So-net無料ブログ作成
検索選択

デビルダウンヘッド (3)  Devil Down-Head [Marginalia 余白に]

デビルダウンヘッド (1)  Devil Down-Head [Daddy-Long-Legs]」と「デビルダウンヘッド (2) Devil Down-Head」と「天使と悪魔、天(国)と地(獄) Angels and Devils, Heaven (, Earth,) and Hell」、あと、「オフィーリアと柳 Ophelia and the Willow Tree」のからみです。

  今日ひさしぶりに都心の仕事場に行きました。外濠の桜並木は落ち葉を掃除する人が出ていて、でもきれいになった道に一匹太ったアメリカシロヒトリが横たわっていたりして、季節を感じました。

  で、書き留めたはずがどこかへ消えてしまった、Dictionary of American Regional English, vol.2 の "devil-downhead" の記述を書き留めておきます――

[From their habit of going headfirst down a tree trunk]〔「頭を下にして木の幹を降りる習性から」――ブラケッツ[ ] に語源的説明がくるのはOED 以来の伝統〕   Cf devil-downhill 〔これは次の見出し語ですが、devil downhead と同様に = a nuthatch〕
1 =white-breasted nuthatch.
  1917 (1923) Birds Amer. 3.200, White-Breasted Nuthatch―Sitta carolinensis carolinensis . . Other Names. . .  Devil Downhead.  1917 Wilson Bulletin 29.2.84, Sitta carolinensis.―Devil downhead. 1946 Hausman Eastern Birds 433, Sitta carolinensis . . Devil Downhead.  1956  MA Audubon Soc.  Bulletin 40.127, White-Breasted Nuthatch.  Devil-down-head (Mass.  In clambering about trees, it seems as much at home head-downward as in any other position.)
2 =red-breasted nuthatch.
  1955 Forbush - May Birds 354, Red-Breasted Nuthatch―Sitta canadensis . . Devil-down-head.

  ということで、1912年の『あしながおじさん』の2年生8月10日に出てくる "two little 'devil down-heads' darting up and down the trunk" は、この新しいアメリカ方言辞典の初出に先んじています。問題は1と2に分けてあって、1の胸白か、2の胸赤かわからんということかもしれませんが。だからといって(それを理由として)、辞書に記載されないというのもわけわかめ。コトバとモノとの対応という問題ですけれど。

WS000044.JPG

WS000186.JPG
Chester A. Reed, The Bird Book: Illustrating in Natural Colors More Than Seven Hundred North American Birds, Also Several Hundred Photographs of Their Nests and Eggs (New York and Garden City: Doubleday, 1915) <http://www.archive.org/details/birdbookillustra00reedrich>


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。