So-net無料ブログ作成
検索選択

ウェブスターの家系 Webster Lineage [Marginalia 余白に]

このあいだ「『あしながおじさん』 Asa の謎 Asa Mystery [Daddy-Long-Legs] 」で適当な記憶で書いたウェブスター辞典のエピソードは、もう少し詳しく書くと、こういう話です。ヴァッサー大学時代、英文学と経済学を専攻したJean Webster は、成績は良かったけれど、ペーパーの英語の綴りが出鱈目だった。あるときに教授が呆れて、"On what authority do you spell thus?" とたぶん修辞疑問的に問い詰めると、"Webster." と答えたという話です。

  これは、アメリカの有名な辞書編纂者のノア・ウェブスターを同姓のよしみで持ち出したのだと考えられ、ウィットに富んだ答えと了解されます。さらにノア・ウェブスターは綴り字改良運動(イギリス式ではなくて、アメリカニズムを良しとした)に力を注いだ人でもありましたし。

   ところが、そのあと(といったら数日間しかたっていないのですけれど)、先祖にノア・ウェブスターがいるみたいな記述をどこかで読んで、え゛~っ、だじゃれじゃないの、だじゃれじゃない、の、と魂消[たまげ と読んで]ました。

  それで、必死こいて調べてみたのですが、どうにも出てきません、lineage が。錯綜して。まあ、ラインとは言えそんなものでしょうが。

  とりあえず、元のノア・ウェブスターのほうからメモってみます(ノア・ウェブスターの先祖がウィリアム・ブラッドフォードだとかいう話はとりあえずおいておきます)。

I.  Noah Webster (1758-1843) はRebecca Greenleaf (1766-1847) と1789年に結婚して8人の子供が生まれました。

(1) Emily Schotten (1790-1861)→ William W. Ellsworth と結婚
その娘のEmily Ellsworth は、ニューヨーク州ハートフォードのTrinity CollegeHobart College の学長となる Abner Jackson と結婚

(2) Frances Julianna (1793-1869)

(3) Harriet (1797-1844)

(4) Mary (1799-1847)

(5) William Greenleaf (1801-69)

(6) Eliza Steele (1803-88) → Henry Jones (1801-78) と結婚
その娘 Emily Ellsworth Jones (1827-69) は Daniel Jones Day と結婚
さらにその娘の息子 Robert W. Day (b.1854; Buffalo, NY 在)
さらにその娘の息子の息子 Rodney W. Day (b. 1883)

(7) Henry (1806-07)

(8) Louisa (b. 1808)

 

II.  ジーン・ウェブスターの父=Charles Luther Webster (born Sept. 24, 1851, at Charlotte, Chatutauqua Co., NY - April 26, 1891、39歳で死去)
CharlesWebster.jpg
Charles Luther Webster (1851-91) image via "Charles Webster" <http://www.twainquotes.com/interviews/WebsterInterview.html>

ジーン・ウェブスターの母=Annie Moffett Webster (born July 1, 1852, at St. Louis, MO - March 24, 1950) ――この人が、マーク・トウェイン(本名 Samuel Clemens, 1835-1910)の姪にあたります。詳しく書くと、サミュエル・クレメンズの妹のPamela Clemens (1827-1904) がWilliam Moffett と結婚して Pamela Clemens Moffett となり、できた娘が Annie Moffett 。長生きします(-1950)。

ふたりは1875年9月28日Fredonia, NY で結婚(証人 S. E. Moffett と Alice T. Bradish)。3人の子供が生まれました。

(1) Alice Jane Webster=Jean Webster  (born July 24, 1876, at Fredonia, Chatutauqua Co., NY) → 1915年9月7日Washington Green, CT で  Glenn [Glynnは誤り] Ford McKinney (1869-1934) と結婚、1916年6月10日夜、娘Jean を出産、翌朝死亡〔前の記事で二日後と書きましたがそれは誤りでした〕。娘のJean Webster McKinney は1937年7月にRalph Connor と結婚し Jean McKinney Connor となる。

(2) William Luther Webster (born Oct. 15, 1878, at Fredonia) → 1911年2月11日ロンドンで Charlotte Hudgell と結婚。1945年3月死去(?)。

(3) Samuel Charles Webster (born July 8, 1884, at 214 W. 125 St., New York City) → 1920年6月15日New York のUniversity Place Church でDoris Webb (? - 1967年7月9日)と結婚。1962年3月24日死去。

