So-net無料ブログ作成
検索選択

放浪への渇え、放浪欲 Wander-Thirst, Wanderlust [Marginalia 余白に]

マイナーな記事「彷徨の渇望 Wanderthirst」のつづきです。 

The Lied and Art Song Text Page の"Wander-thirst (Gould, set by A. Baynon, H. Davies, G. Peel, L. Ronald)" によれば、Gerald Gould が1906年の詩集 Lyrics で発表した "Wander-thirst" を詞として、いくつも歌が作られたようです。

  1910年のGraham Peel (1879-1937) の曲、1915年のHenry Walford Davies (1859-1941)、1923年のLandon Ronald (1873-1938)、1935年のArthur Baynon (1889?-1954) など。

  YouTube で wander-thirst で検索をかけると、The Hall Brothers というフォーク・デュオの2001年のアルバム Time and Tragedy 所収の "The Wander Thirst" がヒットします。――


"The Wander Thirst - The Hall Brothers" (2:47) posted by "doctordunc" on September 25, 2006: "

Photo montage video for the song The Wander Thirst by popular acoustic duo The Hall Brothers (taken from their 2001 album Time and Tragedy) The music was written by Duncan Hall, the words are an old socialist poem. Most of the photos are from West Cork, Ireland. The moving image is the grave of Arthur Ransome and his wife Evgenia, in Rusland in the Lake District."
   投稿者による説明に、「歌詞は昔の社会主義の詩」("the words are an old socialist poem")と書かれていてちょっと驚いたのですが、この詩の内容自体はともかく、Gerald Gould は政治的なスタンスをとった人のようで、奥さんは婦人参政論者 (suffragette) のBarbara Bodichon Ayrton (1888-1950) だったりします("Gerald Gould," Wikipedia)。そういうところジーン・ウェブスターにとっては関係あるんでしょうか。不明です。
 
  つぎの、子供たちのパフォーマンスは、歌詞の内容を超えて政治的だとは思われませんけれど。
  
  


"03 Wander thrist [sic]" (1:23) posted by "fshadikhan" on March 21, 2009: "Wander-thirst poem by P.C.A.I. students."

    タイトルがつづり間違っていますけれど、上のThe Hall Brothers と同様に、本文中の原詩で wanderlust のところを wanderthirst にして歌って(吟じて)いますね。

Wander‑thirst
                                                                                Gerald Gould

Beyond the East the sunrise, beyond the West the sea,
And East and West the wanderlust that will not let me be;
It works in me like madness, dear, to bid me say good-by!
For the seas call and the stars call, and oh, the call of the sky!

I know not where the white road runs, nor what the blue hills are,
But man can have the sun for friend, and for his guide a star;
And there's no end of voyaging when once the voice is heard,
For the river calls and the road calls, and oh, the call of a bird!

Yonder the long horizon lies, and there by night and day
The old ships draw to home again, the young ships sail away;
And come I may, but go I must, and if men ask you why,
You may put the blame on the stars and the sun and the white road and the sky!


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。