かれていて、特に9月になってからの入学間際の試験で落ちるみたいなのはあったのかなかったのか、ただ学力レヴェルの確認のためのものなのか、よくわからないのでした(無知を知ったのでした)。

  ということで、ジーン・ウェブスターがFreshman として記載されている箇所の拡大版画像でお茶を濁しますw  氏名のあとに出身地(市町村)が書かれているようです。Fredonia からというのはウェブスターひとりでした。

Vassar1897FreshmanClass6detail.jpg


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。