 

ここで行き詰りました。そして、ヴァッサー大学の Jean Webster McKinney Family Papers (これは、ウェブスター家とマーク・トウェイン関係と、コナー家の三つの家系の資料から成っているわけですが、1977年にウェブスターの娘夫婦の寄贈ののちに、整理されて、少なくともWeb上ではMark Twain Papers と Jean Webster Papers というふうに分類されて中味が示されているようです(1977年に印刷された20ページのパンフレットは Alan Simpson, Mark Twain Goes Back to Vassar: An Introduction to the Jean Webster McKinney Family Papers [Published for the dedication of the Francis Fitz Randolph Rare Book Room in the Helen D. Lockwood Library, May 6 1977] )。確かに、というか、アカデミックにはマーーク・トウェイン関係の資料としての価値が高いのかもしれません。

  ともあれ、そのヴァッサー大学の資料のリストを見ていると、たとえばウェブスター家(の誰かはわかりませんが)の人がウェブスターの家系に関する新聞記事などを切り抜いて保存したり、家系をメモして残しているらしいのがわかります。いや、なぜかWebster Papers のほうではなくて Clemens Papers のほうに、Webster 家系がらみの資料が入っていたりします。Samuel L. Clemens Papers は、1908年のNoah Webster 生誕150周年のときのNew York Times の記事の切り抜きがあったりする〔これらはn. d. (日付なし/不明)となっているけれど、New York Times のarchive を検索すると読めますし日付もわかります――たとえば "Noah Webster's Sturdy Stock" October 3, 1908 <http://query.nytimes.com/mem/archive-free/pdf?res=9406E1D9173EE033A25750C0A9669D946997D6CF>〕し、以下のものがあったりもする――

26.40 [DD.30] Births in Webster family, list beginning with Benjamin Webster, born 27 Jan 1798
26.41 [DD.31] Marriages in Webster Family" list beginning with marriage of Benjamin Webster to Sophia Chandler, 29 May 1823
26.42 [DD.32]

Webster genealogy chart, n.d.

 

  しかし、このBenjamin Webster から調べても、不明でした。ヴァッサーに行けばいいのでしょうがw ああ、アメリカは遠い。

III.  それでさらにヴァッサーの Webster McKinney Family Papers を渉猟し、あとマーク・トウェインの書簡集の注釈とかを読んだりしてあれこれ調べると、とりあえず、以下のことは正しいことではないかと判断されます(のでメモっておきます)。

・Jean Webster の父親の Charles Luther Webster の母親はMaria Whitney Webster (1906年死去)。

・ウェブスター家の伝承では、このMaria Whitney Webster はイェール大学のWhitney教授の親戚であるCalvin Whitney の娘。〔実は39歳のマーク・トウェインは、姪アニーの結婚について心配して、求婚者のCharles Luther Webster の人物についての照会をWilliam D. Whitney 教授に求める手紙を1875年1月16日に書いています (Mark Twain's Letters: 1874-1875, p. 353)〕。 

・Jean Webster の父親の Charles Luther Webster の父親(つまり父方のおじいさん)の名は Luther Webster。

・New York 州 Charlotte 在の Mrs. Calvin Whitney 宛の手紙を Maria [=Mrs. Luther Webster]は1840年代・50年代に確かに書いている。

・Ellen Whitney と Mrs. Luther Webster は姉妹。

・Mrs. Calvin Whitney の娘は Charlotte。

・Mrs. Calvin Whitney の名前は Theresa Janes Whitney。

・Theresa Janes Whitney と Parthena Janes は姉妹。

  ま、どんどんわけがわからん人が増えていきそうなので、やめておきます。

    ともあれ、ノア・ウェブスターの直系ではないようです。

---------------------------

Webster Family Bible Records|Webster Genealogy|Webster Surname <http://www.ancestorhunt.com/genealogy_webster.htm>

Guide to the Samuel L. Clemens Papers, 1796-1984 (bulk 1853-1909) <http://specialcollections.vassar.edu/findingaids/mckinney_clemens.html> 〔ヴァッサー大学〕

Charles Webster - short biography and interview <http://www.twainquotes.com/interviews/WebsterInterview.html> 〔www.twainquotes.com


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学問

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。